まさよの掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色

題名:〇 中堅・中小企業 の ため の Windows 10 講座。(1)〜(16) 
名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/05/26(土) 08:05 No.14831  HomePage 操作


14831の画像を原寸大表示します (12)第12回 次の機能アップグレードに備えたWindows Updateの帯域制御。1〜5

4、ポリシー設定でWindows Updateのネットワーク使用帯域を制御する。

インターネット接続あるいはLAN内におけるネットワーク帯域が潤沢ではないために、
Windows Updateや配信の最適化、WSUSによる通信をきめ細かく制御したい場合もあるだろう。
インターネット接続回線が低速なケース、低速な古いネットワーク機器を使用しているケース、
LANの一部に多数のPCがあるケースなどである。

先ほどWindows Updateにはネットワーク使用帯域の制御機能がないと言ったが、
ほかの機能を使って使用帯域を制御することは可能である。
Windows Updateのダウンロードは、
「バックグラウンドインテリジェント転送サービス(BITS)」という機能で行われる。
BITSが使用するネットワーク帯域は、ローカルコンピューターポリシーやActive Directoryの、
グループポリシーで、次のポリシーを使用して上限と時間帯で細かく制御できる(写真5)。

写真5、「BITS バックグラウンド転送の最大ネットワーク帯域幅を制限する」ポリシーにより、
Windows Updateのダウンロードを制御できる。

コンピューターの構成\管理用テンプレート\ネットワーク\バックグラウンド、
インテリジェント転送サービス (BITS)\BITS バックグラウンド転送の、
最大ネットワーク帯域幅を制限する。

BITSのネットワーク帯域幅制御は、
個別のPCのWindows Updateからの直接のダウンロードはもちろん、
WSUSのサーバーへのダウンロード、およびWSUSからクライアントへのダウンロードにも効果がある。

Microsoft Intuneを利用している場合は、Microsoft Intuneの、
エージェントの設定ポリシーを使用して、同様の帯域幅制御を行うことができる(写真6)。

写真6、Microsoft Intuneのポリシーを使用した、
BITSの帯域幅制限で、Windows Updateのダウンロードを最適化する。

※ 次回は … 5、モバイルPCのモバイルインターネット接続ではWindows Updateをさせない。です

  
 

題名:写真6、  名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/05/26(土) 08:22 No.14832  HomePage 操作

14832の画像を原寸大表示します 写真6、


題名:◎ I T 「 コンピュータ や インターネット に 関連する技術 」 。(1)〜( 2 ・ 3 ・・・ )。 
名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/05/25(金) 10:48 No.14829  HomePage 操作


14829の画像を原寸大表示します (19)Office 2016はExcelのグラフに注目せよ! 1〜5

2、メニューを見て、一番違いが感じられるのは、
タブの右に設けられた「操作アシスト」だろう。
機能を探したりヘルプを呼び出せるボックスだ。
キーワードを入力すると、コマンドをここから直接開くことが可能だ。
階層があるメニューも開ける。また、検索結果からヘルプを呼び出すこともできる。

リボンインタフェースを採用してから、一部のメニューが、
深いところに入って見つけづらくなっているので、検索で探せるのはとても便利だ。

ただし、最近はOfficeのヘルプがイマイチ充実していない。
機械翻訳されたテキストが表示されるケースも少なくなく、なんとも残念だ。
安価なソフトではないのだから、もっときちんとしたヘルプを表示してほしい。

画1、スマート検索で機能を探したりヘルプを調べられる。

画2、直接機能を呼び出して操作できるのは重宝する。

Θ 新グラフはかなり使える。
Excel 2016には新しいグラフが追加された。

「ツリーマップ」「ウォーターフォール」「パレート図」「ヒストグラム」「サンバースト」などだ。
例えば、ウォーターフォールグラフは、これまで縦棒グラフを利用しつつ、
一部のデータを塗りつぶさないなどの調整をしてどうにか表示していた。
それんなグラフが簡単に作れるようになったのは朗報だ。

