まさよの掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色

題名:Office 365使いこなし術。(1)〜(4)。 
名前:“ た ぬ き ” 2017/11/06(月) 17:24 No.14123  HomePage


14123の画像を原寸大表示します (1)いつかはOffice 365が「実験の場」に、ヤンマーが目指す情報共有。1〜3

1、「Office 365は全社員が徹底的に、
ナレッジを共有し、ノウハウを皆が使える場として使っている。

それを通じて、経営のスピードを上げ、顧客対応を早くすることが目的だ」、
――ヤンマー執行役員―― ビジネスシステム部 部長の矢島 孝應氏はこう話す。

同社がOffice 365の導入を始めたのは2014年12月。
その後1年8カ月かけて導入を進め、
現在は本社・グループ企業を含む国内39社と海外の40社、22カ国で約1万5000人が利用している。

Θ アプリを駆使して情報共有を活発に。
導入が完了してから1年。Office 365の活用範囲はかなり広い。

まず、従業員のスケジュールはExchange Onlineを使って社内に公開し共有している。
この使い方は、従来はなかった効果を生み出している。
営業担当者がSkype for Businessで異なる部門の従業員の在席状況を確認し、
連絡を取り合うといったケースも出てきて、社内コミュニケーションは活発化してきたという。

Skype for Businessは、チャットやWeb会議、ビデオ会議を高い頻度で使っていて、
「どこでもすぐに行動する」という働き方の推進に一役買っているという。
矢島氏は「海外のメンバーと仕事をする際は、
『ちょっと会議をしたい』というリクエストが次々と来る。
時差がある拠点と会議をするときは、帰宅してオンラインで参加する」と話す。

Yammerにコミュニティを作り、情報共有に役立てている従業員もいる。
例えば情報システム担当者は、2016年にワールドワイドの全員が集まって会合を持ち、
その後はYammerで情報共有を図っている。
新規事業担当の中にも、Yammerを活用する従業員が出てきたという。

Office 365への移行前に使っていたIBMの「Domino」で、
動作していたNotesデータベースは、SharePoint Onlineへ移行することにした。
Notesデータベースの中には、ワークフローなど移せないものがあったので、
3つの対応策を考え実行に移している。
(1)可能なら移行する、
(2)SharePoint上で稼働するワークフロー管理ツールで管理可能なものに変える、
(3)単体の業務アプリケーションに変える――である。

画1、ヤンマーのOffice 365の導入時期と用途。

※ 次回は … 2、想定した半分の期間で導入できた。です



題名:Office 365 使いこなし術。(1)〜(4) 
名前:“ た ぬ き ” 2017/11/08(水) 11:33 No.14125  HomePage


14125の画像を原寸大表示します (1)いつかはOffice 365が「実験の場」に、ヤンマーが目指す情報共有。1〜3

2、想定した半分の期間で導入できた。

ヤンマーは、Office 365のどのような点を良いと感じているのだろうか。

矢島氏がまず挙げたのは、短期間で導入できたこと。
計画時は導入に2〜3年かかると社内で説明していたが、結果的に1年半程度で導入できた。
これは、Office 365がクラウドサービスだったことが大きかったという。
「オンプレミス環境への導入であれば、システムの設計や調達から着手しなくてはならず、
1拠点への導入で3カ月程度費やしていたのではないか」(矢島氏)。

クラウドサービスであるため、メールなどのサーバーの、
運用作業から解放されるというメリットも享受できた。サービスとしての安定性も評価。
Office 365は使い始めて2年半になるが、完全にサービスが止まったことはないという。
また「マイクロソフトの幹部と実際に話をしてみて、ライセンス販売が中心の、
ビジネスからサービスを重視する方向へ変わろうとしているのを感じた」(矢島氏)ことも、
プラスに捉えている。

従業員にとっては、Officeアプリケーションがそのまま使えることが良かったと評価している。
矢島氏は、「個人でもOutlookでのメール送受信やPowerPointでの、
プレゼンテーション作成などの操作に慣れていたのだろう。
操作体系が違うソフトだったら、もっと時間がかかったはず」と説明する。

