まさよの掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色

題名:セキュリティ診断のイロハ。(1)〜(11) 
名前:“ た ぬ き ” 2017/12/21(木) 16:37 No.14263  HomePage


14263の画像を原寸大表示します (2)セキュリティ診断が必要なサーバーを漏れなく洗い出す。1〜3

3、検索演算子はほかにもある。

例えば、Webページの本文内の文字列を指定する「intext:」、URLに含まれる文字列を指定する、
「inurl:」、Webページのタイトルを指定する「intitle:」などがある。

監視カメラなどインターネットに公開されている機器も検索エンジンで調べられる。
機器の検索エンジンとしては「SHODAN▼」が有名だ。

図9、SHODANで意図しない情報の公開をチェック。
SHODANはインターネットに接続されている、
ネットワークカメラや複合機などを調べられる検索エンジン。
自組織のドメイン名で検索すると、意図しない情報を公開していないかを確認できる。

SHODANでは、インターネットに接続されたオフィス機器や家電などを検索できる。
これらは購入後すぐ利用できるよう、
簡単なパスワードが設定されていたり、不要な機能が有効だったりする。
ところが、管理者はそれらに気付いていないケースが多い。
このため、マルウエアに感染しやすいほか、
不正にログインされたり、DDoS▼攻撃に利用されたりする。
自組織のドメイン名などで検索し、意図しない機器を公開してないか確認しておこう。

▼ SHODAN。
SHODANのWebサイトでアカウント取得が必要。無償アカウントと有償アカウントがあり、
無償アカウントの場合、検索結果がすべて表示されないなど一部機能に制限がある。
▼ DDoS。
Distributed Denial Of Serviceの略。分散サービス妨害攻撃。

※ 次回は、(2)が、終わりですので、、、
(3)セキュリティ診断、稼働中のサービスを探す前にやること。1〜2
1、セキュリティ診断ではまず、利用しているサーバーを洗い出し、
優先度を基にセキュリティ診断の対象となるサーバーを決める。です

  
 

題名:図2、  名前:“ た ぬ き ” 2017/12/21(木) 17:02 No.14265  HomePage

14265の画像を原寸大表示します 図2、


題名:o@(^-^)@o。こんにちわ〜  名前:あさや〜ん 2017/12/20(水) 07:15 No.14260  HomePage


14260の画像を原寸大表示します ★フラリエ クリスマス&イルミネーション・NAGOYAアカリナイト2017&オアシス2017・ 名古屋クリスマスマーケット2017

今年もイルミネーションが綺麗な時期になりましたが、名古屋では名駅で色々なビルが次から次にオープンしていますが、昔は駅ビルに、プロジェクションマッピングなどもありましたが、最近はクリスマスツリーぐらいしかなく寂しい状態ですね。 また栄地区はテレビ塔やオアシスで灯りナイト、久屋大通公園で、クリスマスマーケット、フラリエで、クリスマスツリーやイルミネーション等をやっていますがどこも年々規模が縮小で、今年は寒さが厳しいせいか、人の出も少ないですね!!


  
 

題名:Re: o@(^-^)@o。こんにちわ〜  名前:あさや〜ん 2017/12/20(水) 07:16 No.14261  HomePage

14261の画像を原寸大表示します メリークリスマス!!


題名:セキュリティ診断のイロハ。(1)〜(11) 
名前:名無しさん 2017/12/20(水) 06:37 No.14258  HomePage


14258の画像を原寸大表示します (2)セキュリティ診断が必要なサーバーを漏れなく洗い出す。1〜3

2、WHOISで登録情報を調査。

ネットワークを調査する手段としては、「WHOIS」もある。
WHOISは、IPアドレスやドメイン名について所有者情報などを検索できるサービスだ。
対象組織のIPアドレスやドメイン名を入力して検索すると、
ネットワークアドレスやDNSサーバーの情報などがわかる。

