まさよの掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色

題名:〇 中堅・中小企業のため の Office 365 入門。(1)〜(20) 
名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/24(火) 12:03 No.15090  HomePage 操作


15090の画像を原寸大表示します (12)第12回 Office 365導入時のメリットを確認する(セキュリティ編)。1〜4

1、社員や取引先企業などの情報をデータ化してPCで処理する時代になった。

クラウド化が進み、
それらをクラウドといったネットワーク上に保存しておく企業も多くなってきているだろう。

セキュリティを安全に整えることはとても重要だが、
常に最新のウイルスや脆弱性の攻撃などに備えることは、IT管理者にとって難しい問題だ。
特に他の業務と兼務している場合などは、なおさらである。

情報処理推進機構(IPA)が発表した「情報セキュリティ10大脅威 2017」では、
組織の脅威として以下の候補を挙げている(図1)。

図1、2016年の状況などから脅威を選出し、投票から順位付けをしている。
インターネットやメールを悪用した攻撃や情報の流出が占めている。

図1からも確認できるとおり、インターネットやメールに関連した脅威が上位を占めている。
特に、ランサムウエアというPCの画面をロックしたり、ファイルを暗号化したりして、
それを復旧させることと引き換えに金銭を要求するウイルスが増大した。

このランサムウエアは、
メールの添付ファイルや脆弱性を突いたWebサイトを閲覧することで感染するものだ。
防止するには、安易に添付ファイルやリンク先のURLを開いたりなどしないよう、
社員に教育を徹底する必要があるのに加えて、会社中のPCのOSやソフトウエアを、
最新の状態にしたり、セキュリティソフトを導入したりする必要がある。
IT管理者にとっては、作業負荷が著しい。
もちろん、万が一感染した場合、復旧させる作業の負荷は大変なものだ。

Office 365は、クラウドに特化したサービスである。
クラウドを使う上では、これらの脅威への対応は必須だ。
今回は、Office 365でどのようなセキュリティ対策を実施しているのかを確認してみよう。

Θ 情報セキュリティの脅威。
情報セキュリティの脅威は、物理的脅威、技術的脅威、人的脅威に大きく分けられる。
情報セキュリティ対策として、これらの脅威への対策は必須となる(図2)。

図2、情報セキュリティの脅威。

Microsoft社は、Office 365のセキュリティ対策の対象を、物理的セキュリティ、
ネットワーク、ホスト、アプリケーション、管理者、データの階層に分類し、
各階層に応じてセキュリティ対策へのアプローチをうたっている。
この多層防御を行うことで、ウイルス感染や情報流出などを防ぎ、
重要な情報を保護するためのセキュリティ対策をとっている。

※ 次回は … 2、物理的なセキュリティ対策。です

  
 

題名:図2、  名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/24(火) 12:07 No.15091  HomePage 操作

15091の画像を原寸大表示します 図2、


題名:◎ I T 「 コンピュータ や インターネット に 関連する技術 」 。(1)〜( 2 ・ 3 ・・・ )。 
名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/23(月) 22:49 No.15088  HomePage 操作


15088の画像を原寸大表示します (31)驚きの変形キーボードを搭載したPORTABOOK登場。1〜5

2、持ち運びに関しては Let's note とほとんど引き分けか、
もしくは鞄が膨らむという意味では負けている。

それでいて、液晶が8型と12.1型という差があるのだから困る。
まあ、高価なLet's noteと比べるから分が悪いというのかもしれない。

だが、2万円台で売っている8型のWindowsタブレットに、
4000円くらいの外付けの折り畳みキーボードを持ち歩いても600グラム程度なのに収まる。
しかも、鞄の中ではるかに場所を取らず、安上がりだ。後述する拡張性の違いなどがあるとはいえ、
PORTABOOKのこのサイズでは、なんとも魅力に欠ける。

ただし、本体の質感はなかなか良い。
開発者は、もしかしたら昔のThinkPadのファンだったのではないかと想像する。
全体がつや消し黒で、天板の手触りは、ちょっとピーチスキンの風合いなのだ。
高級とまでは言わないが、十分に満足できるだろう。
キーボードには剛性を高めるためか、アルミ合金が採用されている。
まあ、こんな作りをしていたら、重くなるのは当然だなと、そう感じさせる。

