まさよの掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色

題名:〇 中堅・中小企業のため の Office 365 入門。(1)〜(20) 
名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/19(木) 09:10 No.15068  HomePage 操作


15068の画像を原寸大表示します (10)第10回 Office 365 と G Suite を 比較する。1〜3

3、無料版を試してみる。

Office 365、G Suiteのいずれも無料試用版が用意されている。
どちらを使用するか迷った場合は、実際に使い勝手を試してみるとよいだろう。

Office 365は、無料で1か月使用できる。さらに課金の登録をすることで、1か月だけ延長できる。
ドメインを必要とするサービスを使用する場合は、独自ドメインの使用も可能だ。
ドメイン名とは、インターネット上の住所を示すもの。
たとえば、「http://www.xxx.co.jp」のxxx.co.jpの部分を指す。

Office 365は、専用のアカウントですぐに試用ができる。
単純に操作感を試してみたい場合は、気軽に使ってみよう(図3)。

図3、Office 365の無料試用版は、用意された専用のアカウントを作成することで利用できる。

一方、G Suiteも無料で30日間の試用が可能だ。ただし、試用期間を延長することはできない。
また、利用時には、ドメイン名の取得が必須になる。
ドメインを用意してから、無料版を試すことになる。

ドメインを持っていない場合は、G Suiteの無料試用版の登録途中で購入できる。
ただし、ドメイン設定についての知識があまりない場合は、
Googleアドバイザーの電話サービスを利用した方が賢明だ。
今使用しているドメインを、そのまま使用することもできる(図4)。

図4、G Suiteの無料試用版は、独自のドメインが必要になる。
既に利用しているドメインを使うことも可能だ。
設定に関して不安な場合は、Googleアドバイザーを利用した方がよいだろう。

まずはそれぞれ操作感を、管理者、ユーザーの立場で試してみるとよいだろう。
無料試用版では、Office 365は25人、G Suiteは10人であればユーザーを追加できる。

試用期間終了後は、使用できなくなるが、一定期間データが保持される。
この期間内に、導入を検討してみるのがベストだ。

また、導入にあたっては、それぞれ電話で相談することができるので、積極的に活用してみよう。

※ 次回は、(10)が、終わりましたから、、、
(11)第11回 Office 365導入時のメリットを確認する(Office編)。1〜4
1、「Office 365」は、代表的なグループウエア。です

  
 

題名:図4、  名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/19(木) 09:12 No.15069  HomePage 操作

15069の画像を原寸大表示します 図4、


題名:◎ I T 「 コンピュータ や インターネット に 関連する技術 」 。(1)〜( 2 ・ 3 ・・・ )。 
名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/18(水) 17:44 No.15067  HomePage 操作


15067の画像を原寸大表示します (30)[2016年の展望]アップルの快進撃は今年も続くのか。1〜4

1、2015年のIT市場で、最も目立ったメーカーはまたしてもアップルだった。

昨年は、WindowsとOfficeがメジャーアップデートしたのだが、
アップルの新製品群と比べると、とても影が薄かった。
まあ、Mac OSとiOSもそれぞれアップデートしたのだが、こちらも実はほとんど目立っていない。
もう、新しいOSが話題になる時代ではなくなったのかもしれない。

以前は、新OSが登場すると、対応する新しい製品も同時にリリースされて盛り上がった。
だが今や、OSと製品が一体化して魅力を打ち出さないと魅力を感じづらいようだ。
そういう意味もあって、マイクロソフトが「Surface」を投入してきているのだろう。

ただ、昨年のアップルは完全に成功したとは言いがたいと僕は思っている。
「iPhone 6s」シリーズは、間違いなく成功だろう。型番に「s」が付く、
いわゆるマイナーチェンジなので、外観の目新しさは少ないものの、順当にヒットしたと思う。

逆に、かなりハズしたのが「Apple Watch」だ。
僕個人としては、予想よりはいいと思っているし、
他のスマートウオッチがすべて周回遅れになったことは言うまでもない。
だが、アップルの新製品としては、ちょっと魅力に乏しい。
こういった意欲的な製品を投入したときには、最初はさほど話題にならなかったり、
世間の評価が懐疑的でも、最終的に世の中を変えるほどのヒットを飛ばすのがアップルのすごいところだ。
iPodやiPhoneが良い例だろう。