画1、ヤンマー執行役員 ビジネスシステム部 部長の矢島孝應氏。

※ 次回は … 3、クラウドだから機能が変わっていく。です



題名:中堅・中小企業のためのOffice 365入門。(1)〜(14) 
名前:“ た ぬ き ” 2017/11/05(日) 10:34 No.14119  HomePage


14119の画像を原寸大表示します (14)Delveで情報を共有する。1〜4

4、モバイルで操作する。

Delveは、AndroidやiPhoneでも利用できる。
専用のアプリを、検索してインストールしよう。
画面はiPhoneの例。AppStoreで「delve」と検索して、
Office 365用のDelveをインストールする。
サインインすれば、すぐに使えるようになる(図10)。

図10、画面はiPhoneの例。専用のDelveのアプリをインストールしよう。
サインインすると、Delveの「ホーム」画面が表示される。
ファイル名やドキュメントの作成アプリ名が表示されてわかりやすい。
下のアイコンで表示を切り替える。

画面下側のアイコンから、「お気に入り」を表示した状態。
図6の「お気に入り」画面と同じアクセス権のあるドキュメントが表示される。
「連絡先」からほかのユーザーを選択すると、
「作業内容」「共同作業者」「同僚の作業」の表示に切り替わる。
タップするとドキュメントが表示される。

図11、左は「お気に入り」画面。星印をタップするとお気に入りに登録できる。
右はほかのユーザーの連絡先を表示した画面。
アクセス権のある共同作業者や同僚の作業したドキュメントが表示される。

Θ Delveの機能を制限する。
Delveは、初期設定ではアクセス権のあるドキュメントが表示される状態だ。
これを会社全体で表示させないようにするには、管理者権限でサインインし、
「SharePoint管理センター」画面を表示して、Office Graphの設定を変える(図12)。
ただし、Office Graphを使ったほかの機能も使えなくなる。

図12、管理者権限でサインインし、「管理者」→「管理センター」→
「SharePoint」で「SharePoint管理センター」画面を表示する。
「設定」の「Office Graph」で「Office Graph へのアクセスを許可しない」を選択して、
下側の「OK」をクリックする。「Delve」には、プロファイル情報しか表示されなくなる。

※ 次回は、中堅・中小企業のためのOffice 365入門。(1)〜(14) が、
終わりましたので、次回は「新しい、連載」に入りますのでお楽しみ下さい。



題名:Windows 7 は いつやめる? (1)〜(8)。 
名前:“ た ぬ き ” 2017/11/06(月) 08:03 No.14122  HomePage


(8)Windows 10はウイルス対策ソフトが不要?。1〜2

2、Windows 10 Enterpriseを入れれば、
サードパーティー製のウイルス対策ソフトは要らなくなるのか。

Windows標準のウイルス対策ソフト「Windows Defender」を使えば、
サードパーティー製のウイルス対策ソフトなしでも多くのセキュリティ脅威には対応できる。
ただし、ゼロデイ攻撃(未知の脆弱性を悪用した攻撃)に対する守りが完全ではない。

Windows 10自体でもゼロデイ攻撃による不審な挙動をある程度は検知できる。
だが、専門ベンダーが開発するウイルス対策ソフトに比べると検知率は劣る。
検知率をよく検証したうえで、
サードパーティー性のウイルス対策ソフトも組み合わせて使うのがいいだろう。

米グーグルのChrome OSを搭載したChromebookを選択する企業もある。
セキュリティの観点ではどう見るべきか。

Θ 関連記事:「Windows 7の9割はChromebookへ移行する」、東急ハンズ.

Θ 関連記事:Chromebookは本当に企業で使えるか?