※ 次回は … 3、見た目で目新しく、ぜひ使ってみたいのがツリーマップとサンバーストだ。です

  
 

題名:画2、  名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/05/25(金) 10:49 No.14830  HomePage 操作

14830の画像を原寸大表示します 画2、


題名:〇 中堅・中小企業 の ため の Windows 10 講座。(1)〜(16) 
名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/05/25(金) 10:15 No.14827  HomePage 操作


14827の画像を原寸大表示します (12)第12回 次の機能アップグレードに備えたWindows Updateの帯域制御。1〜5

3、直接ダウンロードの場合はWindows Updateの配信の最適化を活用。

Windows 10のWindows Updateには、
「配信の最適化(Delivery Optimization)」という新機能が搭載されている。
ダウンロード済みの更新プログラムのブロックを、企業ネットワーク内のPCと、
あるいはインターネット上のPCと相互に送信し合うことで、
ダウンロードの使用帯域の削減とダウンロード時間の短縮を実現するものである。

配信の最適化は、Windows 10の「設定」の「更新とセキュリティ > Windows Update >
詳細オプション > 更新プログラムの提供方法を選ぶ > 複数の場所から更新する」で構成可能だ。
既定の設定はWindows 10のエディションによって異なるが、企業利用の場合は、
「ローカルネットワーク上のPC」を対象にオンにしておくとよい(写真3)。
この設定だと、
同一の企業内ネットワーク(LAN)上のPCが更新プログラムのブロックを送信し合う対象となる。

写真3、Windows Updateの配信の最適化機能を「ローカルネットワーク上のPC」に対してオンにする。

なお、ここの設定を「ローカルネットワーク上のPCとインターネット上のPC」にすると、
インターネット上の第三者のPCとも更新プログラムのブロックをやり取りする、
可能性があることに関して、セキュリティ面を心配する人もいるだろう。
配信の最適化の詳しい仕組みは公表されていないが、第三者のPCから更新プログラムを取得しても、
セキュリティ上の問題はないとされている。詳しくは、以下のFAQを確認していただきたい。
それでも心配だという場合は、「ローカルネットワーク上のPC」をオンにすれば安心だ。

Windows Updateの配信の最適化に関するFAQ
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/12446/windows-10-update-delivery-optimization-faq

社内でActive Directoryドメインを運用しているのであれば、
グループポリシーで以下の「配信の最適化」ポリシーを構成することで、
さらに詳細にカスタマイズすることが可能だ(写真4)。
「配信の最適化」ポリシーは、Windows 10バージョン1511以降でサポートされる。
例えば、配信の最適化のピア(送信先、送信元)をグループ化できる。

写真4、Windows 10バージョン1607における「配信の最適化」ポリシー。
Windows 10バージョン1511には対応していないポリシーも存在するので注意。

コンピューターの構成\管理用テンプレート\Windowsコンポーネント\配信の最適化
(バージョン1511以前はコンピューターの構成\管理用テンプレート\Windowsコンポーネント\Delivery Optimization)

※ 次回は … 4、ポリシー設定でWindows Updateのネットワーク使用帯域を制御する。です

  
 

題名:写真4、  名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/05/25(金) 10:16 No.14828  HomePage 操作

14828の画像を原寸大表示します 写真4、


題名:◎ I T 「 コンピュータ や インターネット に 関連する技術 」 。(1)〜( 2 ・ 3 ・・・ )。 
名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/05/24(木) 13:07 No.14825  HomePage 操作


14825の画像を原寸大表示します (19)Office 2016はExcelのグラフに注目せよ! 1〜5

1、Microsoft Officeが新しく「Office 2016」へと進化した。

今回は、意外なほど話題になっておらず、
宣伝などもほとんど行われないまま、ひっそりとアップデートした感が強い。
Officeのメジャーバージョンアップというと、かつてはお祭り騒ぎのようだっただけに、
ちょっと寂しい感も否めないが、今後はこんな感じになっていくのだろう。
業務用のソフトは大きく変わらないほうがありがたい利用者も少なくないのだ。

