現在選択されている記事は以下のとおりです。


題名:「モバイルライフ」 応援日記。(1)〜(75) 
名前:“ た ぬ き (1) ”
2018/12/02(Sun) 10:14 No.15655  HomePage


15655の画像を原寸大表示します (20)Windows 10 Mobileスマホに必須のアプリ15選。1〜4

4、ナビゲーション系のアプリも導入しています(図12、13)。

図12、Googleマップのクライアントアプリ「gMaps Pro」。
以前のWindows Phoneの内蔵地図アプリが使い物にならなかったので必須アプリでした。
現在は内蔵アプリ「マップ」の使い勝手も改善されていますが、
gMaps Proの表示の速さや移動速度の表示機能などが便利なため継続して利用しています。
図13、ジョルダンの「乗換案内」。
WindowsらしいUIで使いやすくなっています。

Θ ネット関連アプリとして、メールとRSSのアプリを導入しています(図14、15)。

図14、メールアプリ「Mail.ru」。
内蔵のOutlookメールがテキストメール形式に対応していないため、
メールの送信はこのアプリを使用。
図15、Feedlyの互換アプリ「Phonly」。
RSSを取得して、ホームページ情報を一覧表示できます。

Θ 最後にゲームアプリです(図16)。

図16、人気の定番ゲーム「AngryBird」。
Windows Phoneに当初から対応しており、現在もバージョンアップが行われています。
「STAR WARS」バージョンもリリースされました。

以上、15本のアプリでした。
これらのアプリと内蔵アプリを組み合わせることで、
Windows 10 Mobileが実用に耐えるようになりました。
ストアのアプリの数は、iOSやAndroidと比較すると、
まだまだ少ないため、選択肢は狭いですが、実用的なアプリがそろっています。

個人的には、マルチメディア系のアプリとして、
HuluやAmazonビデオ、dTVなど、動画サービスアプリのリリースを期待したいです。
また、電子書籍アプリのKindleは、海外のAmazon.com対応のものしかないため、
国内のKindle書籍が読めるようになってほしいと感じています。
また、マクドナルドやローソンのクーポンアプリもあると便利ですね。

余談ですが、内蔵アプリのOutlookメールやFacebookに関しては、
残念ながら完成度が今ひとつのため、標準ブラウザー「Edge」の、
ショートカットをホーム画面に置いておき、アプリではなく、Edgeから利用をしています。
Androidの登場当初も、アプリが充実しておらず、このようにブラウザー経由でメールや、
ソーシャルサービスを使っていた時期もありましたので、OS登場初期によくある対応方法です。
今後のWindow 10 Mobileアプリの機能向上に期待したいです。

※ 次回は、(20)が、終わりましたから・・・
(21)10年目のMacBookになんと真冬の熱暴走事件発生! 。1〜3
1、寒い時期に意外な事件が起きました。なんと熱暴走です。です



この記事を修正するには投稿時に入力したパスワードを入力し実行ボタンを押します。 [説明]

処理:  記事No:  パスワード: