まさよの掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色

題名:HDDが壊れたら…。(1)〜(5)。  名前:“ た ぬ き ” 2018/02/04(日) 12:10 No.14418  HomePage


14418の画像を原寸大表示します (2)なぜハードディスクは壊れてしまうのか。1〜3

3、ヘリウムで壊れにくくなるハードディスク。

前回示したように、ハードディスクの大容量化に伴って、
買い替えのサイクルが長くなり、物理障害は今後増える見込みだ。
ただしハードディスクの種類によっては、故障率を下げる方向に働く新技術がある。
2016年に各社のラインナップが出そろったヘリウム充填型のハードディスクだ。

ヘリウムは分子の大きさが小さく、空気に比べると密度が7分の1しかない。
このため「ディスクのばたつきが少なく、モーターが回しやすい」、
(HGSTジャパンの出来浩プロダクト・マーケティング グローバル・ディレクター)。
機械部品である以上、モーターのベアリングやディスク自体の歪みによって、
ディスク面に対して垂直の方向に若干うねりながら回転する「フラッター」が生じる。
ヘリウム充填ハードディスクではこのフラッターを抑えられる。

画1、ヘリウム充填ハードディスクのカットモデル。
通常はヘリウムが漏れないように密封されている。

ヘリウム充填ハードディスクの温度は「だいたい4度低くなる。
一般に動作温度が10度上がるとエラー率が倍になる」(出来氏)ため、長寿命化に貢献する。
ヘリウムを充填して密閉するため、温度や湿度の変化の影響を受けにくいのもメリットだ。
ハードディスクの仕様に含まれるMTBF(平均故障間隔)で言えば、
通常型が200万時間なのに対して、ヘリウム充填型では250万時間に向上しているという。

※ 次回は、(2)が、終わりですから、、、
(3)壊れてしまったハードディスク、「復活」までの手順とは。1〜3
1、壊れたハードディスクのデータを復元するデータ復旧サービス。です



題名:Windows 10 Fall Creators Updateの全貌。(1)〜(5) 
名前:“ た ぬ き ” 2018/02/04(日) 07:00 No.14417  HomePage


14417の画像を原寸大表示します (5)Edgeがようやく便利に?、Windows 10 Fall Croeatrs Updateの標準アプリ。1〜5

4、なお設定アプリではないが、タスクバー右側の、
通知領域にある「ネットワークフライアウト」の機能強化に触れておきたい。

接続先ネットワーク(SSID)の選択時に右クリックメニューが動作するようになり、
ネットワークの切断やSSIDの削除(クリア)、
プロパティの表示といった設定を直接操作できるようになった。
この改良は地味だが、モバイルPCなどでは操作の手数が減り、利便性が高い。

画1、通知領域アイコンから開く「ネットワークフライアウト」が改良され、
ネットワーク(SSID)上の右クリックメニューで各種設定が可能になった。

Θ アクセシビリティー機能「簡単操作」を強化。
Windowsには、視聴覚や年齢の問題でPCを、
自由に操作できないユーザーを支援する「簡単操作」という機能がある。
Fall Creators Updateでは、「拡大鏡」「ナレーター」(音声読み上げ)が強化され、
「視線コントロール」が公式にサポートされた。

拡大鏡は、以前よりある画面を拡大表示するアプリ。
画面の解像度設定などを維持したまま、一時的にデスクトップやウィンドウを拡大表示できる。
Creators Updateまでは、Windows Vistaで搭載された拡大鏡機能をそのまま使っていたが、
Fall Creators Updateではウィンドウデザインが変更になった。

「設定」-「簡単操作」-「拡大鏡」も作り直された。
デフォルトの拡大率や拡大ボタンを押したときの増分などを設設定できる。
また、画面拡大のアルゴリズムが変更になり、
ビットマップ画像がスムーズに拡大できるようになっている。