僕は、リリース当初から実際に使ってみているが、「さほど変わっていないな」という印象だ。
細かな変化点は多いのだが、それを並べていっても面白くないので、
本稿では大きく変わったExcelのグラフを中心に、心引かれた機能を紹介していく。
なお、乗り換えるべきか否かは、最後に結論としてまとめていくので、期待していただきたい。

それぞれの画面を比べてみると、ほとんど変わっていないことがより明確に分かるはずだ。
ちょっとデザインが変わってはいるものの、リボンに並んでいるメニューもほとんど変更がない。

画1、Excelの画面は、タイトルバーの色が変わった程度で変化は少ない。
(左が「Excel 2013」、右が「Excel 2016」)。

画2、Wordも同様で、並んでいるメニューもほぼ変わっていない。
(左が「Word 2013」、右が「Word 2016」)。

※ … 2、メニューを見て、一番違いが感じられるのは、
タブの右に設けられた「操作アシスト」だろう。です

  
 

題名:画2、  名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/05/24(木) 13:08 No.14826  HomePage 操作

14826の画像を原寸大表示します 画2、


題名:〇 中堅・中小企業 の ため の Windows 10 講座。(1)〜(16) 
名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/05/24(木) 06:30 No.14824  HomePage 操作


14824の画像を原寸大表示します (12)第12回 次の機能アップグレードに備えたWindows Updateの帯域制御。1〜5

2、社内のActive Directory環境ではWSUSの利用を推奨。

社内でActive Directoryドメインを運用しているのであれば、
Windows Serverが提供する「Windows Server Update Services(WSUS)」または、
「System Center Configuration Manager Current Branch」を導入して、
これらの更新管理基盤を利用するのが最適である(※1)。
どちらも、機能アップグレードを含め、
更新プログラムを社内のサーバーに事前にダウンロードしておき、
クライアントに効率的に配布できる(写真2)。
なおWSUSでは、2016年3月中頃にWindows 7/Windows 8.1/Windows 10、
初期リリース向けの、Windows 10バージョン1511、2016年8月中頃に、
Windows 10バージョン1607の配布が可能になっている。

写真2、Windows ServerのWSUSを利用すると、
機能アップグレードを含む更新プログラムのダウンロードを一本化できる。

※1 CBBを選択してアップグレードを詳細に管理できる「Windows Update for Business」を利用する場合は、WSUSと併用することも可能である。しかし併用した場合、管理が複雑になることに注意していただきたい。WSUSを利用する場合は、WSUSだけで管理したほうが、管理者がシンプルかつ完全にコントロールできる。本連載の第4回で、Windows Update for BusinessとWSUSの併用はできないと注意したが、これはWindows 10バージョン1511のWindows Update for Businessのポリシー設定にそのように説明されており、マイクロソフトもそのようにアナウンスしていたからである。マイクロソフトは2016年8月に、Windows Update for Business とWSUSを含む他の更新管理ツールを併用できると明言した。

参考: Integration with management solutions
https://technet.microsoft.com/ja-jp/itpro/windows/plan/integration-with-management-solutions-

一方小規模の環境なら、次に説明する「配信の最適化」機能を利用して、
個別のPCのWindows Updateのダウンロードの効率化と高速化を図れる。

※ 次回は … 3、直接ダウンロードの場合はWindows Updateの配信の最適化を活用。です



題名:◎ I T 「 コンピュータ や インターネット に 関連する技術 」 。(1)〜( 2 ・ 3 ・・・ )。 
名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/05/23(水) 11:20 No.14822  HomePage 操作