画1、ボディーカラーはつや消しの黒。表面の質感は悪くない。

画2、背面部分のコネクターは普段フタをされていて、見苦しくないように考えられている。

Θ キーボードのギミックはすごいが面倒だ。
さて、「スライドアークキーボード」と呼ばれる回転式の機構がなかなか面白い。
普段は真ん中から分かれている2つのパーツを回転させると、1枚の大きなキーボードになるのだ。
単なる回転ではなく、弧を描くように回すことでぴったりと組み合わせられる。

しかも、キーボード、
途中から分割されているにもかかわらず、1つひとつのキーサイズがほとんど同じだ。
この手のキーボードは、折り畳むために配列がおかしくなったり、
キーの大小がイレギュラーになるケースが少なくない。
このキーボードは非常によくできていると思う。

※ 次回は … 3、ただ、使うたびにいちいち回転させ、
収納する際にもまた回転させるのがとても面倒だ。です

  
 

題名:画2、  名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/23(月) 22:51 No.15089  HomePage 操作

15089の画像を原寸大表示します 画2、


題名:〇 中堅・中小企業のため の Office 365 入門。(1)〜(20) 
名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/23(月) 15:14 No.15087  HomePage 操作


15087の画像を原寸大表示します (11)第11回 Office 365導入時のメリットを確認する(Office編)。1〜4

4、Office展開ツールでOfficeをカスタマイズ。

最新のOffice 365は、アプリケーションを選択してインストールするのではなく、
すべてのアプリケーションがインストールされる仕様になっている。
これは、Office 2013から「クイック実行(C2R)」という形式が標準になっているためだ。

Wordだけ、Excelだけといった一部のアプリケーションをインストールしたい場合は、
「Office展開ツール(ODT)」を使えば対応も可能だ。
ただし、Office展開ツールは、バージョンに適したものをダウンロードする必要があり(図10)、
構成ファイルを変更したり、コマンドプロンプトを使って実行するなどの操作が必要になってくる。
また、Officeのプランによって対応できない場合もあるため、詳しくないユーザーにはお勧めできない。

Officeのカスタマイズが必要な場合は、
マイクロソフトが提供するチャットなどのサポートを利用して、事前に確認しておこう。

図10、Office展開ツール。バージョンに適したものをダウンロードする必要がある。

※ 次回は、(11)が、終わりましたので、、、
(12)第12回 Office 365導入時のメリットを確認する(セキュリティ編)。1〜4
1、社員や取引先企業などの情報をデータ化してPCで処理する時代になった。です



題名:◎ I T 「 コンピュータ や インターネット に 関連する技術 」 。(1)〜( 2 ・ 3 ・・・  
名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/22(日) 16:20 No.15085  HomePage 操作


15085の画像を原寸大表示します (31)驚きの変形キーボードを搭載したPORTABOOK登場。1〜5

1、文具だけでなく、さまざまなデジタルガジェットを、
発売しているキングジムが、また面白い製品を発表した。

「PORTABOOK」(ポータブック)は、
キーボードがスライドするギミックを持った驚きのパソコンだ。

まあ、僕としてはキングジムがWindowsパソコンを開発したこと自体が驚きなのだが、
当然、これは過去にポメラをヒットさせた経緯があっての製品であろう。
さっそく借用することができたのでレビューしていこう。

さて、箱から取り出した本体は、思ったよりもずいぶんと大きかった。
8インチの液晶に折り畳みキーボードと聞くと、8インチのタブレットを想像してしまう。
薄くてコンパクトなタブレットはそれなりに人気がある。

ところがだ、箱から取り出した本体は、ポータブルCDプレーヤーのようなサイズだ。
830グラムという重量も気になるところだが、何より大きさを感じさせるのが、
34ミリの厚さだ。携帯ノートの中でも、
特に分厚いと言われている「Let's note」よりもさらに高さがあるじゃないか。

