まさよの掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色

題名:〇 中堅・中小企業のため の Office 365 入門。(1)〜(19) 
名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/25(月) 15:26 No.14964  HomePage 操作


14964の画像を原寸大表示します (3)第3回 コミュニケーション機能を活用する。1〜5

5、サイトを作成する。

ここまでは、最初から作成済みですべての社員が共有できるチームサイトに、
コンテンツを追加していくやり方を紹介した。
次は、部署やプロジェクト単位で情報を共有する方法を見ていこう。ここでは、
チームサイトにプロジェクトや部署ごとで使う「サブサイト」を追加していく方法を説明する。
サブサイトは共有するメンバーの範囲を指定できるため、限られた範囲での情報共有を実現できる。

サブサイトを作成するユーザーは、サイトを作成できる権限が必要だ。
管理者用の設定画面で、サブサイトの管理者に権限を割り当てておこう(図15)。

図15、コンテンツは誰でも追加できるが、サイトを作成するには権限が必要だ。
サイトを作成したい場合は、
管理者用の権限を持つアドレスでサインインし、サイトの権限を変更しておく。
フルコントロール、デザイン、編集のいずれかの権限が設定されていればよい。

サイトの作成直後にアクセス権を持っているのは作成した本人だけだが、
メンバーを登録することで、そのメンバーもアクセス可能になる(図16)。
作成したサイトには、チームサイトと同様にコンテンツを追加できる。
独自のスタイルを適用したり、ロゴを追加したりすることも可能だ。

図16、一例として、商品企画部のサイトを作成した。
サイトには登録したユーザーがアクセスできる。
既存のサイト同様にアプリを追加してコンテンツを作成することも可能だ。

作成したサイトにアクセスできるユーザーを登録するには、
[サイトの共有]をクリックして表示される画面で共有相手にメールを送信して、
作成したことを知らせる(図17)。
共有する相手によって、作業できるアクセス権の範囲を設定可能だ。

図17、作成直後は、サイト作成者のみがアクセスできる。
メンバーを追加すれば、そのサイトにアクセスできるようになるという仕組みだ。

サイトは、社内のOffice 365のユーザーと共有する以外に、社外のユーザーも参加させてもよい。
社外のユーザーに知らせるには、メールアドレスを直接入力する(図18)。
メールを受け取った相手は、リンク先にアクセスし、
Microsoftアカウントなどでサインインすることでサイトを確認できるようになる。

図18、外部のユーザーに対して共有する場合はメールアドレスを指定する。
メールのリンク先をクリックすると、
Microsoftアカウントなどでログインを促す画面が表示されるので、
ユーザーIDなどを入力するとサイトにアクセスできるようになる。

ここまで紹介してきたように、サイトを使えば情報共有やコミュニケーションの幅が大きく広がる。
手間のかかる管理も、一定の役職や担当者を設けてアクセス権を設定すれば、ある程度任せられる。

※ 次回は、(3)が、終わりですから、、、
(4)第4回 SNSの「Yammer」を活用する。1〜2
1、今回は、Office 365が備える、
SNS(Social Networking Service)の「Yammer」を紹介する。です

  
 

題名:図17、図18、  名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/25(月) 15:29 No.14965  HomePage 操作

14965の画像を原寸大表示します 図17、図18、


題名:◎ I T 「 コンピュータ や インターネット に 関連する技術 」 。(1)〜( 2 ・ 3 ・・・ )。 
名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/24(日) 14:34 No.14961  HomePage 操作


14961の画像を原寸大表示します (25)年末に向けて紙の書類をiPhoneで整理しよう。1〜5

2、書類の読み込みは簡単だがコツがある。

書類の読み込みは簡単で、画面に書類を表示するだけだ。
ただし、キレイに読み込むにはちょっとしたコツがある。
まず、書類と背景のコントラストが高くないと、うまく輪郭を抽出してくれない。
まあ、ほとんどの書類が白なので、黒や茶など、濃い色の背景に置くといいだろう。
また、書類に影が落ちると美しくないので、できれば明るい窓際で、
直射日光が当たらないところを、選ぶなど自分の環境で“撮影スポット”を探しておきたい。
Evernote Scannableは、
撮影時にはフラッシュを光らせることもできるし、シャッターも自動で切れる。
大量の書類を次々と読むなら、自動撮影がおすすめ。
しかも、3枚程度の用紙をある程度の間隔で並べておき、順次撮っていくと手っ取り早い。

