まさよの掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色

題名:ネットワークの素朴な疑問。(1)〜(5) 
名前:“ た ぬ き ” 2017/09/24(日) 10:20 No.13958  HomePage


(3)無線LANはどこまで速くなる? 1〜2

2、この帯域を使う無線LAN規格は、
IEEE 802.11ad(最大伝送速度6.8Gビット/秒▼)として標準化された。
ただし、ミリ波の電波は空気中での減衰が大きく伝送距離は短くなる。
最大伝送距離は約10mを想定する。

現在、これをはるかに上回る100Gビット/秒以上の、
超高速伝送を実現するIEEE 802.11ayが議論されている。
11ayでは、11adで規定されたミリ波無線LANを拡張するため、チャネル帯域幅の拡大、
空間多重技術(MIMO技術)、マルチユーザーMIMO技術などの活用が検討されている。

11ayは11adで想定されたオフィスや家庭内での利用ケースに加えて、教室や航空機内、
イベントホール、列車内などでの大容量映像の同時配信や、
屋内外に配置された携帯電話システムの基地局あるいは無線装置を有線ネットワークへ、
接続するための大容量無線回線としての利用も想定されている。

▼ 6.8Gビット/秒。
厳密には、IEEE 802.11規格全体の改訂(2016年末発行予定、
11ad規格更新を含む)で11adの最大伝送速度が約8.1Gビット/秒に拡張される予定である。

※ 次回は、(3)が、終わりですから、、、
(4)無線LANの電波は人体に影響ない? 1〜1
1、無線LANの電波は、出力が十分低いため人体に影響はない。です



題名:中堅・中小企業のためのOffice 365入門。(1)〜(14) 
名前:“ た ぬ き ” 2017/09/23(土) 23:31 No.13955  HomePage


13955の画像を原寸大表示します (3)コミュニケーション機能を活用する。1〜5

2、ブログで情報共有。

ニュースフィードは画像なども挿入できるが、どちらかというとテキスト情報に近い書式になる。
レイアウトも自由度はないが、誰もが見られるようにタイムライン上に表示されるので、
業務用の報告や情報共有に活用できるだろう。

一方SharePoint Onlineでは、ブログも作成可能になっている。
ブログは、画像を挿入できるのはもちろんのこと、書式に自由度を持たせられる(図4)。
業務に関する情報共有のみならず、社員間の交流の場としても使えるだろう。
作成したブログは、URLを知らさなければアクセスできないため、
限られた企画のメンバーなどで使うことも可能だ。
ブログは、SharePoint Onlineのニュースフィード、
または後述する「サイト」機能から作成・管理できる。

図4、ニュースフィードの画面から飛んだブログのページ。
写真やビデオの投稿なども可能だ。投稿に必要な操作は、画面右側の「ブログツール」から行う。

投稿は、ブログ画面の右側にある「ブログツール」から行う。
[投稿の作成]をクリックして、表示された画面に内容を入力していく。
「ニュースフィード」の画面より自由度も高く、書式やソースの編集も可能だ。
画像の挿入やサイズ変更などを感覚的に操作できるのも使いやすい(図5)。
書式の設定など、操作感がWordに似ている部分もある。

図5、テキストは[テキストの書式設定]タブから書式を設定できる。
また、[挿入]タブからは画像を挿入したり、
挿入した画像のサイズ調整や枠線などを設定したりすることも可能だ。

ブログは告知しないとURLなどの情報が分からない。
告知は、ブログの右側にある「通知」から通知したいユーザーを選択し、
メールなどで知らせる(図6)。

図6、通知の送信先でユーザー名などを指定し、
配信方法などを指定すれば、そのユーザーにメールなどで通知される。
受け取ったメールに表示されているリンクからブログを確認できる。

※ 次回は …3、サイトで情報を共有する。です

  
 

題名:図10、  名前:“ た ぬ き ” 2017/09/24(日) 11:04 No.13963  HomePage

13963の画像を原寸大表示します 図10、
  
 

題名:図5、  名前:“ た ぬ き ” 2017/09/23(土) 23:33 No.13956  HomePage

13956の画像を原寸大表示します 図5、


題名:ネットワークの素朴な疑問。(1)〜(5) 
名前:“ た ぬ き ” 2017/09/23(土) 15:56 No.13954  HomePage


13954の画像を原寸大表示します (3)無線LANはどこまで速くなる? 1〜2

1、2018年にリリースが
見込まれるIEEE 802.11axでは、スループットが11acの4倍以上になる。

無線LANの規格はIEEE-SA▼が策定し、
最大伝送速度が6.9Gビット/秒のIEEE 802.11ac▼が現在最速の規格である。
2018年にリリースが見込まれる次の規格IEEE 802.11axでは、
最大伝送速度よりもスループット(実効速度)の向上を目指している▼。

01、無線LAN規格と速度。
※11axの項目については最新版のドラフト(D1.0)、
11ayの項目については最新版の技術資料(Specification Framework)を、
基に作成(点線部分)。今後変更される可能性がある。

無線LANの課題は、混雑した環境でのスループット低下である。
無線LANのスループットは最大伝送速度の6〜7割程度しか出ない。
混雑した環境ではさらに低下する。
11axの最大伝送速度は9.6Gビット/秒と11acの1.5倍ほどだが、スループットは4倍以上になる。
スループットの向上に大きく寄与するのが、「ユーザー多重技術」である。
OFDMA▼技術およびマルチユーザーMIMO▼技術を使い、
基地局から複数端末への「1対多」あるいは複数端末から基地局への「多対1」通信を同時に行う。

さらなる速度向上を期待されるのが、広い帯域を確保できるミリ波帯(60GHz帯)の無線LAN規格だ。
11acや11axで使う2.4GHz帯や5GHz帯などマイクロ波帯の周波数は、
もう空きがなく高速化が難しいからだ。

▼ IEEE-SA。
Institute of Electrical and Electronic Engineers-Standards Associationの略。
米国電気電子学会。各種標準規格を策定している。
▼ IEEE 802.11ac。
無線LANの規格には「802.11」が付く。イーサネットは「802.3」、
Bluetoothは「802.15」のように規格ごとにピリオド以降の数値が変わる。
▼ 目指している。
チャネル帯域幅や空間多重数といった高速化に関するパラメータは11acと同様となる見通し。
変調多値数は、256QAMに対して1.25倍の伝送速度を実現する、
1024QAMがオプションとして導入される見通しだ。
▼ OFDMA。
Orthogonal Frequency Division Multiple Accessの略。
下り通信では、基地局が送信する一つの無線フレームの内部を周波数ごとに細分化して、
複数のユーザー宛の情報を同時伝送する。
また上り通信では、端末ごとに割り当てられた細かな周波数帯域を利用して基地局に同時伝送する。
▼ マルチユーザーMIMO。
基地局と複数端末間で信号を同時伝送する技術。
基地局から複数端末宛ての下り通信で、送信ビームフォーミングを利用して空間多重伝送を行う、
「下りリンクマルチユーザーMIMO」伝送は、11acで既に規定されている。
11axでは、複数の端末が基地局宛てに同時伝送を行い、基地局が空間多重された信号を、
復元することで伝送効率を高める「上りリンクマルチユーザーMIMO」が新たに規定される見通し。

※ 次回は … 2、現在、これをはるかに上回る。です



題名:中堅・中小企業のためのOffice 365入門。(1)〜(14) 
名前:“ た ぬ き ” 2017/09/22(金) 17:34 No.13951  HomePage


13951の画像を原寸大表示します (3)コミュニケーション機能を活用する。1〜5

1、Office 365には社内のコミュニケーションを円滑にする手段として、、、。

情報共有のためのツールやソーシャルネットワーク(以下、SNS)機能、
オンラインで社外や遠く離れた営業所などからも会議ができるような機能を備えている(図1)。
それらの中から今回は、
SharePoint Onlineで提供している「ニュースフィード」と「サイト」を紹介する。

図1、Office 365のコミュニケーションツールを使えば、
社内の情報発信や情報共有もとりやすくなる。

Θ ニュースフィードで情報を発信する。
ニュースフィードは、
Office 365に含まれるSharePoint Onlineの一機能として提供されており、
Twitterのように短いメッセージを投稿する掲示板のようなものである。
社内全員で共有しておきたい情報などを投稿するには最適だ。
ニュースフィードを利用するには、まず、
Office 365のWebページ(http://portal.office.com/)からサインインして、
トップ画面で[ニュースフィード]のアイコンを選択する(図2)。

