六甲山の画像掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
画像認証
認証用数字  *   (画像の数字を入力して下さい)

題名:ブログ引越しました  名前:六甲山 2012/12/31(月) 14:15 No.1985  操作


2012年12月31日(月)
本日をもちましてブログを引越しました。新しいURLは下記の通りです。

http://blogs.yahoo.co.jp/rokkosan2003

まだ、使い方がよく解らないのですが今後とも宜しくお願い申し上げます。
皆さま、良いお年をお迎えください。



題名:とりあえず購入  名前:タカ 2012/12/29(土) 11:54 No.1977  HomePage 操作


おはようございます
スカイメモRSとりあえず購入しました。
今晩か明晩に我が家に到着予定です。
年が明けて月の昇る時間がだんだん遅くなっていくので
それまでにまずは局軸あわせをマスターしておかないといけませんね。1月3日、5日、6日と天気次第ですが撮影に行きたいと考えています。狙いはまずはM42や馬頭星雲でしょうかね。彗星も魅力十分ですが・・。今は密かに画像編集の勉強中です。天体写真は画像編集が大変みたいですね。またご一緒しましょう。

  
 

題名:Re: とりあえず購入  名前:六甲山 2012/12/29(土) 22:05 No.1978  操作

1978の画像を原寸大表示します 年末はお休みでも何故か忙しいですね。(;゜〇゜)

星雲・星団の世界にようこそです。
一緒にどっぷり漬かりましょうか。(笑)

スカイメモの極軸は405雲台があれば簡単に合わせられますから大丈夫です。
前にも言いましたがCD-1より簡単です。

今日、彗星の情報を入手しようと図書館に行ったら空振りでした。σ(^◇^;)

まぁ、そうですよね。v(=∩_∩=)

  
 

題名:Re: とりあえず購入  名前:タカ 2012/12/31(月) 09:06 No.1983  HomePage 操作

昨日、スカイメモが届きました。
これで3日の準備は完了です。

三脚と雲台は純正のものを購入しました。
(405のよい物が無かったので)

そして星ナビを購入して来年の天体イベントもチェックしました。彗星をぜひぜひ撮りたいですね。今から情報収集です。

そして来年3日はしぶんぎ座ですね。今から楽しみにしています。

それでは今年一年お疲れ様でした。

  
 

題名:Re: とりあえず購入  名前:六甲山 2012/12/31(月) 14:05 No.1984  操作

タカさん、スカイメモRSご購入おめでとうございます。

三脚は純正にされたんですね。新色のホワイトで本体も三脚も統一されてカッコ良いですね。

本年はたいへんお世話になりました。来年も宜しくお願いします。



題名:プレアデス星団  名前:六甲山 2012/12/30(日) 06:42 No.1981  操作


1981の画像を原寸大表示します 今朝は早めに起床してプレアデス星団を再調整してみた。

ねらいは淡いガス浮遊の描写なんだけど・・・単に色が濃くなって範囲が広がっただけだな・・・。(O.O;)(oo;)

しかし、ある程度短時間で、ほぼ思いを調整に反映できるようになった。
次回のチャンスにプレアデス星団をもっと多めの露出で撮りなおしだな。

  
 

題名:Re: プレアデス星団  名前:六甲山 2012/12/30(日) 06:52 No.1982  操作

1982の画像を原寸大表示します 過去の画像と比較してみる。

過去の方が良いような・・・。過去のトーンで淡いブルーのガスが広範囲に浮遊するような仕上げがイメージなんだけどね。

さーて、朝ごはんを食べて実家の手伝いに出動だ!



題名:網状星雲  名前:六甲山 2012/12/30(日) 05:45 No.1979  操作


1979の画像を原寸大表示します 以前処理して上手く行かなかった網状星雲を改めて処理してみた。

ポイントは網状の透明感とHαにつぐグリーン系の再現。

うーん、やっぱり上手く行かないな・・・。σ(^◇^;)

  
 

題名:Re: 網状星雲  名前:六甲山 2012/12/30(日) 05:46 No.1980  操作

1980の画像を原寸大表示します 過去の網状星雲と比較してみた。

合格点には届かないが、前よりもチョッとはましか。
ステライメージの勉強しなおしだぁな。┐('〜`;)┌



題名:おとめ座・銀河団  名前:六甲山 2012/12/29(土) 07:27 No.1972  操作


1972の画像を原寸大表示します 12月24日(祝&クリスマスイブ)の午前0時30分に起床して出動した。

このために、23日(日)は午前2時に起床し画像処理などで時間を潰し、赤穂の実家の手伝いなど昼間にこなして、相生のマックスバリューの駐車場で午後4時には晩酌をスタートさせ、午後6時に車中泊して撮影の準備と体調を整えました。