■ PORTABOOK
ディスプレイサイズ:8型液晶
本体サイズ:幅204×奥行き153×厚さ34ミリ、重さ:830グラム

■ Let's note SZ
ディスプレイサイズ:12.1型液晶
本体サイズ:幅283×奥行き203×厚さ25ミリ、重さ:929グラム

画1、とてもパソコンとは思えないのは分厚いからだろう。

画2、「Let's note」と比べても厚さで上回る。

Θ 鞄の中で場所を取るし持ちづらい。
上の比較を見てもらえば分かるように、厚さはかなりのもので、実はさほど軽くない。
仕事で使う鞄に入れると大いに場所を取るのだ。
また、書類と一緒に小脇に抱える際も、厚すぎて負担を感じる。

※ 次回は … 2、持ち運びに関しては Let's note とほとんど引き分けか、
もしくは鞄が膨らむという意味では負けている。です
.

  
 

題名:画2、  名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/22(日) 16:22 No.15086  HomePage 操作

15086の画像を原寸大表示します 画2、


題名:〇 中堅・中小企業のため の Office 365 入門。(1)〜(20) 
名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/22(日) 10:18 No.15082  HomePage 操作


15082の画像を原寸大表示します (11)第11回 Office 365導入時のメリットを確認する(Office編)。1〜4

3、Officeのバージョン管理が簡単に。

Office(Windows版)は、
サポート対応しているものでは、2007、2010、2013、2016というバージョンが存在している。

バージョンによって多少の違いや新機能、強化された機能もあり、
初心者が操作するのは難しい。ファイル共有で支障がでる場合もあるだろう。

バージョンによってサポートしていない機能が異なるなどの理由で、
IT管理者が完全にサポートするのは難しいだろう。
Office 365では、バージョンを一元管理できる。
バージョンアップする場合でも、多くのPCに一斉に対応できるので管理しやすくなる。

最新のOfficeは2016だが、業務の関係や一部の互換性の問題から、
すぐに最新のOfficeが使えない場合もあるだろう。
その場合は、Office 2013をインストールできるようになっている(図7)。

図7、Office 2013をインストールしたい場合は、「その他のインストール」を選択。
画面下側の「2013アプリを含む……」の「インストール」を選択すればよい。

また、もっと古いOffice 2010を使いたい場合は、そのままPCに残しておけば共存できる。
必要な場合は、アンインストールせずに残しておくことをお勧めする(図8)。

図8、Office 2010はアンインストールせず、
そのまま残して、Office 365を使って2016をインストールした。
「スタート」ボタンから両方のバージョンが共存していることがわかる。

Θ データ保管場所も安心。
最近はノートPCなどに、SSD(Solid State Drive)という、
フラッシュメモリを用いた記憶装置を使用したノートPCが多くなってきている。
読み書きが高速なため、圧倒的に起動や動作が速い。
ただし、保存容量が足らなくなりやすいというデメリットもある。

また、PCが故障したときにバックアップを用意していない場合は、復旧には時間を要する。
兼務をしているIT管理者にとっては、業務に支障をきたしかねない。

これらを防ぐためには、
ストレージサービスの1つの「OneDrive」に、データを保存するとよいだろう。
社外からもアクセスできるため、急に必要になったときなどにも、すぐに対応が可能だ。

最新のOfficeでは、初期設定の保存フォルダーが、
「OneDrive」になっているため、操作しやすくなってきている。
ただし、OneDriveには、
無償版のOneDriveと有償のOneDrive for Businessの2種類があるため、
保存時には注意が必要だ(図9)。
Office 365では、図1のどのプランにもOneDrive for Businessが用意されている。

図9、Office 2016の場合、初期設定のファイルの保存フォルダーは、「OneDrive」だ。
この際、無料のOneDriveと、Office 365用のOne Drive for Businessが選択できる。

※ 次回は … 4、Office展開ツールでOfficeをカスタマイズ。です

  
 

題名:図8、  名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/22(日) 10:20 No.15083  HomePage 操作

15083の画像を原寸大表示します 図8、
  
 

題名:図9、  名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/22(日) 10:21 No.15084  HomePage 操作