図2、ニュースフィードの画面。
先頭のテキストボックスに内容を入力して[投稿]をクリックすれば、
社内のすべてのユーザーが確認できる。

ニュースフィードの画面はいたってシンプル。
FacebookなどのSNSを利用したことのある人なら、それほど迷うことなく操作できるだろう。
この画面では、メッセージを投稿したり、
投稿されたメッセージに「いいね!」やコメントを返したりできる。
また、投稿された相手をフォローすれば、[フォロー中]の画面に表示されるようになる。
この点も、ほかのSNSの機能に似ている。

注意したいのは、社内全員に投稿した内容が見られる点だ。
特定の社員だけに向けた情報であれば、使用するユーザーを限定できる「サイト」を作成して、
そこに「掲示板」を作成した方がよい。掲示板については、後半で紹介する。

Θ 読んでほしい相手を指定した投稿やタグ付けにも対応。
ニュースフィードは、「メンション」や「タグ」などにも対応している(図3)。
メンションはTwitterでよく使われているもので、
投稿内容を読んでほしいユーザーの名前を「@」に続けて入力し伝える機能だ。
ニュースフィードでは、画面上部にある[メンション]をクリックすれば、
自分の名前にメンションが付けられた投稿を確認できる。

図3、メンションやタグなどにも対応している。メンションに設定された投稿は、
画面上部の[メンション]を選択するだけで表示できる。

タグは、投稿を検索しやすいようにキーワードとして設定する機能である。
「#」の後にキーワードの文字を入力すれば、Office 365上でも、
このタグにヒットした投稿内容などを検索できる。

※ 次回は … 2、ブログで情報共有。です

  
 

題名:図2、  名前:“ た ぬ き ” 2017/09/22(金) 17:35 No.13952  HomePage

13952の画像を原寸大表示します 図2、
  
 

題名:図6、  名前:“ た ぬ き ” 2017/09/23(土) 23:35 No.13957  HomePage

13957の画像を原寸大表示します 図6、


題名:ネットワークの素朴な疑問。(1)〜(5) 
名前:“ た ぬ き ” 2017/09/22(金) 06:53 No.13950  HomePage


13950の画像を原寸大表示します (2)ダークウェブって何? 1〜1

1、Google Chromeなどの一般的なWebブラウザーで、、、。

検索エンジンでは見つからない、アンダーグラウンドなサイトのこと。
検索してアクセスできるサイトは「サーフェス(表層)ウェブ」と呼ばれ、
検索エンジンでは見つからないサイトを「ディープ(深層)ウェブ」と呼ぶ。
ディープウェブの中でアンダーグラウンドなものは「ダーク(闇)ウェブ」と呼ばれ、
Tor Browserと呼ばれる特殊なWebブラウザーでしかアクセスできない。

ダークウェブでは一般に、ウイルスや流出した個人情報、
違法ポルノや違法ドラッグといった非合法な商品がやり取りされている。
取引には、仮想通貨のビットコインなどが使われる。

Tor Browserは、「オニオンルーティング」と呼ばれる、
通信経路を秘匿する通信技術を利用するWebブラウザーである。
目的のサイトにアクセスする際に3種類のコンピュータ(ノード)を経由する。
中継するコンピュータではログを残さず、
通信も暗号化することで、アクセス元を特定しにくくしている。

画、ダークウェブの例。
画像提供:ソフトバンク・テクノロジー 辻 伸弘氏。

※ 次回は、(2)が、終わりですから、、、
(3)無線LANはどこまで速くなる? 1〜2
1、2018年にリリースが見込まれるIEEE 802.11axでは、
スループットが11acの4倍以上になる。です



題名:中堅・中小企業のためのOffice 365入門。(1)〜(14)  
名前:“ た ぬ き ” 2017/09/21(木) 15:24 No.13947  HomePage