Chromebookのセキュリティは確かに強固だ。
ChromebookはWindowsに比べてネットワーク通信の、
出入り口が限定されており、サイバー攻撃の脅威にさらされにくい。
自動的かつ強制的にOSをアップデートして、セキュリティを保つ仕組みもある。

ただし、Chromebookの利用者はまだ少ないため、
サイバー攻撃者の研究対象に挙がってないという面もある。
もしChromebookの利用者がWindowsに匹敵するほどに増えれば、
サイバー攻撃者にとって「おいしい」攻撃対象になる。
それにつれてChromebookの脆弱性を突く攻撃も活発になる可能性がある。

※ 次回は、Windows 7 は いつやめる? (1)〜(8)。が、
終わりましたから、新しい連載に成りますのでお楽しみ下さい。

  
 

題名:図11、  名前:“ た ぬ き ” 2017/11/05(日) 10:35 No.14120  HomePage

14120の画像を原寸大表示します 図11、


題名:Windows 7 は いつやめる? (1)〜(8)。 
名前:“ た ぬ き ” 2017/11/05(日) 09:51 No.14118  HomePage


14118の画像を原寸大表示します (8)Windows 10はウイルス対策ソフトが不要?。1〜2

1、Windows 10は7に比べてセキュリティ機能が強化されていると言われる。

セキュリティ向上を目的に10への早期移行を検討する企業も多い。
これまでのWindowsと何が違うのか。
Windowsのセキュリティに詳しい、
NRIセキュアテクノロジーズの浅野岳史・上級セキュリティコンサルタントに話を聞いた。

Θ Windows 10はセキュリティが強化されたと日本マイクロソフトは主張している。
専門家の目から見てどうか。

関連記事:Windows 10、「サポート終了がない」は本当か?

画1、NRIセキュアテクノロジーズの浅野岳史・上級セキュリティコンサルタント。

私は企業のシステムのセキュリティ診断に従事し、特にWindows OSの診断に関わることが多い。
そこでの感触としては、Windows 10はこれまでの、
Windowsに比べてセキュリティレベルが大きく上がっているのは間違いない。

セキュリティの観点で言えば、企業は早くWindows 10へ移行するべきだ。
組織全体のセキュリティレベルの向上を期待できる。

ただし、
セキュリティ機能は上位版の「Windows 10 Enterprise」だけに実装されているものが多い。
コストはかかるが、Enterpriseを使うことを勧めたい。

Θ 具体的にWindows 10はこれまでと何が違うのか。

新たに導入された「クレデンシャルガード(Credential Guard)」が強力だ。
7以前のWindowsでは、ログオン時のパスワードが可逆な暗号化方式で保存されているため、
復号可能であり、メモリー上から平文で取得できる。
マルウエアが侵入するなどしてPCの制御を第三者に奪われた場合に、
パスワードも簡単に漏洩してしまう。

10はパスワードのような機密情報を分離して管理する。
マルウエアが侵入した場合でもパスワードは見えない。致命的な被害に至るリスクを軽減できる。

もう一つ、以前からある、
「EMET(Enhanced Mitigation Experience Toolkit)」の強力な防御機能が、
アップデートを適用するたびに順次Windows 10の標準機能として組み込まれていく。
これは実行ファイルに対する防御機能を提供する。
実行ファイルにセキュリティ脆弱性がある場合でも、
サイバー攻撃者はまずEMETの防御を突破する必要がある。
脆弱性を突くまでのハードルが高まる。

※ 次回は … 2、Windows 10 Enterpriseを入れれば、
サードパーティー製のウイルス対策ソフトは要らなくなるのか。です



題名:中堅・中小企業のためのOffice 365入門。(1)〜(14) 
名前:“ た ぬ き ” 2017/11/04(土) 14:06 No.14115  HomePage


14115の画像を原寸大表示します (14)Delveで情報を共有する。1〜4

3、ほかのユーザーと連携する。

「連絡先」に表示されているユーザー名をクリックすると、
そのユーザーのプロファイル情報や最近使用したドキュメントのカードが表示される(図7)。
これはもちろんアクセス権が許可されたドキュメントと、
ブログなどで公開した画像のみが表示されている。
「自分と共有されているOneDriveファイル」をクリックすると、
OneDrive for Businessが表示され、
どのファイルがそのユーザーと共有されているのかがすぐわかる。