画面を音声で読み上げるナレーターも改良が行われた。
大きな改良点は、人工知能(AI)技術を使い、画像を音声で説明できるようになったこと。
世の中のすべての画像に対応できるわけではないが、
一般的な画像であれば、簡単な説明を付けることができる。
読み上げについては、Webブラウザー「Edge」も読み上げに対応し、
PDFやEPUBファイルの内容を読み上げられる。

その他にも、サードパーティのハードウエアが必要になるが、
視線入力(視線によるポインティング操作)や点字ディスプレイのサポート、
色覚の特性に合わせた配色にする「カラーフィルター」といった強化点がある。

※ 次回は … 5、標準搭載アプリ「メール」などの強化。です



題名:HDDが壊れたら…。(1)〜(5)。  名前:“ た ぬ き ” 2018/02/03(土) 17:31 No.14415  HomePage


14415の画像を原寸大表示します (2)なぜハードディスクは壊れてしまうのか。1〜3

2、物理故障の原因の大半は磁気ヘッドと基板の破損。

磁気ヘッドが壊れてディスクが削れると、磁性体剥離が起こる。
もうその部分にデータは存在しない」(アドバンスデザインの本田正会長)。
破損した磁気ヘッドの部品は、ハードディスク内に飛び散って破壊を進行させる。
記録磁気そのものが消失しているため、こうなると復旧は困難だ。

画1、破損したヘッドによって傷ついたディスク。

ディスクの表面にコーティングされている、磁性膜を腐食や衝撃から守る保護膜とヘッドの、
摩耗を抑える潤滑剤の経年劣化が磁気ヘッドの破損につながることもある。
それらの膜が隆起したり剥離したりすることで、細かなゴミとなってヘッドを傷つけてしまう。

データの一部が失われることを想定して、ハードディスクやOSは誤り訂正機能を備えている。
これで補える程度の破損を超えると、データをファイルとして見せている、
管理情報やファイルの実体を構成するデータが読み取れなくなる。

Θ 記録したデータが異常になる論理障害。

特に異音もせず、正常に動作しているものの、OSの起動が途中で止まる。
そもそも起動を始めない。こうしたソフトウエアの故障が「論理障害」だ。
電源断やバグなどによって、
ハードディスクを利用するソフトウエアにとってデータが壊れている状態にある。
例えばハードディスクを区画分けする「パーティション」、
OSのファイル管理機能の「ファイルシステム」などの管理情報が壊れたり、
ファイルの中身そのものが異常なデータになってしまったりしている。

画2、Windowsのファイルシステム「NTFS」のブートセクター。
NTFSファイルシステムであることを示す管理情報が破損すると、
NTFSの管理下にあるデータがOSから正常に認識できなくなる。

管理情報は、ファイルの「目次」に当たる。目次が失われてしまっても、
「本文」に当たるデータそのものは残っている。
ほとんどのファイルシステムは管理情報を離れた別アドレスにも持っているため、
その情報を基に復元できる可能性がある。

ファイルの本体データが破損してしまい、
ファイルごとの誤り訂正機能で対処しきれない場合はファイルを正常に開けなくなる。
ファイルを勝手に暗号化してしまうマルウエアの「ランサムウエア」の被害にあった場合も同様だ。

※ 次回は … 3、ヘリウムで壊れにくくなるハードディスク。です



題名:Windows 10 Fall Creators Updateの全貌。(1)〜(5)  
名前:“ た ぬ き ” 2018/02/05(月) 06:39 No.14419  HomePage


14419の画像を原寸大表示します (5)Edgeがようやく便利に?、Windows 10 Fall Croeatrs Updateの標準アプリ。1〜5

5、標準搭載アプリ「メール」などの強化。

標準搭載アプリの「メール」では、Microsoftアカウント(Outlook.com)の、
メールで受信トレイの自動仕分け機能が利用できるようになった。
ニュースレターのような優先度の低いものを「その他」に分類し、
それ以外のメールを「優先」メールとして表示してくれる。
迷惑メールと合わせて、メールを大きく3つに振り分けられる。