13947の画像を原寸大表示します (2)Office 365で利用できるサービス−初期設定、メール編。1〜5

5、組織で使える予定表も提供。

Exchange Onlineはグループウエアサーバーであり、予定表の機能も提供している。
そのため予定表も、Exchange Onlineを通して、
Outlook Web Appsやデスクトップ版のOutlookから確認できる(図11)。
登録した予定はExchange Onlineに登録される。

図11、[予定表]のアイコンをクリックすると、個人用の予定が表示される。
表示は、日、稼働日、週、月、今日に変更できる。

打ち合わせや会議などの予定を複数の人に通知することも可能だ。
入力した打ち合わせの日程は、送信した時点で通知相手の予定表に追加される(図12)。
通知相手に、[承諾]、[仮の予定]、[辞退]のいずれかを返信させることも可能だ(図13)。

図12、予定を作成するときに、[連絡先]で指定した相手に予定を通知できる。
[送信]を実行すると、予定表に日程が反映される。

図13、送信時に[返信を依頼する]にチェックを入れていた場合、
受信者は予定に参加するかどうかを選択して返信する。
[承諾]をクリックすると、
コメントを付けて返信したり、すぐに承諾の返信を送ったりできる。

Θ 連絡先を追加する。
Office 365の「連絡先」には、メールソフトでいうアドレス帳の役割がある。
Office 365では、管理者が作成する[共有連絡先]と(図14)、
個人で作成する[個人用の連絡先]の2種類の連絡先を登録できる。
共有連絡先はユーザー全体で使用することができるので、取引相手など、
固定の連絡先を登録しておくとよいだろう。
登録した連絡先は、メール送信のほか、
オンライン会議サービスの「Skype for Business」でも利用できる。

図14、共有連絡先は、[Office 365管理センター]の画面から作成する。
ユーザーは連絡先を使用することはできるので、
共通の連絡先はあらかじめ登録しておくとよい。

ユーザーは、[連絡先]のアイコンをクリックし、
[ディレクトリ]を選択することで共有連絡先を確認できる(図15)。
一方、[個人用の連絡先]は、
メールソフトのアドレス帳を作成するように個人が閲覧、管理できるものだ。
常に複数の相手に送信する場合は、連絡先リストを作成して複数の連絡先を登録することもできる。

図15、[個人用の連絡先]を表示するには、Office 365の[連絡先]のアイコンを選択する。
常に複数のアドレスに送信する際は「連絡先リスト」を作成することも可能だ。

今回は、Office 365のサインイン時の画面や管理者画面、
[メール]や[予定表]、[連絡先]の機能を紹介した。
メールと予定表、連絡先はExchange Onlineの機能を利用しているが、
導入時にサーバー運用の高度な設定をせずに使用できるクラウド版のサーバーは、
忙しいシステム管理者にとっては強い味方になるかもしれない。

管理者が操作する「Office 365管理センター」や導入時の確認事項などは、
あらためて本連載でも紹介していく予定だ。

※ 次回は、(2)が、終わりですので、、、
(3)コミュニケーション機能を活用する。1〜5
1、Office 365には社内のコミュニケーションを円滑にする手段として、、、。です

  
 

題名:図13、図14、  名前:“ た ぬ き ” 2017/09/21(木) 15:27 No.13948  HomePage

13948の画像を原寸大表示します 図13、図14、
  
 

題名:図3、  名前:“ た ぬ き ” 2017/09/22(金) 17:36 No.13953  HomePage

13953の画像を原寸大表示します 図3、
  
 

題名:図15、  名前:“ た ぬ き ” 2017/09/21(木) 15:28 No.13949  HomePage

13949の画像を原寸大表示します 図15、


題名:中堅・中小企業のためのOffice 365入門。(1)〜(14) 
名前:“ た ぬ き ” 2017/09/21(木) 00:22 No.13943  HomePage


13943の画像を原寸大表示します (2)Office 365で利用できるサービス−初期設定、メール編。1〜5

4、Office 365でメールを利用する。

Office 365のメールボックスは、Microsoft Exchange Serverのクラウドサービス版である。
「Exchange Online」を利用している。管理者によるExchange Serverのインストールは不要だ。
メールボックスは、Exchange Online上に作成される。
パソコンにインストールしたOutlookからアクセスしてもよいし、
Internet ExplorerなどのWebブラウザーからクラウドサービス版の、
Outlookである「Outlook Web App」を利用してもよい。