14822の画像を原寸大表示します (18)実は最強のモデルチェンジを果たしたiPad mini 4 。1〜4

4、iPad mini 4 の進化は大歓迎で、遅れていた、
ダイレクトボンディングにも対応し、個人的にもとても欲しくなっている。

ただ問題は、ここのところ新製品が出過ぎているので、予算が厳しいこと。
しかも、Wi-Fiの16GBモデルでさえ4万2800円だ。
個人的には、買うなら128GBのセルラーモデルを狙いたいのだが、7万8800円とかなりの出費になる。

ちなみに、iPad mini 2のWi-Fiモデルは3万1800円で買えるため、
とても魅力的に感じるが、僕としてはおすすめしづらい。1万円ほど高くなるが、画面が美しく、
マルチタスキングもフル活用できるiPad mini 4を選ぶのが、どう考えても正しい選択だ。

iPad mini 4は、超おすすめの小型タブレットで、末長く満足して使えること間違いなしだ。

画1、マルチタスキングに対応するので、仕事の情報もチェックしやすい。

画2、また、ビデオを小さく表示する「ピクチャ・イン・ピクチャ」などにも対応。

※ 次回は、(18)が、終わりましたから、、、
(19)Office 2016はExcelのグラフに注目せよ! 1〜5
1、Microsoft Officeが新しく「Office 2016」へと進化した。です

  
 

題名:画2、  名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/05/23(水) 11:21 No.14823  HomePage 操作

14823の画像を原寸大表示します 画2、


題名:〇 中堅・中小企業 の ため の Windows 10 講座。(1)〜(16) 
名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/05/23(水) 09:03 No.14821  HomePage 操作


14821の画像を原寸大表示します (12)第12回 次の機能アップグレードに備えたWindows Updateの帯域制御。1〜5

1、Windows 10 では、Windows Updateを通じて1年に複数回 、、、。

機能アップグレードと呼ばれるWindows 10の新バージョンが提供されることになる。
機能アップグレードのダウンロードサイズは数GBになるため、
ネットワークの圧迫が業務に支障を来さぬよう配慮することが重要である。

今回は、Windows Updateを円滑に実行し、
ネットワークを圧迫して業務に支障を来さないようにする方法を紹介しよう。

Windows 10では、Windows Updateを通じて1年に複数回、
「機能アップグレード」と呼ばれるWindows 10の新バージョンが提供される。
機能アップグレードに関しては本連載の第4回で説明しているが、少しおさらいしておく。

Windows 10は、
「Windows as a Service(サービスとしてのWindows)」という提供形態を採用しており、
更新に関しては通常の更新プログラムと機能アップグレードの2種類がある。
通常の更新プログラムは、セキュリティ更新、不具合の修正、ドライバーの更新、
Windows Defenderの定義の更新などを行う「品質更新プログラム」と呼ばれるものである。
そして機能アップグレードとは、Windows 10の新しいバージョン(ビルド)である。

機能アップグレードは、配布・展開方法が簡素化されているものの、
「Windows 7から8」といった従来のWindows における新バージョンへのアップグレードと同等である。
Windows Updateを通じて行われる、事実上のOSアップグレードだと考えればよい。
なお、Windows 10バージョン1607以降は機能アップグレードのことを「機能更新プログラム」と、
表現するようになったが、アップグレードであることに変わりはない。
そのダウンロードサイズは数GB(ギガバイト)に及ぶため、
ネットワークを圧迫し業務に支障を来さぬよう配慮することが重要である。

Θ Windows 10のWindows Updateによるネットワークの圧迫の懸念。
Windows 10の既定の設定では、Windows Updateによる、
ダウンロードとインストールがバックグラウンドで自動的に実行される。
ただし、この既定の設定は、コンシューマー(個人ユーザー)向けのものであり、
企業にとってこの設定が適しているとは限らない。
企業向けにはWindows Updateを制御するオプションがいくつか用意されており、
企業の規模や環境に最適な方法を検討し、社内に展開することが求められる。