画1、また、設定メニューで最近のデータをクラウドに保存する設定をオンにしておこう。

環境さえ整っていれば、案外うまく撮れるだろう。
手ぶれと影に気をつければ、スキャナーとしての役目は十分に果たしてくれるはずだ。
撮影後には、若干の修正機能が用意されていて、トリミングや回転は可能だ。
例えば、企画書の中からグラフだけを保存したいようなケースでは、
とりあえず撮影してから修正すると作業性がいい。
10枚程度の書類を撮影して、後で補正して保存する作業を繰り返すのがベターだ。

画2、撮影は多少斜めになってもかまわないが、影が映らないように気をつけたい。

画3、書類を並べて片っ端から撮っていく。ここでは、茶色のテーブルクロスの上で撮った。

※ 次回は … 3、一時保存機能を活用しよう。です

  
 

題名:画2、  名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/24(日) 14:35 No.14962  HomePage 操作

14962の画像を原寸大表示します 画2、
  
 

題名:無題  名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/24(日) 14:36 No.14963  HomePage 操作

14963の画像を原寸大表示します 画3、


題名:〇 中堅・中小企業のため の Office 365 入門。(1)〜(19) 
名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/24(日) 13:18 No.14958  HomePage 操作


14958の画像を原寸大表示します (3)第3回 コミュニケーション機能を活用する。1〜5

4、サイトにアプリを追加してコンテンツを作る。

Office365では、「アプリ」で機能を追加できる(図11)。
アプリを複数組み合わせて、コンテンツを構築していくことも可能だ。
サイトには、掲示板やタスクといった情報共有に便利なアプリを加えられる。
なお、アプリによっては、追加するために権限が必要な場合もある。

図11、アプリは、タスクや予定表、連絡先など豊富に用意されている。
アプリを追加すると、それを元にしたサイトコンテンツが作成される。
追加したアプリは、[サイトコンテンツ]で確認できる。

ここでは、サイトに追加可能ないくつかのアプリを紹介していく。

Θ タスクの管理。
タスクのアプリを使うと、やるべき内容を決められた日程や期限日で追加できる(図12)。
ガントチャート表示に変更して、タスク全体を時系列で確認することも可能だ。

図12、やるべきことを洗い出してプロジェクトやグループごとに管理できる。
ガントチャート形式に表示を変更すれば、
ひと目でそのタスクの状態が把握でき、進捗管理に役立つ。

Θ 掲示板を使った情報共有や意見交換。
掲示板のアプリは、チームサイト内での情報共有や意見交換に役立つ。
すべてのユーザーが確認可能なので、社内で知らせたい情報の共有に使える(図13)。
投稿した内容はいつでも確認できるので、
常にこの掲示板を見るように促せば、メールで送信するといった手間を省ける。
質問などの返信も可能で、最も良い返信や重要な意見などには「ベストリプライ」を付けられる。

図13、意見交換の場の掲示板。業務内容のほか、
社内コミュニケーションを高めるための情報交換としても活用できる。

Θ アンケートの実施。
アンケート用のアプリは、
質問の形式によって選択肢の種類を指定したり、分岐を指定したりできる(図14)。
アンケートに回答するには、
アンケートのサイトのトップ画面で[このアンケートに回答する]を選択して、質問に答えていく。
アンケート結果は、グラフで概要を表示したり回答ごとに確認したりできる。

図14、アンケートは、回答を入力させたり、選択肢から選ばせたりといった方法が、
あらかじめ用意されているので、指定するだけで簡単に作成できる。
結果は、概要をグラフで表示させることが可能だ。

※ 次回は … 5、サイトを作成する。です

  
 

題名:図12、図13、  名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/24(日) 13:20 No.14959  HomePage 操作

14959の画像を原寸大表示します 図12、図13、
  
 

題名:図14、  名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/24(日) 13:21 No.14960  HomePage 操作

14960の画像を原寸大表示します 図14、


題名:◎ I T 「 コンピュータ や インターネット に 関連する技術 」 。(1)〜( 2 ・ 3 ・・・ )。 
名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/23(土) 15:24 No.14955  HomePage 操作