画1、Fall Creators Update用の「メール」は、
受信トレーのメールを自動的に「優先」と「その他」に振り分けられる。

メールの振り分けが間違っていた場合には、次回からの振り分け先を指定できる。
また、優先、その他間でのメッセージの移動も可能だ。

このほかにも、Photoアプリに写真や動画を組み、
あわせたビデオストーリーを作成する「Story REMIX」が搭載されたり、
ゲームモードが強化されたりといったエンターテインメント系の機能強化もあるが、ここでは割愛する。

標準搭載という意味では、
アプリではないが「Windows Subsystem for Linux」が正式版になっている。
Linuxカーネルに相当するWSL機能やCreators Updateから続くコンソールアプリの改良などで、
Linuxアプリケーションに対する互換性が高まった。
WSLで動作するLinuxディストリビューションのWindowsストアからの配布も始まり、
2017年10月4日時点では、UbuntuとSUSEを入手できる。
なお、WSLに関しては、別途解説記事が掲載される予定だ。

これまで5回にわたってFall Creators Updateの改良点を見てきた。
結局のところ、目玉だったWindows Timeline搭載が延期され、
GUI的にはCreators Updateでの積み残しになっていた、
My PeopleがFall Creators Updateの大きな変更点となるなど、
主要機能は延期の玉突き状態になっている。
Windows 10大型アップデートの配布スケジュールを優先するという方針は理解できるが、
それなら主要と位置付ける機能を発表するタイミングや内容を再考すべきだろう。

※ 次回は、Windows 10 Fall Creators Updateの全貌。(1)〜(5)が、
終わりましたから、明日から新しい、連載に入りますのでお楽しみ下さい。



題名:Windows 10 Fall Creators Updateの全貌。(1)〜(5) 
名前:“ た ぬ き ” 2018/02/03(土) 06:55 No.14413  HomePage


14413の画像を原寸大表示します (5)Edgeがようやく便利に?、Windows 10 Fall Croeatrs Updateの標準アプリ。1〜5

3、脱コントロールパネルが進む「設定」アプリ。

「設定」アプリは、従来の「コントロールパネル」に代わるWindows 10の標準的な設定用アプリだ。
Windows 1.0の時代からあったコントロールパネルは、長らくWindowsの標準API、
(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)だった「Win32 API」ベースの、
ソフトウエア、いわゆるデスクトップアプリを前提にしている。

Windows 8以降、米マイクロソフトは、
Win32 APIから「Universal Windows Platform(UWP)」への移行を進めてきた。
当初は設定アプリがコントロールパネルへのリンク集に近く、
Win32版のダイアログボックスなどが表示されることが多かった。
Windowsの大型アップデート(Future Update)のたびに、
コントロールパネルから呼び出す必要があった設定機能の多くが設定アプリ側に移されてきている。

Fall Creators Updateでも、設定アプリの機能強化が続く。
例えば「設定」-「アプリ」-「既定のアプリにあった「アプリによって既定値を変更する」は、
Creators Updateではコントロールパネルの項目(既定のプログラムを設定する)が呼び出されていた。
Fall Creators Updateからは、設定アプリ内のページで設定を完結できるようになった。

画1、設定アプリの「ファイルの種類とプロトコルの関連付け」。
Creators Updateまでは、
この設定ページでは従来のコントロールパネルのダイアログが開いていた。
Fall Creators Updateでは、設定アプリ内で設定が完結する。

新しい設定ページとしては、
「システム」-「リモートデスクトップ」や「アプリ」-「ビデオの再生」が増えている。

画2、左 …「システム」-「リモートデスクトップ」は新たに追加された設定ページ。
右 … 「アプリ」-「ビデオの再生」は、ビデオを再生するアプリに関する設定ページ。

設定項目が変更になったものとしては、
「システム」-「ストレージ」-「ストレージセンサー」-「空き領域を増やす方法を変更する」、
「ネットワークとインターネット」-「状態」-「接続プロパティ」がある。
前者は、ストレージの空き領域を増やす「ストレージセンサー」の挙動を細かく指定するもの。
後者は、ネットワークが「プライベート」なのか「パブリック」なのかを指定する機能だ。