Office 365のプランでは、デスクトップ版のOutlookを使用する場合でも、
Exchange Onlineのメールボックスを読み込んで使用する。
これにより、クラウド版のOutlook Web Appとデスクトップ版のOutlookは同期される。
デスクトップ版のOutlookでは、Office 365で使用しているアカウントのほかに、
クラウド版ではないExchange ServerやSMTP/POP3などのメールサーバーのアカウントを登録できる。

画面の指示に従ってインストールを行えば、デスクトップ版のOutlookが利用可能になる。
Exchange Onlineのメールボックスにアクセスしているため、
既にメールなどのやり取りをOutlook Web Appで行っている場合は、
その環境を引き継いだ画面になる(図8)。

図8、デスクトップ版のOutlookも、そのWeb版であるOutlook Web Appも、
Exchange Onlineにある同じメールボックスを利用する。

Outlook Web AppはWebブラウザーだけで使えてOutlookのデスクトップ版は不要なので、
会社以外の場所からアクセスしやすい。外回りが多い営業なら、
外出先からメールの対応ができるのは大きなメリットだ。
Outlook Web Appでメールを使用するには、
Office 365にサインインし、[メール]のアイコンを選択する(図9)。

図9、基本となるメールは、Office Onlineの「Outlook Web App」で操作可能。
クラウドサービス版のメールなので、会社以外の場所から自由にアクセスできる。

スマートフォンのメールクライアント機能にも、Exchange Onlineを利用可能なものがある。
マイクロソフトは、iPhoneの「Outlook」など、
スマートフォン用のOutlookアプリも配布している(図10)。

図10、Windows PCだけでなく、スマートフォンやタブレットなどからもアクセスできる。
上図はiPhone用アプリ「Outlook Web App」の画面。
メールはExchange Onlineに保存されているので、
複数のデバイスから同じメールを確認できる。

※ 次回は … 5、組織で使える予定表も提供。です

  
 

題名:図9、  名前:“ た ぬ き ” 2017/09/21(木) 00:23 No.13944  HomePage

13944の画像を原寸大表示します 図9、


題名:ネットワークの素朴な疑問。(1)〜(5) 
名前:“ た ぬ き ” 2017/09/21(木) 09:52 No.13946  HomePage


(1)インターネットは何のために作った? 1〜2

2、インターネットの資源(リソース)とは。

IPアドレスやドメイン名などのこと。
これらの重複を防ぐために、インターネットではIANA▼が一元的に管理する。
IANAの資源管理の権限は2016年9月30日まで米国政府との契約に基づいていた。
前述したようにインターネットの原型は米国の資金で開発されたからだ。
米国政府はこの監督権を2016年10月1日に手放し、
民間の非営利法人であるICANN▼を中心とした「インターネットコミュニティ」にその機能が移された。

インターネットの資源が一元的に管理されている一方で、
ネットワーク自体は一元的な管理は行われていない。
インターネットは別々の団体がそれぞれ独立して運用するネットワーク▼が、
数珠つなぎのような形でつながっている。
あるサーバーと通信するときには、パケットは複数のネットワークを順番にたどってゆく。
インターネットを構成するネットワークは、企業や大学、ISP▼などによって運用されている。

▼ IANA
Internet Assigned Numbers Authorityの略。
▼ ICANN
Internet Corporation for Assigned Names and Numbersの略。
▼ 独立して運用するネットワーク。
このようなネットワークを自律分散ネットワークという。
あるネットワーク内部の構成の変更について、
他のネットワークは関知しなくてもよいため、ネットワークの成長が全体の管理に制限されない。
これが、インターネットがここまで普及した理由の一つである。
▼ ISP
Internet Service Providerの略。

※ 次回は、(1)が、終わりですから、、、
(2)ダークウェブって何? 1〜1
1、Google Chromeなどの一般的なWebブラウザーで、、、。です

  
 