だが、今のところApple Watchにはその力はない。
つまり、使っているユーザーの評価が高くないと言うことだ。
理由はいくつか考えられるが、僕個人としては、
スマートウオッチというコンセプトそのものに無理があるような気もしてきた……。

今後に期待している。

画1、「iPhone 6s」シリーズと「Apple Watch」(いずれもアップル)。
2015年を代表する新製品だが、Apple Watchはイマイチ、ヒットしなかった。

Θ MacBookは素晴らしいがiPad Proは話題に乏しい。
「MacBook」は、ある意味で酷評された。
拡張性のなさや性能の低さがマイナスポイントだとされたわけだが、
僕は史上最高に美しいノートパソコンだと確信している。確かに、色々欠点もある。
だが、Macのラインアップにはその欠点を埋めるモデルがちゃんとと用意されているのだから、
そこは、ユーザーの選択だ。

※ 次回は … 2、僕も半年以上前に購入して使っているが、いまだにテンションは下がらない。です



題名:〇 中堅・中小企業のため の Office 365 入門。(1)〜(20) 
名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/18(水) 08:46 No.15066  HomePage 操作


15066の画像を原寸大表示します (10)第10回 Office 365 と G Suite を 比較する。1〜3

2、ただし、使い慣れたデスクトップ版のOfficeを利用したいなどの、
ニーズがある場合は、やはりOffice 365が適している。

PC以外にもインストールの必要がない「Office Online」を利用できることや、
PCやMac、スマートフォンなどの複数のOSやデバイスにOfficeをインストールできるのも、
大きな利点と言える。

この点は、自社に必要な機能や環境がどのようなものかを確認し、検討してみるとよい。

Θ プランの比較。
次に、Office 365とG Suiteのプランを比較してみたい。
主なプランは、図2(執筆時現在)のようになる。
Office 365は色々なプランが提供されており、ニーズに応じた機能を選んで利用できる。

今回は、主に中小企業向けの3つのプランを紹介した。G Suiteはシンプルな2つのプランだ。
BasicとBusinessの違いは、
ストレージの容量とアーカイブ機能などを持つ「Google Vault」機能があるかどうかだ。

図2、プラン の 詳細。

※ 価格は、いずれも税抜。
※ 1:メールボックス容量は、1ユーザーにつき5GB。
※ 2:Googleドライブと合わせて、1ユーザーにつき30GB。
※ 3:5人未満の場合は、Googleドライブと合わせて、1ユーザーにつき1TB。

プランの詳細は、下記のサイトで確認することができる。ぜひ参考にしてほしい。

Θ Office 365プラン紹介。
https://products.office.com/ja-jp/business/compare-office-365-for-business-plans
Θ G Suiteプラン紹介。
https://gsuite.google.com/intl/ja/pricing/

※ 次回は … 3、無料版を試してみる。です



題名:◎ I T 「 コンピュータ や インターネット に 関連する技術 」 。(1)〜( 2 ・ 3 ・・・ )。 
名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/17(火) 13:20 No.15065  HomePage 操作


15065の画像を原寸大表示します (29)VAIOからコンパクトな携帯ノート登場。1〜5

5、そこで、VAIOでは、専用のSIMを用意した。

プランはいくつかあるのだが、例えば、32GBのデータ通信ができるプランは本体と同時購入で、
1万1800円。利用できるのは1年間で、通信速度は200kbpsと150Mbpsを切り替えられる。
低速なモードは使い放題で、高速なモードは容量制限があるわけだ。
32GBを超えたら低速のみで使うか、新たにSIMを購入すればよい。
およそ月額1000円なのでコストとしては妥当だろう。

ただし、メリットがあるか否かは人によるだろう。
ずぼらな人が低速モードに切り替えないと1〜2カ月で容量を使い切り、
短期間で買い換えることになりそうだ。

200kbpsでは、メールチェックやWebの閲覧なら、少しストレスを感じながら利用可能だ。
しかし、YouTubeを見るのは非常に厳しく、
オンラインストレージのファイルをダウンロードするのも辛い。
まあ、格安SIMは色々と出ているので、
その中でパソコン向けの選択肢が増えたことはとてもよいと思う。
専用のユーティリティが用意され,モードを簡単に切り替えられるのも特徴の1つだ。