画3、「ストレージセンター」はCreators Updateで導入されたが、
Fall Creators Updateでは動作をより細かく制御できるようになった。

また、設定アプリのページ右側にある関連情報などの表示領域が、
Fall Creators Updateでは説明用のビデオを再生できるようになった。
日本語版では未対応だが、英語版では「Settings」-「Ease of Access」-
「Color & higt contrast」(日本語版の「簡単操作」-「ハイコントラスト」に相当)の、
右側で説明ビデオを再生できる。

画4、設定アプリでユーザーの理解を助ける動画などを再生可能に。

※ 次回は … 4、なお設定アプリではないが、タスクバー右側の、
通知領域にある「ネットワークフライアウト」の機能強化に触れておきたい。です

  
 

題名:画2、  名前:“ た ぬ き ” 2018/02/03(土) 17:32 No.14416  HomePage

14416の画像を原寸大表示します 画2、


題名:HDDが壊れたら…。(1)〜(5)。  名前:“ た ぬ き ” 2018/02/03(土) 00:44 No.14411  HomePage


14411の画像を原寸大表示します (2)なぜハードディスクは壊れてしまうのか。1〜3

1、ハードディスクからファイルが読み取れなくなった。

ユーザーから見て同じように見えるデータ消失の背後では、
精密機械のハードウエアから、
OSやファイルを構成するデータといった、ソフトウエアまで様々な破損が起きている。
データ復旧の事前知識として、どうやってデータは“消える”のかを見ていこう。

Θ ハードディスクのどこが壊れるのか。
ハードディスクは、
ガラスやアルミの円盤(ディスク)に磁性体を塗布した媒体(プラッター)を回転させ、
N極とS極に磁化する磁気ヘッドで読み書きする記録装置だ。
2017年6月時点でプラッターは1枚で最大1.5Tバイトの容量があり、
1Tバイト超のハードディスクはプラッターの両面を複数の磁気ヘッドで読み書きする。

画1、般的なハードディスクの動作。モーターで磁気ディスクを回転させ、
ディスク面からわずかに浮いた状態の磁気ヘッドで読み書きする。

ヘッドとディスクの記録面の距離は、わずか数ナノmでしかない。
その幅はもはやタバコの粒子より下。
毎分5000〜1万5000回転するディスクの気流によって浮上しているだけだ。
読み書きの動作中に衝撃を与えると、磁気ヘッドとディスクが接触して磁性体を傷つける。
場合によっては破損した部品がドライブ面に飛び散る。
文字通りクラッシュ、いわゆる「物理障害」だ。

画2、壊れた磁気ヘッド。スライダーがアームから剥がれている。

※ 次回は … 2、物理故障の原因の大半は磁気ヘッドと基板の破損。です

  
 

題名:画3、画4、  名前:“ た ぬ き ” 2018/02/03(土) 06:56 No.14414  HomePage

14414の画像を原寸大表示します 画3、画4、


題名:Windows 10 Fall Creators Updateの全貌。(1)〜(5) 
名前:“ た ぬ き ” 2018/02/02(金) 07:44 No.14408  HomePage


14408の画像を原寸大表示します (5)Edgeがようやく便利に?、Windows 10 Fall Croeatrs Updateの標準アプリ。1〜5

2、企業向けの機能として、
Windows Defender Application Guard(WDAG)でEdgeを保護することが可能になった。

WDAGは、仮想マシン環境(Hyper-V)を利用するアプリケーションの保護技術で、
Windows 10 Enterpriseで利用可能なもの。簡単にいうと、仮想マシン環境でアプリケーションを、
動作させ、リモートデスクトップ類似技術でウィンドウのみをホストOS側、
(プライマリーパーティションで動作しているWindows 10)に表示する。

画1、WDAGとは、仮想マシン環境を使ってサンドボックスを作り、
その中でEdgeなどのアプリを動作させる技術。
サンドボックス内のアプリがウイルスに感染したり、
マルウエアに制御されたりしても、システム全体には影響が及ばない。