題名:図10、  名前:“ た ぬ き ” 2017/09/21(木) 00:23 No.13945  HomePage

13945の画像を原寸大表示します 図10、


題名:中堅・中小企業のためのOffice 365入門。(1)〜(14) 
名前:“ た ぬ き ” 2017/09/19(火) 17:42 No.13940  HomePage


13940の画像を原寸大表示します (2)Office 365で利用できるサービス−初期設定、メール編。1〜5

3、ユーザーがOffice 365にサインインすると、
管理者と同様にデスクトップ版Officeのインストールと、
Office Onlineのアイコンが表示された画面が表示される。

ユーザーのアイコンに、
自分の写真や好きな画像を設定したり、テーマやスタート時に表示される画面を変更したりできる。
ただし名前や連絡先といった固定の情報を変更できるのは、アクセス権限のある管理者のみだ。
デスクトップ版のOfficeが含まれているプランであれば、最新バージョンの、
デスクトップ版Officeを、ここからダウンロードしてPCにインストールできる(図6)。
初期設定では、32ビット版のOfficeがインストールされるように設定されている。
64ビット版のOSを使用しているなら、64ビット版のOfficeに、
変更してからインストールする(注:2015年10月中旬の執筆時点において)。
また、既にPCにインストール済みのOfficeも、
Office 2007以降のバージョンであれば、Office 365と連携させられる。

図6、64ビット版のOSを使用しているなら、
64ビット版のOfficeがインストールされるように設定を変更しよう。
[デスクトップセットアップ]からは、
既にインストールしているOfficeとOffice 365を連携させることができる。
最新のOffice 2016のバージョンがインストールできるようになった。

管理者はユーザーに、「アカウント情報」という画面表示の確認方法を覚えてもらうとよいだろう。
ここに、利用できるソフトウエアやサービスが一覧表示されており、
従業員からの「このソフトやサービスは使えるか?」という問い合わせを減らせる(図7)。

図7、Office 365の画面で表示されるアイコンの画像やテーマを変更できる。
[アカウント情報]の[割り当て済みのライセンス]では、
現在Office 365のどのサービスを利用できるかを確認できる。

※ 次回は … 4、Office 365でメールを利用する。です

  
 

題名:図7、  名前:“ た ぬ き ” 2017/09/19(火) 17:43 No.13941  HomePage

13941の画像を原寸大表示します 図7、


題名:ネットワークの素朴な疑問。(1)〜(5)  
名前:“ た ぬ き ” 2017/09/20(水) 16:31 No.13942  HomePage


13942の画像を原寸大表示します (1)インターネットは何のために作った? 1〜2

1、インターネットは元々軍事技術だった──。

こう考えている人は少なくないだろう。
この説明に根拠がないわけではないが、あまり正確ではない。

インターネットの原型となるアイデアがアメリカの研究者達の間で発案され、
それを実現するための予算として、
米国防総省高等研究計画局(ARPA、現在はDARPA)の資金が使われた。
こうして誕生したネットワークが「ARPANET▼」である。
当初四つの組織をつないだARPANETが拡大され、今のインターネットへ発展した。

画1、ARPANETのパケット交換機。
ARPANETで使われたパケット交換機「IMP」(Interface Message Processor)。

ARPAが関わっていたために軍事技術だといわれることがあるが、
ARPAは多くの研究プロジェクトに資金を提供している。すべてが軍事目的というわけではない。
インターネットもこのような多くの研究の一つとして生まれたにすぎない。

このインターネットの運用は、
「技術の標準化」「資源管理」「ネットワークの管理」の三つの視点で答える必要がある。

技術の標準化は、インターネットで世界中の人々が通信するために必要だ。
インターネットにつなぐ全員が同じ通信方式を使わなければならない。
この標準化作業はIETF▼が行っている。
IETFには世界中のエンジニアが参加し、新しい技術の提案や改良について議論している。
ここで合意された方式が世界中のインターネットで利用される。

▼ ARPANET
Advanced Research Projects Agency Network の略。1960年代に開発された。
▼ IETF
Internet Engineering Task Force の略。

※ 次回は … 2、インターネットの資源(リソース)とは。です


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 1
07/04 () 1
06/29 (月) 1
06/17 (水) 1
06/16 (火) 1
06/14 () 1
06/05 (金) 1
合計: 12749

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web