14955の画像を原寸大表示します (25)年末に向けて紙の書類をiPhoneで整理しよう。1〜5

1、個人的には、控えている大掃除がかなり憂鬱だ。
ただ、最近では紙の資料をなるべく少なくしているので、
昔に比べるとずいぶん掃除も楽になっている。

ドキュメントスキャナーで読み込んで、書類をバンバン捨てるのが快感だ。
とはいえ、スキャナーを持っていない方も少なくないだろう。
また、本のように綴じてある書類は読み込めない。
そこで今回はiPhoneを使った書類整理方法を紹介しよう。
スキャナーアプリは数多くあるので、
単に機能を説明するだけなく、ちょっと便利な使い方も取り上げていく。

利用するアプリは「Evernote Scannable」(iOS、無料)だ。
また、Evernoteも利用するが、こちらも無料から利用可能なので、
まだアカウントを持っていない方は作成しておくとよいだろう。
複数のアカウントを作成し、書類管理用とメモで分ける手もありそうだ。
個人的には検索などが面倒なのでひとまとめにしているが、
無料とプレミアムを使い分けているユーザーも案外見かける。

Evernote Scannableは、
書類を撮影してスキャンし、Evernoteもしくはカメラロールに保存できる。
せっかくの書類スキャンなのだから、PDF形式でEvernoteに保存して管理していきたいところだ。
なお、Dropboxなどで管理したい場合のちょっとしたテクニックも最後に取り上げる。

画1、Evernote Scannable。

画2、Evernote Scannableを起動する。

画3、保存するEvernoteのノートブックを指定する。

※ 次回は … 2、書類の読み込みは簡単だがコツがある。です

  
 

題名:画2、  名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/23(土) 15:25 No.14956  HomePage 操作

14956の画像を原寸大表示します 画2、
  
 

題名:画3、  名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/23(土) 15:25 No.14957  HomePage 操作

14957の画像を原寸大表示します 画3、


題名:〇 中堅・中小企業のため の Office 365 入門。(1)〜(19) 
名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/23(土) 13:49 No.14953  HomePage 操作


14953の画像を原寸大表示します (3)第3回 コミュニケーション機能を活用する。1〜5

3、サイトで情報を共有する。

Office 365の「サイト」は、SharePoint Onlineを利用して作ったポータルサイトだ。
社員同士の情報共有やコミュニケーションに使える。
複数のユーザーをグループ化して、
グループ独自の掲示板やアンケートなどのサイトを作成し活用していくことも可能だ。
基本的には社内ユーザーが使うものだが、招待することで社外のユーザーも参加できる。

初期設定では、すべての社員がアクセスできる「チームサイト」と呼ぶサイトが、
あらかじめ用意されており、ライブラリやアプリなども利用可能になっている(図7)。
忙しいIT管理者にとって、一から作成していく必要がないのは魅力的だ。

図7、チームサイト内にドキュメントや掲示板、タスクなどのコンテンツを追加できる。
部署やプロジェクトのメンバーに限定したサブサイトを追加することも可能である。

Office 365では、部署やプロジェクトごとの「サブサイト」の追加なども可能だ。
追加したサブサイトのそれぞれに管理者の権限を割り当てられる。
そのため、細かいカスタマイズなどであればOffice 365管理者が作業する必要もなく、
多少は手間も軽減されるはずだ。

まずは、あらかじめ用意されている「チームサイト」を確認してみよう。
チームサイトの画面は、図8に示したようになっている。
この画面から、コンテンツを追加したりメッセージを投稿したりできる。

図8、すべての社員が確認できるチームサイト。
トップ画面ではメッセージの投稿やコンテンツ追加のためのアイコンが用意されている。

サイドのメニューからは、OneNote Onlineが利用できる、
[ノートブック]やチームサイト用のドキュメントフォルダーを選択できる。
以下では、これらの初期状態で用意されているものを紹介していく。

Θ メモの共有。
メモの共有は、[ノートブック]機能が役立つ(図9)。
この機能を使うとOneNote Onlineが起動し、アイデアなどのメモを共有できる。
メモに新しい項目を追加するには、[セクション]をクリックする。
デスクトップ版のOneNoteがインストールされていれば、そちらで作業をすることもできる。

図9、[ノートブック]で表示されるOneNote Onlineの画面。
アイデアを共有したり、メモなどを記録したりできる。
デスクトップ版のOneNoteがインストールされていれば、そちらで作業することも可能だ。