小規模な環境なら既定の設定で運用できるかもしないが、
Windows Updateによる更新プログラムのダウンロードトラフィックが業務に与える影響を、
最小限にするために、事前に対策を講じておくことをお勧めする。
前述の通り、ダウンロードサイズがかなり大きな機能アップグレードが年に複数回あるからだ(写真1)。

写真1、機能アップグレードは事実上のOSアップグレード。数GBのダウンロードになる。
この写真はWindows 10 Anniversary Update(バージョン1607)を、
ダウンロードしているところ。

Windows Updateには、
ネットワーク使用帯域を考慮しながらダウンロードする機能が搭載されていない。
その結果、企業内のWindows 10クライアントが一斉に機能アップグレードのダウンロードを始めると、
ネットワーク帯域幅を占有してしまい、Webブラウジングが極端に遅くなるなど、
業務に影響を与える場合がある。

Windows 10の初期リリース(2015年7月)からすぐにWindows 10に移行し、
既定の「Current Branch(CB)」で運用してきた場合は、
2015年11月のWindows 10バージョン1511(Windows 10 November Update)、
2016年8月のWindows 10バージョン1607(Windows 10 Anniversary Update)と、
2回の機能アップグレードを経験したことになる。
このときに、業務に影響するようなネットワーク帯域の問題はなかっただろうか。

Windows 10の導入がWindows 10バージョン1607からの場合は、
次の機能アップグレードに備えておくべきである。
また、新バージョンへのアップグレードをある程度延期できる、
「Current Branch for Business(CBB)」では、まだ初期リリースのサポートが続いているが、
次の機能アップグレード(コード名Redstone 2)までにはバージョン1511以降の、
バージョンにしなければならないので注意しよう(CBおよびCBBに関しては、連載第4回を参照)。

※ 次回は … 2、社内のActive Directory環境ではWSUSの利用を推奨。です



題名:◎ I T 「 コンピュータ や インターネット に 関連する技術 」 。(1)〜( 2 ・ 3 ・・・ )。 
名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/05/22(火) 13:12 No.14819  HomePage 操作


14819の画像を原寸大表示します (18)実は最強のモデルチェンジを果たしたiPad mini 4 。1〜4

3、また、指紋センサー(Touch ID)も搭載している。

今回はiPad mini 2と比較しているので違いとして明確だが、こちらはiPad mini 3からの採用だ。
ただし、現在のラインアップはiPad mini 4とiPad mini 2の2種類になるので、
Touch IDの有無は大きな違いとなっている。

iPad mini 2では5メガピクセルだったカメラがiPad mini 4で8メガピクセルとなっており、
気圧計も搭載する。

画1、反射防止コーティングの性能はすごい。並べて光を当てるとこの違いだ。

画2、iPad mini 4はTouch IDを搭載している。

Θ iOSのマルチタスキングをフル活用。
iOS 9で新たに採用されたマルチタスキングだが、機種によってできることが変わってくる。
iPad mini 4はフル機能を利用でき、2つのアプリを並べて利用する「Split View」にも対応。
iPhoneと比べても大きな優位点だ。
メールを見ながらスケジュールを入力したり、
Webページの地図とマップを並べて場所を調べることも可能だ。

まだ対応するアプリが限られるが、今後メジャーなタイトルから対応が進んでいくことは間違いない。
情報を見るだけでも、スマホよりも数段優れた環境が手に入るのだ。

※ 次回は … 4、iPad mini 4の進化は大歓迎で、遅れていた、
ダイレクトボンディングにも対応し、個人的にもとても欲しくなっている。です

  
 

題名:画2、  名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/05/22(火) 13:13 No.14820  HomePage 操作

14820の画像を原寸大表示します 画2、


題名:〇 中堅・中小企業 の ため の Windows 10 講座。(1)〜(16) 
名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/05/22(火) 10:55 No.14818  HomePage 操作


14818の画像を原寸大表示します (11)第11回 新機能「Windows Information Protection」の、
登場で、BYODを安心して活用できるように。1〜6