15084の画像を原寸大表示します 図9、


題名:◎ I T 「 コンピュータ や インターネット に 関連する技術 」 。(1)〜( 2 ・ 3 ・・・ )。 
名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/21(土) 17:00 No.15081  HomePage 操作


15081の画像を原寸大表示します (30)[2016年の展望]アップルの快進撃は今年も続くのか。1〜4

4、2016年はSIMフリー製品がさらに売れる。

2016年は、格安スマホがますます売れるようになると思う。
高級なスマホは、iPhoneだけが生き残り、他はかなり苦しそうだ。
OSとハードウエアが別々に開発されているAndroidスマートフォンで、
市場を牽引するようなモデルは当面登場しそうにない。
すると、上位機と格安モデルの差が少なくなってくる。
「SIMフリーのスマホでも十分に使える」割合が、2016年はさらに大きくなる。
2万〜4万円で十分使える機種がますます増え、多くのユーザーを獲得するに違いない。
高級モデルが欲しい人の多くは、iPhoneを選ぶと言う図式は変わらないと思う。

恐らく登場するiPhoneの新モデルは、大きな話題になるはずだ。
総務省の指針で携帯電話の利用料金が下がる可能性が高いが、
やっぱりキャリアの利用料金は格安スマホにはかなわない。
値下げで逆に、格安スマホが注目されると僕は思っている。

携帯ノートにもSIM搭載モデルがどんどん増えていくはずだ。
僕は実際に使ってみて、その便利さと妥当な費用対効果で確信した。
もう今後は、SIMを搭載できない携帯ノートを買う気になれない。

2016年は、パソコンもスマホもコモディティー化が進むばかりになる。
恐らく大きなトピックはない。スマートウオッチも大ヒットすることはないだろう。

そんな中で、僕が注目しているのは、USB Type-Cだ。
MacBookは、外付けバッテリーでも簡単に充電できてしまう。
いよいよバッテリーを1つ持っていれば、
スマホ、タブレット、パソコンのどれにも充電できる時代がやってきそうだ。

ヘッドマウントディスプレイがヒットしそうな予感もある。
スマホと組み合わせたサムスンのGear VRは驚異的な完成度で、
他社も追随するだろう。アップルが出してきたら、大ヒットしそうだ。

画、左が格安スマホの「P8lite」(ファーウェイ)。
右の「iPhone 6s Plus」(アップル)と、
比べてもそんなに見劣りしない――と思う人が増えそうだ。

※ 次回は、(30)が、終わって、、、
(31)驚きの変形キーボードを搭載したPORTABOOK登場。1〜5
1、文具だけでなく、さまざまなデジタルガジェットを、
発売しているキングジムが、また面白い製品を発表した。です



題名:〇 中堅・中小企業のため の Office 365 入門。(1)〜(20) 
名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/21(土) 14:36 No.15079  HomePage 操作


15079の画像を原寸大表示します (11)第11回 Office 365導入時のメリットを確認する(Office編)。1〜4

2、Officeのインストール。

これまでDVD-ROMなどのメディアで提供されてきたOfficeだが、
最近はクラウド化が進み、インターネット経由のインストールで提供されている。

Officeの使用時は、プロダクトキーの入力の他に、「ライセンス認証制度」が必要になる。
PCなどの環境が変わった時に、メディアの場合は電話で認証を解除してもらう必要があった。
さらにメディアを紛失してしまって、
使用していないにも関わらずインストールできないといったトラブルも起こりうる。
IT管理者にとっては、これらの管理や作業は容易ではないはずだ。

Office 365では、
インターネット経由でOfficeをダウンロードし、インストールさせることが可能だ。
IT管理者が作業しなくても、ユーザー自身でダウンロードし、インストールができる(図3)。

図3、Office 2016のインストール画面。画面に従って操作すればインストールできる。

これまでは、インストールしたメディアをなくした場合、IT管理者はお手上げだった。
Office 365では、使用していない場合は、非アクティブ化することが可能だ(図4)。
非アクティブ化は、Officeのアンインストールと違い、Office自体は削除されない。
編集などの作業はできないが、印刷やファイル表示などができる。