翌日の24日(祝)は、夜通しの天体撮影と、午前11時30分岡山集合で写真仲間の食事会参加と、午後からYさんのお見舞いなどなど一日忙しい。

当日の月入り午前3時11分に合わせての出動なので、星空は冬の星座から春の星座になっている。
ターゲットはどれも初めての対象で、「ふたご座・銀河団」「しし座のM65、M66、NGC3628」「おおぐま座のM101回転花火銀河」を撮影した。

まず最初は「ふたご座・銀河団」だけど、下調べなしに出動したので「ふたご座・銀河団」の(^○^)チャンマークを画面左上に捉えたけど、フレームをどっちに振れば銀河の銀座通りかわからない。

しょうがないので、そのまま撮影したお写真がアップしたもの。

  
 

題名:Re: おとめ座・銀河団  名前:六甲山 2012/12/29(土) 07:27 No.1973  操作

1973の画像を原寸大表示します スレラナビで場所を確認する。

アップした画像が実写に合わせただいたいのフレーム。

  
 

題名:Re: おとめ座・銀河団  名前:六甲山 2012/12/29(土) 07:28 No.1974  操作

1974の画像を原寸大表示します 「ふたご座・銀河団」の銀座通りは・・・と次回のフレームがこれ。

(^○^)チャンマークの「M84」と「M86」を画面中央のチョッと右よりに、「おとめ座A」を画面中央のチョッと左下に配置すれば銀座通りのど真ん中を捉えられそうだな。

  
 

題名:Re: おとめ座・銀河団  名前:六甲山 2012/12/29(土) 09:14 No.1975  操作

1975の画像を原寸大表示します 次にアップするのは、しし座の「M65」「M66」「NGC3628」です。

お写真は少しトリミングして対象を大きくしてますが、255oではもう少し小さく写ります。
初めての対象だたけど見つけるのは簡単でした。

RAP2のフラットは、手抜きをしてフラットのダーク減算をしてないですが綺麗にフラットが当っています。
これからはフラットのダークは説明書どおり手抜きで行きたいと思います。

  
 

題名:Re: おとめ座・銀河団  名前:六甲山 2012/12/29(土) 10:24 No.1976  操作

1976の画像を原寸大表示します 次は、北斗七星のミザールの東5.7°東にある「M101 回転花火銀河」です。

実画像を半分くらいトリミングしていても小さいです。
それでも、渦巻きや銀河の腕がよく見て取れます。

おとめ座銀河団や、しし座の「M65」「M66」や、「M101 回転花火銀河」などの深宇宙の被写体をねらうには800o以上の望遠鏡が必要ですね。
そうなると星空撮影のお手軽さが無くなってしまうので、今はいらないと思います。



題名:フラット撮影  名前:六甲山 2012/12/28(金) 06:20 No.1969  操作


1969の画像を原寸大表示します 12月24日(祝)の未明に撮影した「ふたご座・銀河団」などの撮影処理用のフラットを撮影した。
自然光フラットと比較して格段に撮影しやすい自宅撮影で、やっぱこれば便利です。

本当はEL照度板を使うらしいのだが、そんなもの持ってないので手持ちの10インチノートPCに、RGB255の白画像を作ってスライドショーモードにすると簡易EL照度板の出来上がり。
更に透明のアクリル板にトレーシングペーパーを3枚貼り付けた板をノートPCレンズと間に挟んで出来上がり。

RAP2用のフラット画像をRGB各8枚撮影して、フラットダークは今回は手抜きで撮影なし。
RAP2の説明書に、非常に淡い星雲を超〜硬調処理するなど以外は、ライトフレームにダークを当てていても、フラットフレームにダークが当ってない情報を自動検知して補正をすると書いてあった。
まぁ、これで「ふたご座・銀河団」などに当ててみてOKならば、今後もフラットダークは面倒だから手抜きしたいと思います。

アップしたお写真が、RAP2用のフラット撮影風景です。

  
 