図7、ほかのユーザーの画面。
プロファイルの詳細を確認したい場合は「プロファイルの表示」をクリックする。
予定表が公開されている場合は表示されている。

Θ Delveのドキュメントの所有者。
Delveでドキュメントをお気に入りにしたり、
ボードでグループ化したりしても、ドキュメントがDelveに保存されているわけではない。
あくまでも、DelveはOneDrive for Businessなどに保存されている、
ドキュメントを、表示しているだけで、ドキュメントの所有者やアクセス権が変わるわけではない。
アクセス権を設定したい場合は、「共有」などにして、アクセス権を設定する必要がある(図8)。

図8、ドキュメントの所有者やアクセス権は変わらない。
自分にしか表示されないドキュメントは、
「非公開のドキュメント」として表示され、所有者もわかる。共有した相手を確認したい場合は、
右端の「…」をクリックし、「閲覧できるユーザー」で確認できる。

図9では、OneDrive for Businessの画面を表示した。
ここに保存されたドキュメントをDelveで整理して表示している。
ファイルをほかのユーザーに表示させたくない場合は、
共有設定を解除し、自分だけにアクセス権を設定しよう。

図9、OneDrive for Businessの画面。ドキュメントの所有者が確認できる。

※ 次回は … 4、モバイルで操作する。です

  
 

題名:図8、  名前:“ た ぬ き ” 2017/11/04(土) 14:07 No.14116  HomePage

14116の画像を原寸大表示します 図8、
  
 

題名:図12、  名前:“ た ぬ き ” 2017/11/05(日) 10:36 No.14121  HomePage

14121の画像を原寸大表示します 図12、
  
 

題名:図9、  名前:“ た ぬ き ” 2017/11/04(土) 14:09 No.14117  HomePage

14117の画像を原寸大表示します 図9、


題名:中堅・中小企業のためのOffice 365入門。(1)〜(14) 
名前:“ た ぬ き ” 2017/11/03(金) 14:00 No.14111  HomePage


14111の画像を原寸大表示します (14)Delveで情報を共有する。1〜4

2、Delveのプロファイルを確認する。

Delveの画面を確認してみよう。Office 365の起動直後の画面で「Delve」をクリックすると、
Delveの「ホーム」画面が表示される(図3)。
この画面から操作を行う。画面の左側からは自分のドキュメント画面やお気に入りのドキュメント、
ほかのユーザーのプロファイル画面などを表示できる。
右側のカードという形式で表示されているドキュメントをクリックすると、
該当のファイルが表示される。

図3、Delveの「ホーム」画面。
この画面からドキュメントやほかのユーザーのプロファイルを表示できる。

Delveの画面にドキュメントなどを効率的に表示するには、
ほかのユーザーのドキュメントにアクセスしたり、共同で作業することだ。
それらを元に、Office Graphが情報を解析しやすくなる。また、
ほかのユーザーが見つけやすいように、プロファイルで詳細に情報を登録しておくことが大切だ
。プロファイル画面は、「ホーム」画面で「自分」をクリックするか、
右上のユーザー名から「自分について」を選択すると表示できる(図4)。

プロファイルを編集するには、「プロファイルを更新」を選択する。
プロファイルには、誕生日や携帯番号などの連絡先や学歴、関わっているプロジェクト、
専門分野、趣味などの情報を追加する。
情報を公開したくない場合は、右側に表示されている地球儀のアイコンが表示されているなら、
「自分のみ」を指定することで変更できる。

名前や役職などの一部の情報は、ユーザー自身では変更できないこともある。
変更したい場合は、IT管理者に依頼しよう。

図4、プロファイルは、「プロファイルを更新」をクリックすると変更できる。
編集したい項目をクリックするか、画面をスクロールして編集しよう。
公開範囲を限定したい場合は、地球儀のアイコンから指定する。

Θ よく利用するドキュメントの登録。
Delveでは、よく利用するドキュメントをお気に入りに追加したり、
ボードの機能を使って、ドキュメントをグループ化することができる(図5)。
登録したドキュメントは、「お気に入り」画面に表示され、すぐに表示することができるようになる。

図5、よく利用するドキュメントは左側のリボン、
ドキュメントをグループ単位で管理したいなら右側のボードのアイコンをクリックする。
右端の「…(その他のオプション)」をクリックすると、
ドキュメントのリンク先を送信したり、アクセス権のあるユーザーを確認できる。