図4、ユーザー自身がOfficeをインストールしているかどうかを確認できる。

管理者の画面からも、ユーザーがOfficeをアクティブ化しているかを確認できる。
使用していない場合は、管理者がこの画面から「非アクティブ化」できるので、
万が一のトラブルにも対応できそうだ(図5)。

図5、ユーザーがOfficeを使用しているかを確認する画面。
この部分にコンピュータ名が表示される。
使用していない場合は、「非アクティブ化」を選択すればよい。

ユーザー自身にダウンロードさせたり、
インストールさせるのが不安な場合は、管理者画面で設定を変更できる。
図6の画面では、Officeのダウンロードに加えて、更新の頻度変更も可能だ。

※ 次回は … 3、Officeのバージョン管理が簡単に。です

  
 

題名:図6、  名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/21(土) 14:37 No.15080  HomePage 操作

15080の画像を原寸大表示します 図6、


題名:◎ I T 「 コンピュータ や インターネット に 関連する技術 」 。(1)〜( 2 ・ 3 ・・・ )。 
名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/20(金) 21:35 No.15077  HomePage 操作


15077の画像を原寸大表示します (30)[2016年の展望]アップルの快進撃は今年も続くのか。1〜4

3、Windows 10は素晴らし過ぎるがパソコンは先祖返り傾向。

Windows 8ほど酷評されたOSはこれまでになかった。
過去を振り返ると、不人気だったWindows Vistaは動作が重いために評判を落としていた。
ところが、Windows 8は軽快に動いても評価されなかった。
やはり、タッチ中心のインタフェースが受け入れられなかったわけだ。

そこで、登場したWindows 10は、Windows 7までのインタフェースに近づいている。
いわば、先祖返りしつつ、タッチも可能なOSとなったのだ。

もう、ハードウエアメーカーとしては混乱の極みだろう。
Windows 8向けに登場したクラムシェル+タッチのモデルなど、もはや居所がまったくない。
もう、高価な2 in 1を買う理由もほとんど見当たらなくなってきた。

パソコンは、従来同様マウスとキーボードで利用するスタイルに先祖返りしつつある。
タッチできないシンプルなノートがどんどん増えているし、それでいいと思う。

ただし、Windowsタブレットは、安価なモデルや手書きの魅力で生き残っていくのだろう。

Windows 10は素晴らしいOSだと思う。
古いパソコンに入れても快適に使えてしまうからすごい。
軽快なWindows 10を使えば使いほど、
タッチは要らないと思えてくる。先祖返り傾向はますます強まりそうだ。

画1、普通のパソコンである「Let's note SZ」(パナソニック)。
あまりにも、普通過ぎて目立たないが、こんなモデルが再評価されていきそうだ。

画2、「Surface Pro 4」(マイクロソフト)も登場したが、
この手の2 in 1モデルより普通のパソコンの方が費用対効果には優れると、僕は思う。

※ 次回は … 4、2016年はSIMフリー製品がさらに売れる。です

  
 

題名:画2、  名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/20(金) 21:36 No.15078  HomePage 操作

15078の画像を原寸大表示します 画2、


題名:〇 中堅・中小企業のため の Office 365 入門。(1)〜(20) 
名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/20(金) 20:51 No.15075  HomePage 操作


15075の画像を原寸大表示します (11)第11回 Office 365導入時のメリットを確認する(Office編)。1〜4

1、「Office 365」は、代表的なグループウエア。

他のグループウエアと比較して決定となる大きなメリットの1つに、
統合オフィスアプリケーション「Office」の存在がある。
今回は、導入時のメリットとして、デスクトップ版の「Office」を紹介していく。

Θ Officeのライセンスについて。
デスクトップ版のOfficeを使用するには、DVD-ROMなどのメディアで提供されていた、
パッケージ製品から、Office 365のサブスクリプション契約で提供されるものなど、
いくつかのプランが用意されている。
なお、現在販売中のOffice 2016のパッケージ製品はカードを、
購入してインターネット経由でインストールしたり、ダウンロード版を購入する方法が主流だ。

図1では、永続ライセンス版のOffice 2016と、中小企業向けとされるサブスクリプション契約の、Office 365 Business、Office 365 ProPlusのプランを比較した。