WHOISを使えば、nslookupと同様にネットワーク構成を推測できる。使い方は簡単。
JPドメインの場合、まず日本レジストリサービス(JPRS▼)が、
提供する「JPRS Whoisサービス▼」にアクセスする。
ページ内の検索タイプで「ドメイン名情報」を選び、
検索キーワードに調査したいドメイン名を入力する。
検索の結果、ドメインで利用するDNSサーバーの情報などが表示される。

画1、WHOISでアドレス情報やドメイン情報を調。
WHOISはドメイン名やIPアドレスなどのインターネット資源を調べるためのサービス。
ここでは調査対象のドメイン名を指定して、登録されている情報を表示している。

*   *   *

若葉:コマンドやWHOISを使うといろいろ調べられるんですね。

吉野:Googleとか検索エンジンも調査に使えるんだよ。

若葉:え、あのGoogleですか?

吉野:そう、攻撃者もGoogleを使って攻撃対象を調査するんだ。

*   *   *

公開情報を調べるなら検索エンジンも活用したい。
例えばGoogleは、実は攻撃者も頻繁に使っている検索エンジンだ。
Googleを使って攻撃対象を探す行為は「Googleハッキング」と呼ばれている。

Θ 検索演算子を使って対象を探す。
Googleハッキングでは検索演算子を駆使する。
検索演算子とは、Googleなどの検索エンジンが用意する、高度な検索をするための特別な文字列。
例えば「site:」という検索演算子を使い、「site:(ドメイン名)“キャンペーン”」で検索すると、
特定サイトにおけるキャンペーンサイトを検索できる。
キャンペーンサイトなどは、一度作られた後はキャンペーンが終わっても、
放置されてメンテナンスが行き届かないことがあるため、攻撃対象になりやすい。

また、脆弱性が発見されたソフトウエアを使っているかどうかも調べられる。
例えば、サポート切れのWebアプリケーションフレームワークである、
「Apache Struts1▼」をいまだに使い続けているJPドメインのWebサイトを調べる場合、
Struts1でよく使われる拡張子「.do」を指定する「filetype:do」、JPドメインを指定する、「site:jp」で検索する。すると、多数のWebサイトが検索結果に出てくる。

図8 検索演算子を使ってGoogleで詳細に検索。
インターネットに公開されている情報を効率的に調べるには、Googleの検索演算子を使う。
WebページのタイトルやWebページに含まれる文字列などを指定して検索できる。
サポート切れのソフトウエアを使っているかなども調べられる。

▼ JPRS。
Japan Registry Servicesの略。
▼ PRS Whoisサービス。
URLはhttp://whois.jprs.jp/。JPRSで検索できるドメインは日本のものだけなので、
他国のドメインを検索したい場合は、各地域のWHOISサービスを使う必要がある。
なお、日本ネットワークインフォメーションセンターもWHOISを提供しており、
IPアドレスとAS番号に関するデータを公開している。
▼ Apache Struts1。
Apache Strutsは、Webサイトでアプリケーションを動作させるための開発フレームワーク。
開発のごく初期の2000年に、当初の開発者から米アパッチソフトウエア財団に寄贈された。
Struts1は、その最初のバージョン。2007年にリリースされたStruts2では、
Struts1から仕組みが大きく変化している。

※ 次回は … 検索演算子はほかにもある。です



題名:PC高速化に効く、今どきのSSD交換術。(1)〜(5) 
名前:名無しさん 2017/12/20(水) 10:44 No.14262  HomePage


14262の画像を原寸大表示します (1)あなたのノートPCにピッタリのSSDは? 1〜5

5、デスクトップ PC でも、ノートPCでも次に確認するのは標準搭載のストレージの状況だ。

形状や接続しているインタフェースポートを確認して、購入すべきSSDを確認しよう。
もともと2.5インチHDDを搭載しているA4サイズのノートパソコンでは、
2.5インチHDDが組み込まれているはずだ。
この場合は、2.5インチHDDを外して、2.5インチSSDを組み込めばよい。

画1、レノボのThinkPadシリーズは、伝統的に内部にアクセスしやすい構造で、
SSD交換も容易だ。写真はThinkPad T470sで、M.2対応SSDを搭載する。