気になる本体の価格は11万4800円から。
樹脂性の本体や液晶の縦が狭い点などを考慮しても、なかなか割安感がある。
ただし、LTE搭載モデル以外はおすすめしない。
LTEを搭載し、高速なSSD(256GB)を選ぶと17万円を超える(税別)ので手を出しづらい。
しかし、このモデル以上でなければVAIO S11の本領を発揮することはできないのだ。

画1、通信速度切り替えユーティリティ。
このツールをインストールするとAPNの設定なども終わる。

※ 次回は、(29)が、終わりですから、、、
(30)[2016年の展望]アップルの快進撃は今年も続くのか。1〜4
1、2015年のIT市場で、最も目立ったメーカーはまたしてもアップルだった。です



題名:〇 中堅・中小企業のため の Office 365 入門。(1)〜(20) 
名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/17(火) 10:42 No.15064  HomePage 操作


15064の画像を原寸大表示します (10)第10回 Office 365 と G Suite を 比較する。1〜3

1、Office 365 は、クラウド版のグループウエアだが、
同様のクラウド版のグループウエアはいくつか存在する。

今回は、最も代表的なG Suite(Google Apps for Workから9月に名称変更)と比較してみよう。

Θ Office 365とG Suiteの機能。
これまで紹介してきたOffice 365は、Microsoftが提供するグループウエアだ。
対して、G SuiteはGoogleが提供しているグループウエアである。

G Suiteという名称は聞き慣れないかもしれないが、
これまで「Google Apps for Work」と言われていた名称を、9月に変更したものだ。
メールやストレージ、スケジュール機能などの下記のサービスを使用することができる(図1)。

図1、主なサービス一覧。それぞれに対応する機能が用意されている。
OfficeはMicrosoft社の製品だが、それに該当する機能はGoogleドキュメントだ。

上記のように、Office 365とG Suiteは機能が似通っている。

違いは、Office 365はプランによって、デスクトップ版のOfficeの、
アプリケーションをPCなどのデバイスにインストールすることができることだ。

G Suiteは、Officeに相当する「Googleドキュメント」をオンライン版で提供している。
表計算は「スプレッドシート」、
文書ファイルは「Google Docs」、プレゼンテーションの作成は「プレゼンテーション」だ。
G Suiteは上記のすべての機能をクラウド化しているため、
インストールの必要がなく、OSに依存しない。その点は管理しやすい。

※ 次回は … 2、ただし、使い慣れたデスクトップ版のOfficeを利用したいなどの、
ニーズがある場合は、やはりOffice 365が適している。です



題名:◎ I T 「 コンピュータ や インターネット に 関連する技術 」 。(1)〜( 2 ・ 3 ・・・ )。  
名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/17(火) 01:31 No.15062  HomePage 操作


15062の画像を原寸大表示します (29)VAIOからコンパクトな携帯ノート登場。1〜5

4、LTE内蔵はとにかく便利だ。

LTEを内蔵するのは、これからの携帯ノートではマストといえるだろう。
もちろん、テザリングでも通信はできる。
しかし、いちいち接続しなければならず、また、スマホの電池が早く切れるという問題も。
さらに、パソコンでの通信は容量が多くなりがちで、
データ通信容量の上限がすぐに来てしまうという課題もある。

画1、コネクターはちょっと微妙な構成だ。HDMIはぜひ欲しかった……。

画2、キーボードは、ピッチが17ミリを切っているので、やっぱり窮屈だ。

画3、タッチパッドは誤動作を防止する機能を拡充しており、確かに気持ちよく使える。

画4、液晶はアンチグレアで、これはビジネス向きとしては二重丸だ。

※ 次回は … 5、そこで、VAIOでは、専用のSIMを用意した。です

  
 

題名:画3、画4、  名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/17(火) 01:32 No.15063  HomePage 操作

15063の画像を原寸大表示します 画3、画4、


題名:〇 中堅・中小企業のため の Office 365 入門。(1)〜(20) 
名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/16(月) 18:11 No.15060  HomePage 操作


15060の画像を原寸大表示します (9)第9回 Office 365 Adminを利用する。1〜4

4、モバイル端末でユーザーを追加する。

モバイル端末でユーザーを追加するには、「ユーザー」を選択し、
画面右上にある「追加」をタップして「手動で追加」を選択。
表示された「ユーザーの追加」画面で、名前やアドレスを指定して追加する。
この画面では、Officeのライセンスを付与する設定も可能だ。