6、当然のことながら、Windows 10デバイスが、、、。

Microsoft Intuneの管理対象になると、
Windows Information Protection以外の管理機能も利用可能になる。
例えば、モバイルデバイスのセキュリティ設定の強制や、
アプリの配布、リモートロックやリモートワイプ(消去)などの管理操作が可能だ。
Windows Information Protectionに対応しているMicrosoft Intuneのリモートワイプは、
通常のフルワイプ(工場出荷状態への初期化)のほかに、
個人用デバイスについては業務用アプリと業務データだけをワイプすることができる(写真7)。

写真7、Windows Information Protectionで保護されたデバイスが紛失した時には、
業務用アプリと業務データのみを選択的にリモートワイプすることが可能。

Azure ADとMicrosoft Intuneを利用したWindows Information Protectionの導入は
、導入と管理が簡単で、すぐに運用を開始できる。
そのため、企業内にID管理サービスや、
モバイルデバイス管理(MDM)システムを持たない中小規模企業には最適である。

※ 次回は、(11)が、終わりましたから、、、
(12)第12回 次の機能アップグレードに備えたWindows Updateの帯域制御。1〜5
1、Windows 10では、Windows Updateを通じて1年に複数回 、、、。です



題名:◎ I T 「 コンピュータ や インターネット に 関連する技術 」 。(1)〜( 2 ・ 3 ・・・ )。 
名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/05/21(月) 15:53 No.14816  HomePage 操作


14816の画像を原寸大表示します (18)実は最強のモデルチェンジを果たしたiPad mini 4 。1〜4

2、ついにダイレクトボンディングを採用。

iPadシリーズは、ずっとガラス面と液晶面に隙間があった。
いわゆるダイレクトボンディングではなかったのだ。
タッチしたり、スタイラスを使う際に指先とのギャップが気になるし、
また、ガラスの外側と内側で乱反射を起こしてしまい、画像が白っぽく見える。
これが数少ない、しかし妥協しづらい欠点だった。

ところが、iPad Air 2でついにダイレクトボンディングを採用した。
アップルは「フルラミネートディスプレイ」と呼んでいる。
ところが、同時にモデルチェンジしたiPad mini 3では従来通りの液晶を採用し、
モデルの進化が遅れていたのだ。

これにはガッカリさせられたのだが、今回ついにダイレクトボンディングを採用した。
恐らくこれによっても本体が薄くなったのだろう。
また、液晶の美しさは大きく向上している。
サイズはiPad mini 2と変わらない7.9型で、解像度も2048×1536ドットだ。しかし、
見た目の美しさがはっきりと違う。この進化は、高く評価したい。

画1、下がiPad mini 4で、ついにダイレクトボンディングを採用した。

画2、このように斜めの角度から見ると違いが明確だ。
右のiPad mini 4は明らかに色合いが美しい。また薄くなっていることも分かる。

Θ 指紋センサーも搭載。
実は、液晶にはもうひとつ見逃せないポイントがある。
こちらも、iPad Air 2では先行して採用していた反射防止コーティングにも対応しているのだ。
指紋が付きづらくなる耐指紋性撥油コーティングは、
以前から採用されていたのだが、反射防止の有無で見た目が相当に違ってくる。

写真で撮影しても、明らかに差があり、これも液晶を見た際の美しさの違いになっている。
タブレットは液晶で情報を表示し、操作もするのだから、“命”と言っても大げさではないだろう。
これだけの進化を遂げたのは、目立ちづらいが大きなポイントだ。

※ 次回は … 3、 また、指紋センサー(Touch ID)も搭載している。です

  
 

題名:画2、  名前:“ た ぬ き 1 ” 2018/05/21(月) 15:54 No.14817  HomePage 操作

14817の画像を原寸大表示します 画2、

[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 1
07/04 () 1
06/29 (月) 1
06/17 (水) 1
06/16 (火) 1
06/14 () 1
06/05 (金) 1
合計: 12749

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web