SSD搭載の薄型モバイルノートPCでは、2.5インチSSDを搭載しているパターンと、
板状のmSATA対応SSDや、M.2対応SSDを搭載しているパターンがある。
それぞれのパターンに合わせて、適切なSSDを購入しよう。
ただ、M.2対応SSDでは「サイズ」の問題もある。

M.2対応SSDは、2.5インチSSDのようにサイズが統一されておらず、幅や長さが違うものもある。
最新のSSDやノートPCでは、ほとんどは「Type 2280」(幅が22mmで長さが80mmという規格)に、
対応した製品が多いが、2〜3年前のM.2対応SSDが登場し始めた頃のノートPCでは、
Type 2280とは異なるサイズのSSDを採用するモデルもある。

サイズが異なる場合、M.2対応SSDであっても基本的には利用できない。
ただし「Type 22xx」と「Type 22yy」のように幅が同じなら、
M.2スロットの信号配線自体は互換性があるため、利用できることもある。
とはいえPCが搭載するM.2スロットが、長さが60mmの「Type 2260」であれば、
長さが80mmのType 2280のM.2対応SSDは、物理的に利用できない。

Θ 圧倒的なSSDのパフォーマンスに注目。
次回はこれらのSSDにストレージを交換することで、
読み書きの性能がどれだけ向上するかを検証していこう。
特に最新のMVNe対応SSDの性能は圧倒的であり、3.5インチHDDや2.5インチHDDはもとより、
Serial ATA 6Gbpsの2.5インチSSDすら大きく凌駕する。
読み書きの性能を実際に計測できる「ベンチマークテスト」アプリの使い方についても解説する。

※ 次回は、(1)が、終わりましたから、、、
(2)SSDでどれくらい速くなる?、ひと目で分かる手軽な計測ワザ。1〜5
1、SSDは非常に高速なのでPCのパワーアップには最適だという話をした。です



題名:PC高速化に効く、今どきのSSD交換術。(1)〜(5) 
名前:名無しさん 2017/12/19(火) 10:51 No.14256  HomePage


14256の画像を原寸大表示します (1)あなたのノートPCにピッタリのSSDは? 1〜5

4、最近は、高速なNVMeタイプを中心にラインアップが充実しつつある。

各パーツショップでの扱いもよく、入手性も高い。
ただし2.5インチSSDと同じ容量で比べる場合、実売価格は1.2倍から1.5倍ほど高い傾向にある。

画1、最近は、一般的なデスクトップPC向けマザーボードでも、
M.2対応SSDを組み込むM.2スロットが搭載されるようになった。

このほかに拡張カードタイプのSSDもあるが、信頼性を重視した企業向けの製品であり、
一般ユーザーが購入できる価格帯ではないものがほとんど。
またSerial ATA以前の古いPC用に「Parallel ATA」インタフェースを、
採用するSSDも過去には存在したが、新品で入手するのは困難になりつつある。

Θ 内部ベイやスロットにアクセスできるかどうかを確認する。
SSDを購入する前に、そもそも自分のPCが内部にアクセスできる構造なのかを確認する必要がある。

デスクトップPCであれば、側板などを空けてストレージを組み込むスペースに、
アクセスする方法が用意されていることが多いので、まず問題になることはない。
ノートPCでは、メーカーのWebサイトからダウンロード出来る保守マニュアルなどで、
アクセス方法を確認しよう。

ただ一部のノートPCは、ユーザーが内部にアクセスできない構造になっていることがある。
デザイン重視の薄型モバイルノートPCでそういった傾向が強い。
こうしたモデルで無理に外装をはずそうとした場合、外装を固定していた爪を壊してしまったり、
細い配線を引きちぎってしまったりすることがあり、故障の原因になるのだ。

画2、マイクロソフトのSurfaceシリーズでは背面にネジ穴などはなく、ユーザーが内部に、
アクセスしてメンテナンスすることを想定してない。写真はSurface Pro 3。

※ 次回は … 5、デスクトップ PC でも、ノートPCでも、
次に確認するのは標準搭載のストレージの状況だ。です

  
 