グループ単位でドキュメントを表示したいなら、
ボードで管理しよう。ボードのアイコンをクリックすると、
ボードを管理するための画面が表示されるので、画面下側にボードの名前を入力する。
登録すると、ボード名が表示され、ここからすぐに表示することができる(図6)。
ボードは、Office 365内の社内のユーザーすべてに公開される。

図6、ボードで管理する名前を入力し、「Enter」キーを押す。
既存のボードは数文字入力すると表示されるので選択してもよい。
ボードを追加すると、左側に追加される。
「お気に入り」をクリックすると、ボードとお気に入りに設定したドキュメントを確認できる。

※ 次回は … 2、ほかのユーザーと連携する。です

  
 

題名:図4、上部 ・下部  名前:“ た ぬ き ” 2017/11/03(金) 14:02 No.14112  HomePage

14112の画像を原寸大表示します 図4、上部 ・下部


題名:Windows 7 は いつやめる? (1)〜(8)。  
名前:“ た ぬ き ” 2017/11/04(土) 08:59 No.14114  HomePage


14114の画像を原寸大表示します (7)Windows 10、「サポート終了がない」は本当か? 1〜4

4、10は2025年にサポート終了?

マイクロソフトは、
「Windows 10は最後のWindows」「サポート終了がなく永続するOS」と説明している。
一方でWebサイトを見るとWindows 10の延長サポート終了日は2025年10月14日とされている。
どちらが本当なのか。

「永続するOS」というのが正しい。Webサイトの記述が誤解を招くものになっていて申し訳ない。

2025年10月14日にサポート終了するのは、「LTSB(Long-Term Servicing Branch)」という、
アップデートを限定する特殊なWindows 10の場合だ。それ以外は原則としてサポート終了はない。

ということは、一度Windows 10をインストールすれば永久的に使い続けることができるのか。

そうだ。PCのハードが壊れるまでは使い続けられる。

Windows 8.1が10になったようなバージョンアップはもうないのか。

名前が変わるバージョンアップはない。
だが、年に2回大規模なアップデートをインターネット経由で配信する。
この考え方を「WaaS(Windows as a Service)」と呼んでいる。

画1、Windows 7とWindows 10のサポート期限。
10では「WaaS」という概念があり、半年ごとにアップデートがリリースされる。

2017年8月時点での最新のアップデートは4月にリリースされた「バージョン1703」、
通称「Creators Update」だ。秋ごろに次のアップデートを予定している。
年に2回アップデートを適用し続ければ、常に最新の機能を使える。
イオングループはこの方針を取っているようだ。

関連記事:XPの反省生かすイオン、Windows 7サポート切れの4年前から準備。

アップデート適用時の検証作業が負担になりそうだ。
アップデート間の互換性はかなり高いが、
アップデート適用時に最低限の検証作業は必要になるだろう。
年に2回の検証が負担になるなら、同じアップデートを最長18カ月は使い続けることができる。

2017年4月リリースの「Creators Update」は2018年秋ごろにサポート終了を迎える。
18カ月が過ぎるまでにはアップデートを適用する必要がある。

※ 次回は、(7)が、終わりですから最後の、、、
(8)Windows 10はウイルス対策ソフトが不要?。1〜2
1、Windows 10は7に比べてセキュリティ機能が強化されていると言われる。です

  
 

題名:図5、図6、  名前:“ た ぬ き ” 2017/11/03(金) 14:04 No.14113  HomePage

14113の画像を原寸大表示します 図5、図6、


題名:中堅・中小企業のためのOffice 365入門。(1)〜(14) 
名前:“ た ぬ き ” 2017/11/02(木) 15:55 No.14108  HomePage


14108の画像を原寸大表示します (14)Delveで情報を共有する。1〜4

1、Office 365のプランによっては、サービスの1つとして、、、。

ドキュメントなどを効率的に整理、検索する、
「Office Delve(以下、Delve)」という機能がある。

今回は、そのDelveについて紹介しよう。
Delveは、OneDrive for BusinessやOffice 365のSharePoint、
メールに添付されたドキュメントなどで、自分自身で保存、共有したもの、
あるいはほかのユーザーが作成したもののうち、自分にアクセス権のある、
ドキュメントを表示したり、整理したりするためのサービスだ(図1)。