図7に、iPhoneからユーザーを追加する手順を示した。
追加したユーザーの情報は、Android、PCなどでも確認できる(図8)。
スマートフォンだけで管理作業ができるので、
急にユーザーを追加しなければならなくなった場合なども、ちょっとした移動時間に対応可能だ。

図7、iPhone(iOS)からユーザーを追加したところ。
[追加]をタップすると、手動入力かインポートするかを確認する画面が表示される。
今回は手動入力で設定した。

図8、iPhoneでユーザーを追加した後の画面。
AndroidやWindows PCからもユーザーが追加されたことがわかる。

IT管理者にとって、管理用アプリを携帯できる点は便利だが、
このアプリをインストールしたスマートフォンなどを紛失した場合は、
第三者に悪用される場合もある。
Office 365 Adminは、スマートフォンの管理に十分注意し、
セキュリティ対策をきちんと行ってから活用しよう。

※ 次回は、(9)が、終わりですから、、、
(10)第10回 Office 365とG Suiteを比較する。1〜3
1、Office 365 は、クラウド版のグループウエアだが、
同様のクラウド版のグループウエアはいくつか存在する。です

  
 

題名:図8、  名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/16(月) 18:12 No.15061  HomePage 操作

15061の画像を原寸大表示します 図8、


題名:◎ I T 「 コンピュータ や インターネット に 関連する技術 」 。(1)〜( 2 ・ 3 ・・・ )。 
名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/16(月) 16:03 No.15058  HomePage 操作


15058の画像を原寸大表示します (29)VAIOからコンパクトな携帯ノート登場。1〜5

3、本体は樹脂性でややチープ。

本体の素材は樹脂を採用している。
これは、金属を採用するとLTEやWi-Fiの電波に影響するというのが理由だ。
僕は金属製ボディーでLTE内蔵のLet's noteを利用しているが、特に電波が弱く感じたことはない。
ただ、VAIO S11と一緒に持ち歩いて、こちらの方が電波が強いようなら樹脂採用も正解と言うことだ。
そんな機会が得られたなら、結果はまたご報告しよう。

樹脂でも強化された強い素材を使っているとのことで、剛性感は低くない。
ただし、本体を裏返すと、シボ仕上げされた樹脂の質感が残念ながらチープだ。

また、剛性は確保されているとしても、金属らしい手触りの固さや冷たさは感じられない。
プレミアムなモバイルノートという印象をVAIOに持っている方にとっては、ちょっと残念な部分だ。

画1、本体の底面はちょっとチープだ。

Θ 拡張性はまだら模様。

コネクターはモバイルを強く意識していて、アナログVGA端子を搭載する。
プレゼンに使うモデルとしては、当然必須の端子だろう。
さらに、有線LAN端子を搭載するあたりも仕事での利用を考えてのことだ。

通常のUSB端子×2に加え、USB Type-C端子も搭載する。
USB Type-C端子でディスプレイにも接続できるわけだが、
HDMI端子がないのはちょっと矛盾していないだろうか?
利用する順位としては、VGAといい勝負だろう。
HDMIを利用するために、アダプターが必要になるのはいただけない。

性能は文句なしだ。CPUは、Core i3、i5、i7の3つから選択でき、
i5以上は第2世代のハイスピードSSDを搭載する。
体感上の処理速度は文句なしでテキパキと作業できる。
さすがにVAIO Zのコンセプトを継承するモデルだけのことはある。

画2、作業してみると、若干気になるのがキーボードだ。
16.95ミリのキーピッチは、タッチタイピングをしていてちょっと窮屈だ。
静音構造を採用しているので静かに作業できるのはいいが、
僕ならメールの返信程度に使うだろう。
長文入力には向いているとは思えない。

※ 次回は … 4、LTE内蔵はとにかく便利だ。です

  
 

題名:画2、  名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/16(月) 16:06 No.15059  HomePage 操作

15059の画像を原寸大表示します 画2、


題名:〇 中堅・中小企業のため の Office 365 入門。(1)〜(20) 
名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/15(日) 13:01 No.15056  HomePage 操作