WDAG有効時はEdgeが仮想マシン環境内で動作するため、
マルウエアやウイルスに感染してもWindowsや他のアプリケーションには影響が及ばない。

このほか企業で便利そうなのは、ブックマークを事前に登録する機能。
モバイルデバイス管理やグループポリシーで定義・適用することで、
特定のブックマークを管理下のクライアントに登録できるようになった。

Edgeには、Webブラウザーとは別にもう1つ、PDF/EPUBビューアーとしての側面がある。

インターネットにはWebページだけでなく多数のPDF文書が存在する。
PDFをダウンロードして閲覧、という作業は少なくない。
このため、EdgeがPDFビューアーとして動作することは、
ダウンロードしてから表示するまでの時間を短縮でき、使い勝手を向上させる。
例えば米グーグルの「Google Chrome」なども組み込みのPDFビューアーを持っている。

PDFほど普及はしていないものの、EPUBは電子書籍の標準フォーマットとして広く使われている。
マイクロソフトは米国のWindowsストアでは電子書籍を販売しており、
Edgeはそのビューアーアプリとして使える*1。

*1、EPUBにはDRM(デジタル著作権管理)が付随することもあり、
版元などの専用ビューアーが必要な場合もある。

PDFビューアーとしては、PDFの閲覧や注釈に関する基本機能を強化した。
強化したPDFの基本機能は以下のようなものだ。

フォーム入力への対応
ペンによる注釈
目次
見開き表示、連続表示
音声読み上げ

PDFビューアーとしては基本的な機能ではあるが、注釈の追加や目次の表示が可能になった。

画2、Fall Creators UpdateのEdgeでは、PDFファイルにペンで注釈を追加できるようになった。
画3、目次を含むPDF文書では、目次を表示できる。
これまでは、この機能がなく、多ページのPDF文書は扱いにくかった。

これまでWindows10には、PDFプリンタードライバ(Microsoft Print to PDF)で、
Edgeをはじめ多くのアプリから簡単にPDF形式で印刷できたものの、
標準のPDFビューアー機能は貧弱なものに留まっていた。

EPUBファイルについても同等の注釈(マーカー、アンダーライン、メモ)が可能だ。
ただEPUBファイルを扱う際は、ペンによる手書きの注釈(インクノート)も付けられる。
PDFの注釈機能には、インクノートに相当するものが無いためだ。

画4、EPUBファイルに関してもPDFと同等の注釈機能が利用できる。
画5、EPUBファイルの場合だけ、ペンによる手書きの注釈が付けられる。

前述したWindowsストア経由で購入したEPUBは、Microsoftアカウントによる同期の対象になる。
同じアカウントでログインしたWindows 10であれば、電子書籍に付けた注釈を共有できる。

※ 次回は … 3、脱コントロールパネルが進む「設定」アプリ。です

  
 

題名:画2、画3、  名前:“ た ぬ き ” 2018/02/02(金) 07:45 No.14409  HomePage

14409の画像を原寸大表示します 画2、画3、
  
 

題名:画2、  名前:“ た ぬ き ” 2018/02/03(土) 00:45 No.14412  HomePage

14412の画像を原寸大表示します 画2、
  
 

題名:画4、画5、  名前:“ た ぬ き ” 2018/02/02(金) 07:46 No.14410  HomePage

14410の画像を原寸大表示します 画4、画5、


題名:Windows 10 Fall Creators Updateの全貌。(1)〜(5) 
名前:“ た ぬ き ” 2018/02/01(木) 10:11 No.14404  HomePage


14404の画像を原寸大表示します (5)Edgeがようやく便利に?、
Windows 10 Fall Croeatrs Updateの標準アプリ。1〜5

1、2017年10月17日に一般提供が始まる、、、。

「Windows 10 Fall Creators Update(開発コード名:Redstone3、RS3)」では、
もはやOSの一部と言える標準アプリケーションの改善作業が続いている。
Windows 8で再編された「設定」アプリや、
Windows 10と同時にデビューした新Webブラウザー「Edge」などだ。