題名:図8、  名前:名無しさん 2017/12/20(水) 06:38 No.14259  HomePage

14259の画像を原寸大表示します 図8、


題名:セキュリティ診断のイロハ。(1)〜(11) 
名前:名無しさん 2017/12/19(火) 06:08 No.14253  HomePage


14253の画像を原寸大表示します (2)セキュリティ診断が必要なサーバーを漏れなく洗い出す。1〜3

1、若葉イロハと先輩の吉野さんが、セキュリティ診断の、
対象とするサーバーのリストアップについて相談している。

*   *   *

若葉:インターネットに公開されているサーバーはどうやって調べればよいでしょうか。
資産管理台帳とかネットワーク構成図を見るとわかるんでしょうか?

吉野:もちろんそれも大事だけど、記入漏れがあったり、更新されていなかったりする可能性があるよね。
特にクラウドサービスのサーバーは、資産管理台帳から漏れやすいんだ。
だから自分でも調べてみるようにしよう。

若葉:自分でですか?

吉野:うん、意外と簡単に調べられるんだよ。一緒にやってみよう!

*   *   *

公開サーバーの情報は、インターネットに一部公開されている。
このためコマンドなどを使えば自分で調べられる▼。ここでは三つの調査方法を紹介する。

画1、外部に公開している機器を確認。
外部に公開しているサーバーを確認するには、攻撃者と同じ視点で、公開情報を調べるとよい。

Θ nslookupコマンドで情報収集。
公開サーバーを見つける前段階として、
組織のネットワークの情報を知るために使うのが、nslookupコマンドやdigコマンド▼である。
これらは、ドメイン情報をDNSサーバー▼に問い合わせるコマンドだ。

nslookupコマンドでは、
コマンドプロンプト▼で「nslookup」と入力した後に、対象組織のドメイン名▼を入力する。
Enterキーを押して実行すると、ドメイン名にひも付くIPアドレスが表示される。

画2、nslookupコマンドでドメイン名にひも付くIPアドレスを調査。
nslookupはドメイン情報をDNSサーバーに問い合わせるコマンド。
ここではドメイン名を指定し、ドメイン名にひも付くIPアドレスを表示している。

DNSサーバーに登録されたレコード情報も参考になる。
DNSサーバーのレコード情報には、ドメイン名に対応するIPアドレスが定義されている、
「Aレコード」や、ドメイン名に対応するDNSサーバー情報が定義されている「NSレコード」、
ドメイン名に対応するメールサーバー情報が定義されている「MXレコード」などがある。
これらのレコード情報を取得することで、組織が公開しているサーバーを推測できる。

ここでは、公開しているDNSサーバーについて詳しく調べてみよう。
まず、コマンドプロンプト上で「nslookup」と入力した後、「set type=NS」と入力する。
これは検索レコード(ここではNSレコード)を指定する情報だ。
次にドメイン名として「lac.co.jp」と入力した。

画3、nslookupコマンドでNSレコードを調査。
DNSサーバーが保持するレコードの種類を指定すれば、必要な情報を調べられる。
ここではドメイン内のDNSサーバーを定義する「NSレコード」を指定している。

表示結果の「nameserver = 」を見ると、
そのドメインで稼働しているDNSサーバーがわかる。こうして、
ドメインにひも付くDNSサーバーの台数やホスト名を把握できる。

▼ 調べられる。
公開されている情報を確認すれば、攻撃者に狙われやすい対象をある程度把握できる。
▼ digコマンド。
DNSサーバーに名前解決の問い合わせを行うネットワークコマンド。
Linuxを含むUNIX系OSで使われる。Windows系OSでは、
nslookupコマンドが同等の機能を持つ。
▼ DNSサーバー。
IPネットワークで名前解決をするためのサーバー。DNSはDomain Name Systemの略。
▼ コマンドプロンプト。
テキストベースのコマンドなどを実行するための環境。
▼ ドメイン名。
インターネット上でホストに付けられる名前。example.co.jpのような形式で表記する。

※ 次回は … 2、WHOISで登録情報を調査。です
.