題名:Re: フラット撮影  名前:六甲山 2012/12/28(金) 07:28 No.1970  操作

1970の画像を原寸大表示します RAP2でフラット補正をするための基本画像をRGB別に並べてみました。

12月24日(祝)未明に撮った「ふたご座・銀河団」などの対象は4種類。
それぞれRGB別に照度を測って、必要な同じ照度のRGB画像は5種類。

よーく見ると1/4秒、1/5秒、1/6秒、1/8秒、1/13秒の5枚で4対象12種類のRGB照度を網羅しているようだ。

と言う事は、暇なときに1秒から1/30秒くらいまでまとめ撮りしてフラットデータ表を作っておけばいちいち撮らなくても良いかもしれないな。



題名:M52やバブル星雲・他  名前:六甲山 2012/12/27(木) 05:49 No.1968  操作


1968の画像を原寸大表示します 12月8日(土)の夜に撮った画像は、同日撮影した馬頭星雲用に作ったベイヤーフラットでほぼRGB照度が合うみたいで、撮影した日と露光時間とレンズが同じなら使いまわしが出来そうです。

さてさて、前回の同時記録JPGと仕上がりは対して変わらないのですが、フラットが綺麗に当っているので、周辺減光やミラー蹴られなどレイヤーマスクでチョコチョコ調整しなくて良いので仕上げ処理が楽になりました。
欲を言えば、RAW現像をバッチできないかな・・・。

天文初心者なので、先日処理して頭に入れたはずの星の名前がなかなか覚えられないのでアップした画像に書き込みました。σ(^◇^;)

私のレンズでは、バブル星雲はチョー小さいです。ご覧の通り等倍率でもわかるかな? ですです。



題名:NGC7822他  名前:六甲山 2012/12/27(木) 04:50 No.1967  操作


1967の画像を原寸大表示します ケフェウス座のNGC7822とCed214(Sh2-171)付近をRAP2で再処理してみた。

頑張って8枚コンポしたんだけど、仕上がりは「う〜ん?」ですね。
ライトフレーム(元画像)のRGBレベルが先日の馬頭星雲に近かったので撮り直さずに前のベイヤーフラット使ったからかな・・・。
しかし、強調処理しても破状しなかったのでフラットは当っているようにも思うし・・・。

ケフェウス座のNGC7822他は、ボーっと見ると「?」マークに似てますね。



題名:お世話になりました  名前:ミスター 2012/12/24(月) 21:37 No.1963  HomePage 操作


今晩は。松浦です。
今日は、色々ご指導いただき有難うございました。
先程、405、シャフト、ウェイト(2,2)をポチしました。
後一つお聞きしましたが完全に忘れています。
何時の日か、ご指導お願い致します。

  
 

題名:Re: お世話になりました  名前:六甲山 2012/12/25(火) 13:46 No.1964  操作

ミスターさん、昨日はご苦労様でした。
スカイメモの事でしたらある程度わかりますので聞いて下さい。

そうそう、スマホのアプリでLINEと言うのがあるんですが、やられませんか?
無料で電話やメールができて便利なアプリです。

  
 

題名:Re: お世話になりました  名前:六甲山 2012/12/25(火) 21:52 No.1965  操作

1965の画像を原寸大表示します スカイメモRの極軸望遠鏡チャート画像が出てきましたのでアップします。

スカイメモRでの極軸合わせの参考に使ってください。

  
 

題名:Re: お世話になりました  名前:六甲山 2012/12/25(火) 21:53 No.1966  操作

1966の画像を原寸大表示します 星図だとこうなります。


題名:年末年始の課題  名前:六甲山 2012/12/22(土) 11:06 No.1956  操作


1956の画像を原寸大表示します 年末年始のたっぷりの時間を活用して、新しいアプローチで画像処理方法を探究したいと思います。

今までは、ステライメージVer.6.5のRAW現像の仕上がりがイマイチなのとダークフラット処理が煩雑で面倒だったので、Photoshop Elements 9をフル活用して同時記録jpgベースで、ダーク&フラット処理からコンポジット処理、レイヤーマスク補正、Hα画像生成などなどやっていた。

まぁ、それなりに見られる写真になっていたのだが、その上のレベルへは同時記録jpgの限界を感じるようになったんだよね。

例えばアンタレス付近のガスの描写や、プレアデス星団の淡いガスの描写や、オリオン座のバーナードルーフなどなどjpgアプローチに限界を感じるようになったんだよね。

アップしたお写真は、馬頭星雲&M42の素画像1枚を硬調処理して解かりやすくしたモノ。
ミラーの蹴られ、周辺減光が出ています。
おっと! センサーにゴミも付いていましたね。σ(^◇^;)

  
 

題名:Re: 年末年始の課題  名前:六甲山 2012/12/22(土) 11:08 No.1957  操作

1957の画像を原寸大表示します 次にアップしたお写真は、RAP2でRGB別の照度を合わせたフラット画像を「ベイヤーマージ生成」したフラット画像(今回は実験なので1枚フラット)でフラット補正後、解りやすいように硬調処理したモノ。
※元画像のゴミは、フラット画像を撮った時は除去していたので補正されませんでした。