Fall Creators Updateで目立った改善が見受けられるのは、
以下の4種類の標準添付アプリケーションだ。

標準Webブラウザー「Edge」
「設定」アプリ
「簡単操作」の強化
「メール」などその他アプリ

Θ Webブラウザー「Edge」がようやくIE並みに。
標準で付属するアプリで最も変更が大きいと言えるのが、WebブラウザーであるEdge。
EdgeはWindows 10と共にデビューしたアプリで、OSと並んで大きく更新されるポイントの1つだ。

Webブラウザーとしての改良では、
お気に入り(ブックマーク)に登録したURLの編集機能がようやくサポートされた。

画1、Edgeでは、ようやくブックマークのURLの編集がサポートされた。

これまではEdge内でお気に入りのURLを編集することができず、
例えばブックマークレット(Bookmarklet、ブックマークに入れた、
JavaScriptで表示中のページを処理するもの)などの利用に支障があった。
ブックマークレットを開発しようとしても、
EdgeからはURLを編集できないためInternet Explorer(IE)などで作業を進め、
ブックマークのインポート機能などでEdgeに登録するという面倒な作業が必要だった。

細かなところでは、Webサイトのブックマークをタスクバーに登録する機能、
ブックマーク登録時のフォルダツリー表示などがある。
前者はEdgeの設定で「タスクバーにこの項目をピン留めする」を実行する。
後者は、Creators Updateまでは階層構造のブックマークはテキスト表示の、
ドロップダウンリストで表示され、下にある「追加」ボタンなどが隠れてしまっていた。

画2、Fall Creators Updateからは、タスクバーにEdgeのブックマークを配置できるようになる。
画面中の右側3つがEdgeのブックマーク。通常のアプリと異なり、
このブックマークを開いてもアイコンは起動状態にならず、左のEdgeアイコンにフォーカスが移る。
画3、ブックマーク編集ダイアログのフォルダーがアイコン付きのツリー表示になった。
各種ボタン類が隠れないすっきりとしたデザインに。

※ 次回は … 2、企業向けの機能として、
Windows Defender Application Guard(WDAG)でEdgeを、
保護することが可能になった。 です

  
 

題名:画2、  名前:“ た ぬ き ” 2018/02/01(木) 10:13 No.14405  HomePage

14405の画像を原寸大表示します 画2、
  
 

題名:画3、  名前:“ た ぬ き ” 2018/02/01(木) 10:14 No.14406  HomePage

14406の画像を原寸大表示します 画3、


題名:HDDが壊れたら…。(1)〜(5)。  名前:“ た ぬ き ” 2018/02/01(木) 13:27 No.14407  HomePage


14407の画像を原寸大表示します (1)HDDのデータ復旧、保証期間内“無料”の衝撃。1〜3

3、HDDを買い替えない時代に先手。

斉木専務は「1997年にストレージ周辺装置で業界1位になって以来、『データの保証はいたしません。
自己責任です』としてデータ復旧には目を背けてきた」と反省の弁を述べる。2015年に40周年を迎え、
「千年企業」「顧客志向」「変化即動」「一致団結」という創業以来の企業理念を見つめ直した結果、
「顧客志向」のために保証期間内の軽度論理障害を無償復旧するサービスの事業化に舵を切ったとする。

データ復旧事業の収益性は「トントンで構わない」(斉木専務)。
無償のデータ復旧サービスをストレージ機器の付加価値としてユーザーを呼び込めば、
市場シェアの拡大が見込めるからだ。
シェアが増えれば部品メーカーに対する価格交渉力も強化でき、価格競争の面でも優位に立てる。