Θ ファイルの共有。
チームサイトの[ドキュメント]は、ファイルサーバーのように新規作成した、
ファイルやアップロードしたファイルを共有できる機能だ(図10)。
ここで保存したファイルは、チームサイトのトップ画面にある[ドキュメント]からも確認できる。

図10、[ドキュメント]で表示される画面。[新規作成]をクリックすると、
WordやExcelなどのファイルをOnline版から新規作成して保存できる。
作成したファイルをアップロードすることも可能だ。

※ 次回は … 4、サイトにアプリを追加してコンテンツを作る。です

  
 

題名:図9、図10、  名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/23(土) 13:50 No.14954  HomePage 操作

14954の画像を原寸大表示します 図9、図10、


題名:◎ I T 「 コンピュータ や インターネット に 関連する技術 」 。(1)〜( 2 ・ 3 ・・・ )。 
名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/22(金) 22:44 No.14951  HomePage 操作


14951の画像を原寸大表示します (24)効果大! 本格ゲーム用キーボードなら生産性向上もバッチリ。1〜4

4、ショートカットを登録できる。

キーボードの左端に「G1」から「G6」までのキーが並んでいる。
さまざまなショートカットが割り当てられるカスタマイズ可能なキーだ。
さらに、左上にある「M1」〜「M3」までのキーでそれぞれ切り替え可能だ。
つまり、6×3種類の合計18個のショートカットが割り当てられるわけだ。

カスタマイズのために専用のソフトが用意されていて簡単に設定できる。
この機能がゲーム用に用意されていることは言うまでもないのだが、
実は、普通のアプリケーションにも役立つのだ。

標準で用意されているホットキーには、「コピー」「切り取り」「貼り付け」「やり直し」などが、
用意されるので、G1から順に割り当てておくとよいだろう。ExcelやWordでももちろん利用可能だ。

さらに、テキストブロック機能を使うと文字列の登録もできてしまう。
自分のメールアドレスや会社の住所などを登録しておけば、キー一発で入力できる。
これはとても便利だ。危険性はあるものの、パスワードもその気になれば登録可能。
使うかどうかは自己判断で、推奨はしないものの、登録しておけば大幅に手間は省けそうだ。

キーボードとしてはかなり高価だが、試用していてかなり欲しくなってしまった。
関心のある人は、店頭で一度チェックしてみることをおすすめする。
もちろん、仕事用としてで、だ。

画1、設定用の専用アプリはなかなか分かりやすい。

画2、Gキーに機能を割り当てられる。

画3、ショートカットキーを割り当てた。

画4、あらかじめホットキーが登録されているので、選んでいくだけで使える。
また、ここにない組み合わせにも対応する。

※ 次回は、(24)が、終わりましたから、、、
(25)年末に向けて紙の書類をiPhoneで整理しよう。1〜5
1、そろそろ年末の気配が漂ってきた。です

  
 

題名:画3、画4、  名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/22(金) 22:47 No.14952  HomePage 操作

14952の画像を原寸大表示します 画3、画4、


題名:〇 中堅・中小企業のため の Office 365 入門。(1)〜(19) 
名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/22(金) 07:52 No.14948  HomePage 操作


14948の画像を原寸大表示します (3)第3回 コミュニケーション機能を活用する。1〜5

2、ブログで情報共有。

ニュースフィードは画像なども挿入できるが、どちらかというとテキスト情報に近い書式になる。
レイアウトも自由度はないが、誰もが見られるようにタイムライン上に表示されるので、
業務用の報告や情報共有に活用できるだろう。

一方SharePoint Onlineでは、ブログも作成可能になっている。
ブログは、画像を挿入できるのはもちろんのこと、書式に自由度を持たせられる(図4)。
業務に関する情報共有のみならず、社員間の交流の場としても使えるだろう。
作成したブログは、URLを知らさなければアクセスできないため、
限られた企画のメンバーなどで使うことも可能だ。
ブログは、SharePoint Onlineのニュースフィード、
または後述する「サイト」機能から作成・管理できる。

図4、ニュースフィードの画面から飛んだブログのページ。
写真やビデオの投稿なども可能だ。
投稿に必要な操作は、画面右側の「ブログツール」から行う。

投稿は、ブログ画面の右側にある「ブログツール」から行う。
[投稿の作成]をクリックして、表示された画面に内容を入力していく。
「ニュースフィード」の画面より自由度も高く、書式やソースの編集も可能だ。
画像の挿入やサイズ変更などを感覚的に操作できるのも使いやすい(図5)。
書式の設定など、操作感がWordに似ている部分もある。