1枚画像なのにそこそこ見られるね。
フラット補正が上手く効いているようで前の素画像硬調処理とは雲泥の違いですね。

ミラー蹴られも周辺減光も改善されています。

  
 

題名:Re: 年末年始の課題  名前:六甲山 2012/12/22(土) 11:09 No.1958  操作

1958の画像を原寸大表示します 3枚目にアップしたお写真は、2枚目のお写真にダーク減算も加えたものです。
Photoshop Elements 9で適当に硬調処理したので2枚目と3枚目の色目が違ってしまいましたが、ダーク減算を加えることでノイズ成分が少なくなっているように思います。

今回トライしようとしている画像処理のアプローチは下記の通り。
キャノンのカメラRAW「.CR2」ファイルを、DNG Converterで汎用の「.DNG」ファイルに変換、RAP2で元画像のRGB別の照度を合わせたフラットファイルを「.RDK」形式で作り、それをベイヤーマージで1枚に生成し、DNGにコンバートした元画像に対してフラット補正を適用する。(2枚目のお写真だよ)

元画像にフラット&ダーク処理をしたデータを「.DNG」ファイルに書き戻して、Photoshop Elements 9のCamera Raw6.5で色温度とかぶり補正調整や、背景レベル、白トビ軽減、コントラストなどなど調整して現像処理。(3枚目のお写真だよ)

こうして出来上がった高品質な素材画像を、ステライメージVer.6.5でコンポジット&加算平均しランダムノイズを更に低減し、超高品質な元画像を生成します。

ここからは、使い慣れたPhotoshop Elements 9のレイヤー補正などで仕上げるも良いし、ステライメージVer.6.5で仕上げるも良いかと思っています。

星空写真処理の秘訣は画像調整前の下ごしらえで超高品質な元画像を作ることだと思う今日この頃です。

  
 

題名:Re: 年末年始の課題  名前:六甲山 2012/12/23(日) 04:56 No.1961  操作

1961の画像を原寸大表示します RAP2を使ったダーク&フラット処理で馬頭星雲とM42の処理をしてみた。

バッチでダークとフラットと作ったんだけど・・・処理を間違えたかな・・・ムラが残っている・・・σ(^◇^;)
前の方が仕上がりが良かったよ。

結局、硬調処理で目立ってきたムラはレイヤーマスクで補正してほぼ均一に調整したが、チョッと硬調処理するとまた目立ってきてイタチゴッコだな。

年末年始は問題解決へ頑張ろう!

  
 

題名:Re: 年末年始の課題  名前:六甲山 2012/12/23(日) 05:02 No.1962  操作

1962の画像を原寸大表示します 今朝、早く起きて再処理してみる。

昨日の画像処理はやっぱフラットの出来が悪く補正できてなかったようで、もう一度フラットを作り直すと上手く当たりました。

RAP2でベイヤーマージでRGB別の照度を合わせたフラットで補正をかけたベース画像を4枚コンポジットして処理してみる。

4枚コンポジットと少ない画像だが、面白いほど強調処理の画像が破状しない。
サクサク硬調処理して、アップしたお写真のように馬頭とM42の周辺に浮遊するHαまで炙りだすことが出来ました。

しか〜し、フラット用の「R」、「G」、「B」各画像×8枚=24枚と、フラット画像をダーク減算する「R」、「G」、「B」各画像×8枚=24枚とで合計48枚の画像処理して、「R」用フラットと「R」用ダークの2枚を作って、同じように「G」と「B」用で作って合計6枚の画像から、「R」用フラットと、「G」用フラットと、「B」用フラットの3枚の画像を作って、それをベイヤーマージで「R」「G」「B」を合体させRGBフラットの1枚を生成する。

最後のRGBフラット1枚が作れれば、あとはバッチで自動処理できるのだが・・・前処理が超〜面倒で・・・処理中にどれがどれか解らなくなりそうで、昨日はどこかで間違ったのでフラットが適正に当たらなかったおうに思う。

さてさて、今回の「馬頭星雲とオリオン座大星雲」のお写真もそうだが、今まで撮った星雲・星団のお写真を年末・年始の時間を利用して再処理してみようと思う。


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 1
10/14 () 1
10/13 (金) 1
09/27 (水) 1
09/15 (金) 1
09/06 (水) 1
09/03 () 1
合計: 15422

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web