1年で換算すると、サブスクリプション契約の場合、年間にかかる費用は永続ライセンスより安いが、
長期間継続して同じバージョンを使うなら永続ライセンスも捨てがたい選択肢だ。

複数のデバイスにインストールするケースがある場合は、1ユーザーあたりPCまたはMac「5台」、
それ以外にタブレットやスマートフォン用のOfficeもインストールが、
可能なOffice 365はコスト削減に役立つ。
Office 365サービスを利用するかどうかも考慮に入れて、判断するのがベストだ。

図1、中小企業向けのOffice 2016の永続ライセンスとOffice 365 Businessのプランを比較した。
※ 1:5つ以上のOfficeのライセンスを購入したい場合は、
別途ボリュームライセンスが用意されている。
※ 2:タブレットとスマートフォン用のOffice365のモバイルアプリ。
Word、Excel、PowerPointが利用できる。
※ 3:PublisherとAccessは、PC(Windows版)のみ。

Θ ライセンス管理。
最近は、ほとんどの有料のアプリケーションで、ライセンス管理が必要になってきている。
Office 365では、ライセンス管理の操作が簡単になっている。ライセンス数が表示されるほか、
他のPCで使いたい場合は一度解除して、
ユーザーアカウントを作成する際に製品のライセンスを付与できる(図2)。

図2、Officeのライセンスは、ユーザーの追加作成時に指定できる。後から変更することも可能だ。

※ 次回は … 2、Officeのインストール。です
.

  
 

題名:図2、  名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/20(金) 20:53 No.15076  HomePage 操作

15076の画像を原寸大表示します 図2、


題名:◎ I T 「 コンピュータ や インターネット に 関連する技術 」 。(1)〜( 2 ・ 3 ・・・ )。 
名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/19(木) 10:08 No.15072  HomePage 操作


15072の画像を原寸大表示します (30)[2016年の展望]アップルの快進撃は今年も続くのか。1〜4

2、僕も半年以上前に購入して使っているが、いまだにテンションは下がらない。

利用する度にうれしさを感じるのだ。
例えば、Windowsタブレットにキーボードを付けたパソコンも多く登場していて、
それらは拡張性を考えると、MacBookと近い立ち位置だろう。だが、完成度が数段違う。
MacBookの美しさを前にすると、ひれ伏すしかない。

外出先でMacBookを使うたびに、「やっぱりパソコンが便利だ」再認識している。
タブレットやスマホではだめな作業も少なくないのだ。

タブレットがパソコンに近づいた製品が、「iPad Pro」だ。
新しく登場した「Apple Pencil」も書きやすいのだが、
とにかく本体が重いのがネックで、従来のiPadと同様には使えない。
名前に「Pro」が付くことからも、学校や店頭で使うことを強く意識しているのかもしれない。
僕としては、大いに期待していただけに、ちょっと残念。あと200グラム軽くしてほしかった。
今のところは、ヒットと呼べるほど売れている様子はない。

iPad Proはまだ入手できていないが、
今後手に入れて長期間使い込む機会があったら、また別の形で報告しようと思う。

Apple Watchがヒットしていない以上、
アップルの苦しさは、次の大物が見つかっていないことだ。
iPhoneやMacなど、これまでの製品をブラッシュアップして売る期間が長くなりそうだ。

画1、「MacBook」(アップル)は素晴らしい携帯ノートで、使うたびにテンションが上がる。

画2、大きな「iPad Pro」(アップル)だが、残念ながらさほどヒットせず。

画3、手書き機能は素晴らしいのだが、いかんせん重過ぎるし値段も高い。

※ 次回は … 3、Windows 10は素晴らし過ぎるがパソコンは先祖返り傾向。です

  
 

題名:画2、  名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/19(木) 10:09 No.15073  HomePage 操作

15073の画像を原寸大表示します 画2、
  
 

題名:画3、  名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/19(木) 10:10 No.15074  HomePage 操作

15074の画像を原寸大表示します 画3、

[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 1
07/04 () 1
06/29 (月) 1
06/17 (水) 1
06/16 (火) 1
06/14 () 1
06/05 (金) 1
合計: 12749

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web