図1、Office 365にサインインし、最初の画面で、「Delve」をクリックして表示される画面。
アクセス数が多く、かつアクセス許可のあるドキュメントが表示される。

Θ Delveを使う。
Delveは、ビジネス向けのOffice 365のプランのうち、次のプランで利用できる(執筆時点)。

・Office 365 Enterprise (E1、E3 および E5)
・Office 365 Business Essentials
・Office 365 Business Premium

「ホーム」画面では、自分がアクセスしたデータや関連のあるデータが表示される。
Delveは、Office Graphという機能上で動作している。
Office Graphはアクセス権のあるデータや情報の中で、
ユーザー自身が検索やアクセスしたドキュメントのほか、同じドキュメントを扱う、
ユーザーがアクセスしたりした情報などから解析して表示している(図2)。

Delveを表示した直後やドキュメントに変更を加えたり、
追加した直後の情報は、すぐに反映されない場合がある。その場合は時間がたってから確認しよう。

図2、プロファイル情報やアクセス状況などに基づき、
自分や周囲のユーザーの中でもアクセス権があり、関連性の高いドキュメントが表示される。

※ 次回は … 2、Delveのプロファイルを確認する。です



題名:Windows 7 は いつやめる? (1)〜(8)。 
名前:“ た ぬ き ” 2017/11/03(金) 13:50 No.14110  HomePage


(7)Windows 10、「サポート終了がない」は本当か? 1〜4

3、「IE11同士」の移行は比較的容易。

Webアプリの互換性についてはどうか。

Internet Explorer 11(IE11)で動作するWebアプリであれば、
Windows 7上のIE11からWindows 10上の、
IE11へと「IE11同士」で移行する手間はほとんどかからない。
検証の工数は一概に言えないが、
「事前に見積もった工数よりもはるかに少ない工数で済んだ」という話をよく聞く。

古いIEで動作するWebアプリの場合は、検証の工数は比較的増える。
IEの「互換モード」もうまく活用してほしい。

結局のところ、
マシンの置き換えとアプリの検証を含めて、移行全体ではどの程度の予算を見込めばいいのか。

なかなか答えるのが難しい質問だ。様々な要因が絡むため事前に見積もるのは難しい。

日本マイクロソフトとしては「予算化を早めてほしい」というメッセージは出していく。
Windows 7のサポート終了(2020年1月)までまだ2年半あるが、
企業の予算策定のサイクルを考えれば、ギリギリになると予算獲得に苦労することになる。

Windows 10への移行は、費用対効果を見込みにくいという意見がある。
企業への取材では「PCコストは“税金”」という冷めた声も聞いた。

我々が10導入のメリットとして訴求しているのは「セキュリティ」と「働き方改革」だ。

10では7からセキュリティ設計を根本的に見直している。7では、
セキュリティ脅威の侵入防止が主眼だった。
万が一侵入を許してしまった場合は、
セキュリティパッチを当てていなければ被害が出てしまうこともあった。
サイバー攻撃者はマルウエアの亜種を次々と作る。
昨今の情勢では、残念ながら侵入自体を完全に防ぐのは難しい。

10では、侵入を許してしまった場合でも「被害を抑える」設計を重視している。
サイバー攻撃者にとっては、手間をかけて亜種を作って侵入に成功しても、
被害が出にくいので、わりに合わないということになる。

働き方改革については、Windows 10では、
「タブレットモード」「顔認証」などモバイルPC向けの機能を充実させている。
前述のセキュリティ強化とも相まって、従来のPCに比べて外出先でも安全に使える。

※ 次回は … 4、10は2025年にサポート終了?。 です


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 1
07/14 (火) 1
07/11 () 2
07/08 (水) 2
07/04 () 1
06/29 (月) 1
06/17 (水) 1
06/16 (火) 1
合計: 12754

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web