  
 

題名:画2、  名前:名無しさん 2017/12/19(火) 06:09 No.14254  HomePage

14254の画像を原寸大表示します 画2、
  
 

題名:画2、  名前:名無しさん 2017/12/19(火) 10:52 No.14257  HomePage

14257の画像を原寸大表示します 画2、


題名:PC高速化に効く、今どきのSSD交換術。(1)〜(5) 
名前:名無しさん 2017/12/18(月) 15:30 No.14251  HomePage


14251の画像を原寸大表示します (1)あなたのノートPCにピッタリのSSDは? 1〜5

3、mSATA対応SSDは、基板のインタフェース部分を... 。

マザーボードが搭載する「mSATAスロット」という拡張スロットに挿して利用する。
プロトコル▼は、現行の最新モデルなら基本的にはSerial ATA 6Gbpsを利用する。
連続読み出し/書き込み速度も500M〜550MB/秒ほどで、2.5インチSSDと違いはない。

画1、mSATA対応SSD。2.5インチSSDのようにケースに収納されてはいない

プロトコル:信号やデータをやり取りする際の規約。

ケースに収納されていないので場所を取らず、その分PCを小さくできるため、
モバイルノートPCで採用されることが多かった。ただし現在は、
メーカーの製品数も少なく、パーツショップやネットショップでの入手性も悪い。

mSATA対応SSDに代わり、
ケースに収納されていない板状SSDの主流になっているのが、「M.2対応SSD」である。
mSATA対応SSDよりも細身の基板上に、コントローラーやフラッシュメモリーチップを搭載している。
マザーボードの「M.2スロット」に装着して利用するので、
M.2スロットを搭載しないPCでは利用できない。
容積が小さく場所を取らないため、薄型で内部に余裕がないモバイルノートPCに搭載されることが多い。

転送速度は、ここで紹介する3種類の中では最も高速である「可能性」が高い。
というのも、M.2対応SSDでは、利用するプロトコルによって転送速度が大きく変わるからだ。

画2、M.2対応SSD。mSATA対応SSDと比べると細身だ。やはりケースには収納されていない。

2.5インチSSDと同じSerial ATA 6Gbpsを利用するタイプだと、
転送速度は2.5インチSSDやmSATA対応SSDと同じだ。
しかし見た目は同じでも、内部的に「PCI Express」で接続されるモデルでは、
連続読み出し・書き込みが1G〜2GB/秒と非常に高速なこともある。
PCI Express接続で「AHCI」や「NVMe」というプロトコルに対応する製品がこれに当たる。

Θ 次回は … 4、最近は、高速なNVMeタイプを中心にラインアップ... 。です

  
 

題名:画3、  名前:名無しさん 2017/12/19(火) 06:10 No.14255  HomePage

14255の画像を原寸大表示します 画3、


題名:PC高速化に効く、今どきのSSD交換術。(1)〜(5) 
名前:名無しさん 2017/12/18(月) 15:28 No.14250  HomePage


(1)自分でもできる!サーバーのセキュリティ診断。1〜3

3、クラウドサービスも忘れずに。

サーバーがクラウド上にある場合でもセキュリティ診断は必要だ。
最近はクラウドサービスを利用して企業システムを構築するケースが増えている。
クラウド上のセキュリティは、サービスの種類によって、
クラウドサービス事業者が責任を持つ範囲が異なる。

例えば米アマゾン ウェブ サービスの、
「Amazon Web Services(以下、AWS)」が提供する仮想サーバーサービス「EC2▼」の場合、
AWSのセキュリティの責任範囲は仮想化基盤まで。
その上で稼働するOSやミドルウエア、アプリケーションはユーザー側の責任で管理する。

クラウド上の仮想サーバーも公開サーバーの一覧に加え、
セキュリティ診断の対象から漏れないようにしよう。

▼ EC2
Elastic Compute Cloudの略。

※ 次回は、(1)が、終わりですから、、、
(2)セキュリティ診断が必要なサーバーを漏れなく洗い出す。1〜3
1、若葉イロハと先輩の吉野さんが、セキュリティ診断の対象とする、
サーバーのリストアップについて相談している。です