図5、テキストは[テキストの書式設定]タブから書式を設定できる。
また、[挿入]タブからは画像を挿入したり、
挿入した画像のサイズ調整や枠線などを設定したりすることも可能だ。

ブログは告知しないとURLなどの情報が分からない。
告知は、ブログの右側にある「通知」から通知したいユーザーを選択し、
メールなどで知らせる(図6)。

図6、通知の送信先でユーザー名などを指定し、
配信方法などを指定すれば、そのユーザーにメールなどで通知される。
受け取ったメールに表示されているリンクからブログを確認できる。

※ 次回は … 3、サイトで情報を共有する。です

  
 

題名:図5、  名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/22(金) 07:53 No.14949  HomePage 操作

14949の画像を原寸大表示します 図5、
  
 

題名:図6、  名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/22(金) 07:54 No.14950  HomePage 操作

14950の画像を原寸大表示します 図6、


題名:◎ I T 「 コンピュータ や インターネット に 関連する技術 」 。(1)〜( 2 ・ 3 ・・・ )。 
名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/21(木) 11:13 No.14946  HomePage 操作


14946の画像を原寸大表示します (24)効果大! 本格ゲーム用キーボードなら生産性向上もバッチリ。1〜4

3、キータッチは想像以上にいい!

G710を取り上げたのは、「メカニカルゲーミングキーボード」と銘打たれているからだ。
この「メカニカル」は、メカに関するゲームをプレイするということはなく、
昔からおなじみのメカニカルキーと言うことだ。

かなり固めでマウスのようなしっかりとしたクリック感のあるメカニカルキーは、古くからファンが多い。
メカニカルキーボードは採用されているスイッチによって押し心地が異なる。
最近は、Cherryブランドのスイッチを採用する製品がメジャーで、
スイッチは色分けされていて、それぞれに感触が違っている。

G710は、カチリとしたメリハリのあるタイプ感の「Cherry MX ブルースイッチ」を採用している。
一般的なメンブレン方式のキーボードしか使ったことのない人は、キーを押してみるだけで驚くだろう。
マウスのボタンをクリックしたような感触がすべてのキーで感じられるのだ。

打ち心地は固めで、カチカチしているため疲れるように感じるかもしれないが、
実際にはフィードバックがはっきりしていて超高速な入力には向いている。
プロのキーパンチャーなどは、メカニカルキーボードを好むことが多いのだ。

ただ、非常にうるさいという重要な欠点がある。
狭いオフィスで使うのはちょっと気が引けるほどの打鍵音なのでそこは気をつけてほしい。

一般的なキーボードとは違って、色々なスイッチが付いている。
その多くがゲーム用なのだが、普段使いにも役立つ物が少なくない。
例えば、ボリューム調整は大きなダイヤルになっているので、細かく調整しやすい。

画1、キートップはおなじみの形状で、
トップも分厚い。意外なことにそれぞれのキーの形状は昔ながらなのだ。

画2、ボリューム調整ボタンは大きくて調整しやすい。
他にもワンタッチで各種の調整ができるボタンを搭載する。

※ 次回は … 4、ショートカットを登録できる。です

  
 

題名:画2、  名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/21(木) 11:14 No.14947  HomePage 操作

14947の画像を原寸大表示します 画2、


題名:〇 中堅・中小企業のため の Office 365 入門。(1)〜(19) 
名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/21(木) 10:27 No.14943  HomePage 操作


14943の画像を原寸大表示します (3)第3回 コミュニケーション機能を活用する。1〜5

1、Office 365には社内のコミュニケーションを、、、。

円滑にする手段として、情報共有のためのツールやソーシャルネットワーク(以下、SNS)機能、
オンラインで社外や遠く離れた営業所などからも会議ができるような機能を備えている(図1)。
それらの中から今回は、
SharePoint Onlineで提供している「ニュースフィード」と「サイト」を紹介する。

図1、Office 365のコミュニケーションツールを使えば、社内の情報発信や情報共有もとりやすくなる。

Θ ニュースフィードで情報を発信する。
ニュースフィードは、Office 365に含まれるSharePoint Onlineの一機能として提供されており、
Twitterのように短いメッセージを投稿する掲示板のようなものである。
社内全員で共有しておきたい情報などを投稿するには最適だ。ニュースフィードを利用するには、
まず、Office 365のWebページ(http://portal.office.com/)からサインインして、
トップ画面で[ニュースフィード]のアイコンを選択する(図2)。