15056の画像を原寸大表示します (9)第9回 Office 365 Adminを利用する。1〜4

3、管理用アカウントでサインインする。

インストールが完了したら、管理者用の権限を持つアカウントでサインインする。
サインイン画面はiOSとAndroidで多少異なるが、
いずれもサインインの最初の画面で管理者のメールアドレスを入力し、
次に表示される画面でパスワードを入力する(図3)。

図3、インストールが完了したら、管理者用のアカウント(メールアドレス)を入力して、
次に表示される画面でパスワードを入力すればサインインできる。

サインイン後、
最初に表示される画面も、iOS版とAndroid版で若干異なるが、機能はほぼ同じだ(図4)。
iOSの場合は、左上のアイコンをタップすれば、Android版と同様に提供機能名が一覧表示される。

図4、左画面iOS(画面はiPhone)、右画面はAndroid(タブレット)だ。
画面の解像度やOSによって見え方は異なるが、利用できる機能は基本的に同じだ。

アプリ画面の「メッセージ」では、Office 365のサービス更新内容や新機能などについての情報を、
メールと同じような見栄えの画面で確認できる。
基本は英語で表示されるので、すぐに情報を確認したい場合は少々手間取るかもしれない。

メッセージを常に日本語に翻訳して表示する設定も可能だ。アプリの[設定]→[言語]をタップし、
[メッセージの翻訳]をタップして常に翻訳されるように設定しておく(図5)。
ちなみに、PCから管理センターを表示した場合も、
メッセージを日本語に翻訳して表示する設定が可能だ。

図5、初期設定では、メッセージは英語で表示される。
日本語に翻訳されるようにしたい場合は設定を変更しよう。

アプリ画面の「正常性」では、
利用しているOffice 365のサービスが正常に稼働しているかどうかを確認できる。
正常に稼働している場合は緑色のチェックマークが表示されるが、
異常がある場合は黄色のアイコンで表示される。
この部分をタップすれば、現在、どのような状態になっているかを確認できる。
外出先でサービスが正常通りに動作しているか確認できる点で、利便性が高い機能だ(図6)。

図6、正常に稼働しているサービスは、その部分に緑色のチェックアイコンが表示される。
異常があるサービスは黄色のアイコンが表示される。画面はiPhoneのもの。

※ 次回は … 3、モバイル端末でユーザーを追加する。です

  
 

題名:図5、図6、  名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/15(日) 13:02 No.15057  HomePage 操作

15057の画像を原寸大表示します 図5、図6、


題名:◎ I T 「 コンピュータ や インターネット に 関連する技術 」 。(1)〜( 2 ・ 3 ・・・ )。 
名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/14(土) 16:09 No.15053  HomePage 操作


15053の画像を原寸大表示します (29)VAIOからコンパクトな携帯ノート登場。1〜5

2、最近は、使い勝手を考慮して、16対10もしくは3対2のモデルが増えているのだ。

11.6型で16対9だとかなり高さが足りなく感じるはず。
Webなどを見ていても、1画面で表示できる情報量が少な過ぎるのだ。
かといって、縮小表示をすると文字が小さくなり過ぎてしまう。

このクラスのノートを買うなら、「MacBook」と比較する人も少なくないだろう。
というより、VAIOは常にMacと比較される立ち位置にあるように思う。
拡張性が高いなどVAIO S11が勝っている点も少なくないが、外観は完敗だ。
薄くて格好が良いのは間違いなくMacBook。
画面の縦横比が16対10で12型、かつ2304×1440ドットの超高解像度液晶にも負けている。

VAIO S11の1920×1080ドットの液晶が、解像度が低いと言うつもりはないが、
使い勝手が悪く、またVAIOらしいプレミアム感も感じられない。

画1、「MacBook」とサイズはほとんど変わらない。

画2、ところが厚さや本体の質感は大きく負けている。

画3、画面の縦が狭いのも困りものだ。

※ 次回は … 3、本体は樹脂性でややチープ。です

  
 

題名:画2、  名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/14(土) 16:10 No.15054  HomePage 操作

15054の画像を原寸大表示します 画2、
  
 

題名:画3、  名前:“ た ぬ き (1) ” 2018/07/14(土) 16:11 No.15055  HomePage 操作

15055の画像を原寸大表示します 画3、

[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 1
07/04 () 1
06/29 (月) 1
06/17 (水) 1
06/16 (火) 1
06/14 () 1
06/05 (金) 1
合計: 12749

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web