  
 

題名:画2、  名前:名無しさん 2017/12/18(月) 15:31 No.14252  HomePage

14252の画像を原寸大表示します 画2、


題名:セキュリティ診断のイロハ。(1)〜(11) 
名前:“ た ぬ き ” 2017/12/18(月) 11:30 No.14247  HomePage


14247の画像を原寸大表示します (1)あなたのノートPCにピッタリのSSDは? 1〜5

3、mSATA対応SSDは、基板のインタフェース部分を... 。

マザーボードが搭載する「mSATAスロット」という拡張スロットに挿して利用する。
プロトコル▼は、現行の最新モデルなら基本的にはSerial ATA 6Gbpsを利用する。
連続読み出し/書き込み速度も500M〜550MB/秒ほどで、2.5インチSSDと違いはない。

画1、mSATA対応SSD。2.5インチSSDのようにケースに収納されてはいない

プロトコル:信号やデータをやり取りする際の規約。

ケースに収納されていないので場所を取らず、その分PCを小さくできるため、
モバイルノートPCで採用されることが多かった。ただし現在は、
メーカーの製品数も少なく、パーツショップやネットショップでの入手性も悪い。

mSATA対応SSDに代わり、
ケースに収納されていない板状SSDの主流になっているのが、「M.2対応SSD」である。
mSATA対応SSDよりも細身の基板上に、コントローラーやフラッシュメモリーチップを搭載している。
マザーボードの「M.2スロット」に装着して利用するので、
M.2スロットを搭載しないPCでは利用できない。
容積が小さく場所を取らないため、薄型で内部に余裕がないモバイルノートPCに搭載されることが多い。

転送速度は、ここで紹介する3種類の中では最も高速である「可能性」が高い。
というのも、M.2対応SSDでは、利用するプロトコルによって転送速度が大きく変わるからだ。

画2、M.2対応SSD。mSATA対応SSDと比べると細身だ。やはりケースには収納されていない。

2.5インチSSDと同じSerial ATA 6Gbpsを利用するタイプだと、
転送速度は2.5インチSSDやmSATA対応SSDと同じだ。
しかし見た目は同じでも、内部的に「PCI Express」で接続されるモデルでは、
連続読み出し・書き込みが1G〜2GB/秒と非常に高速なこともある。
PCI Express接続で「AHCI」や「NVMe」というプロトコルに対応する製品がこれに当たる。

Θ 次回は … 4、最近は、高速なNVMeタイプを中心にラインアップ... 。です



題名:セキュリティ診断のイロハ。(1)〜(11)  
名前:名無しさん 2017/12/18(月) 15:26 No.14249  HomePage


(1)自分でもできる!サーバーのセキュリティ診断。1〜3

3、クラウドサービスも忘れずに。

サーバーがクラウド上にある場合でもセキュリティ診断は必要だ。
最近はクラウドサービスを利用して企業システムを構築するケースが増えている。
クラウド上のセキュリティは、サービスの種類によって、
クラウドサービス事業者が責任を持つ範囲が異なる。

例えば米アマゾン ウェブ サービスの、
「Amazon Web Services(以下、AWS)」が提供する仮想サーバーサービス「EC2▼」の場合、
AWSのセキュリティの責任範囲は仮想化基盤まで。
その上で稼働するOSやミドルウエア、アプリケーションはユーザー側の責任で管理する。

クラウド上の仮想サーバーも公開サーバーの一覧に加え、
セキュリティ診断の対象から漏れないようにしよう。

▼ EC2
Elastic Compute Cloudの略。

※ 次回は、(1)が、終わりですから、、、
(2)セキュリティ診断が必要なサーバーを漏れなく洗い出す。1〜3
1、若葉イロハと先輩の吉野さんが、セキュリティ診断の対象とする、
サーバーのリストアップについて相談している。です


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 1
07/14 (火) 1
07/11 () 2
07/08 (水) 2
07/04 () 1
06/29 (月) 1
06/17 (水) 1
06/16 (火) 1
合計: 12754

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web