ハードディスクの大容量化が進み、ユーザーの買い換えサイクルは伸びつつある。
同時に、ハードディスクの故障率は上がっていく。
大容量化に伴い、容量を使い切って買い換えるまでのサイクルが伸びるからだ。
実際に読み書きした時間に左右されるものの、使用年数に応じて故障率は上がる。
クラウドバックアップサービスを手がける米バックブレーズが公開した実測データによると、
1年目は5.1%、2年目は1.4%の故障率が、3年目には11.8%に跳ね上がる。

画1、ハードディスクの故障率の実測値。
クラウドバックアップサービスを手がける米バックブレーズが2013年にブログ上で公開した。

減少する販売機会と、増加が見込まれるユーザーのクレーム。
二つの不安要素を同時に解消する無償のデータ復旧サービスで、
バッファロー製品の購入につなげる狙いだ。
今後はストレージの故障予測や情報漏洩対策の廃棄サービスなどを、
ストレージ機器の付加価値として加える計画という。

※ 次回は、(1)が、終わりましたので、、、
(2)なぜハードディスクは壊れてしまうのか。1〜3
1、「ハードディスクからファイルが読み取れなくなった」。です



題名:Windows 10 Fall Creators Updateの全貌。(1)〜(5) 
名前:“ た ぬ き ” 2018/01/31(水) 09:52 No.14400  HomePage


14400の画像を原寸大表示します (4)操作のイライラ解消、Windows 10 Fall Creators Updateの文字入力。1〜5

5、絵文字と新フォントを拡充。

Fall Creators Updateのフォント関連の強化として、
スマートフォンでは当たり前の「絵文字」と、新しい日本語フォントの搭載が挙げられる。

絵文字フォントについては、
文字セットが「Unicode Emoji Charts v5.0」対応となり、利用できる絵文字が増えた*1。

*1、v5.0の絵文字リストは「Full Emoji List, v5.0」、
v5.0の差分は「Emoji Recently Added, v5.0」で確認できる。

絵文字入力の呼び出し方は、
タッチキーボードの絵文字アイコンから絵文字パネルを起動する方法だけでなく、
[Win+.(ピリオド)]または[Win+;(セミコロン)]のショートカットキーを追加した。
ハードウエアキーボードを利用する環境から簡単に絵文字を入力できる。
マウスカーソルを絵文字の上に置くと、その説明を表示できる。

画1、ハードウエアキーボードでも、
[Win+.(ピリオド)]などで絵文字入力パネルを表示できるようになった。
絵文字の上にカーソルキーを置くと絵文字の意味を確認できる。

ただし動作するのは、キーボード言語が「英語」になっている場合のみ。
MS-IMEやその他の日本語入力IMEの場合には動作しなかった。

新しいフォントは、日本語フォントとして「UDデジタル教科書体」、
欧文フォントとして「Bahnschrift Font」が標準搭載される。

UDデジタル教科書体は、主に学校での利用を想定した教科書向けのフォント。
等幅、欧文のみプロポーショナル、
ひらがな/カタカナなど一部の日本語文字記号がプロポーショナル、の3タイプがある。

画2、Fall Creators Updateでは、新たに「UDデジタル教科書体」フォントを搭載した。
プロポーショナル処理の違いで3つのスタイルがある。

Fall Creators Updateでは、新たに「UDデジタル教科書体」フォントを搭載した。
プロポーショナル処理の違いで3つのスタイルがある。

画3、マイクロソフト初のOpenType Variable Fontとなる「Bahnschrift」が搭載された。
欧州のEU圏などで広く使われるDINフォントの1種。

BahnschriftフォントはDIN(Deutsche Industrie Normen、ドイツの工業規格)に、
準拠したフォントで、欧州のEU圏では道路標識などで広く使われているという。

※ 次回は、(4)が、終わりましたから、、、
(5)Edgeがようやく便利に?、
Windows 10 Fall Croeatrs Updateの標準アプリ。1〜5
1、2017年10月17日に一般提供が始まる、、、。です


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 1
07/14 (火) 1
07/11 () 2
07/08 (水) 2
07/04 () 1
06/29 (月) 1
06/17 (水) 1
06/16 (火) 1
合計: 12754

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web