図2、ニュースフィードの画面。
先頭のテキストボックスに内容を入力して[投稿]をクリックすれば、
社内のすべてのユーザーが確認できる。

ニュースフィードの画面はいたってシンプル。
FacebookなどのSNSを利用したことのある人なら、
それほど迷うことなく操作できるだろう。
この画面では、メッセージを投稿したり、
投稿されたメッセージに「いいね!」やコメントを返したりできる。
また、投稿された相手をフォローすれば、[フォロー中]の画面に表示されるようになる。
この点も、ほかのSNSの機能に似ている。

注意したいのは、社内全員に投稿した内容が見られる点だ。
特定の社員だけに向けた情報であれば、使用するユーザーを限定できる「サイト」を作成して、
そこに「掲示板」を作成した方がよい。掲示板については、後半で紹介する。

Θ 読んでほしい相手を指定した投稿やタグ付けにも対応。
ニュースフィードは、「メンション」や「タグ」などにも対応している(図3)。
メンションはTwitterでよく使われているもので、
投稿内容を読んでほしいユーザーの名前を「@」に続けて入力し伝える機能だ。
ニュースフィードでは、画面上部にある[メンション]をクリックすれば、
自分の名前にメンションが付けられた投稿を確認できる。

図3、メンションやタグなどにも対応している。
メンションに設定された投稿は、画面上部の[メンション]を選択するだけで表示できる。

タグは、投稿を検索しやすいようにキーワードとして設定する機能である。
「#」の後にキーワードの文字を入力すれば、Office 365上でも、
このタグにヒットした投稿内容などを検索できる。

※ 次回は … 2、 ブログで情報共有。です

  
 

題名:図2、  名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/21(木) 10:28 No.14944  HomePage 操作

14944の画像を原寸大表示します 図2、
  
 

題名:図3、  名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/21(木) 10:29 No.14945  HomePage 操作

14945の画像を原寸大表示します 図3、


題名:◎ I T 「 コンピュータ や インターネット に 関連する技術 」 。(1)〜( 2 ・ 3 ・・・ )。 
名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/20(水) 13:43 No.14940  HomePage 操作


14940の画像を原寸大表示します (24)効果大! 本格ゲーム用キーボードなら生産性向上もバッチリ。1〜4

2、ゲーム用らしく、あり得ないほどのド派手ぶり。

前の写真を見ていただくと、
「ちょっとキー数が多いフルサイズキーボードだな」と思う人が多いだろう。
確かにその通りなのだが、パソコンにつなげると驚くこと間違いなしだ。

どちらも、キーにバックライトが付いていて、ピカピカと光るのだ。
特にG910がレインボーに輝く様は、もはや、クラブの照明か上海辺りのイルミネーションのようだ。
ロジクールのWebページでは動画も見られる。

ちなみに、この光に意味があるのかゲームショウの会場でヒアリングしてみたが、
「まったくない」という回答がほとんどだった。ゲーマーはとにかく派手派手しいのが好きだそうだ。

バックライトの明るさや、モデルによっては色合いは、
好みでカスタマイズできるので、仕事で使うなら抑えめにしておけばよいだろう。
とはいえ、このバックライトにかかるコストも本体代金に含まれているので、
個人的にはちょっとムダに思うのだが。
G710の白色バックライトは、派手すぎることがなくてなかなかいい。
オフィスでは暗い場所で使う可能性は少ないのだが、明るい部屋でもそれなりに見やすいのだ。

画1、G710のバックライトは白。実用的だ。

画2、色付き。

画3、G910は、レインボーに輝くバックライト。なんと派手なことか。

※ 次回は … 3、キータッチは想像以上にいい! です

  
 

題名:画2、  名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/20(水) 13:44 No.14941  HomePage 操作

14941の画像を原寸大表示します 画2、
  
 

題名:画3、  名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/06/20(水) 13:45 No.14942  HomePage 操作

14942の画像を原寸大表示します 画3、

[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 1
07/14 (火) 1
07/11 () 2
07/08 (水) 2
07/04 () 1
06/29 (月) 1
06/17 (水) 1
06/16 (火) 1
合計: 12754

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web