画像掲示板

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
画像認証
認証用数字  *   (画像の数字を入力して下さい)

題名:里の秋  名前:ろく 2014/10/31(金) 08:14 No.374  HomePage 操作


374の画像を原寸大表示します この掲示板 紅葉No.354 紅葉狩りNo.356 です。

 里の秋 千葉成東町城跡・いすみ
作詞 斎藤信夫 作曲 海沼實
秋の歌として紅葉、赤とんぼなどと思い出す。作詞者が千葉県成東町(現在 山武市)
に住んでいた時この田舎風景を歌った。
http://www.kanko.chuo.chiba.jp/kanko/2698/

童謡の里 いすみ市岬町岩熊635
童謡の里は海沼実が、この地の路傍に立ち前に拡がる田園とその風景を眺め名曲「里の秋」を生みました。
岩熊からいすみ市にかけては、苗代の頃は水をたたえた月夜のたんぼから心地よく響く子蛙たちの転がるような声にひかれ「蛙の笛」を作りました。
こうしていすみ市の「童謡の里」が誕生しました。
「里の秋」と「蛙の笛」の歌碑が平成3年(1991年)に建立されています。碑には、両曲の第一節の五線譜と歌詞がきざまれています。



題名:やきもち家  名前:ろく 2014/10/28(火) 08:32 No.372  HomePage 操作


372の画像を原寸大表示します 「熊ノ平」と「紅葉」は、No.354とNo.356に載せています。
熊ノ平へは旧国道18号を車で「めがね橋」から2kmほど、坂本から5kmぐらいです。

「やきもち家」は長野市中条 日下野 
http://domestic.hotel.travel.yahoo.co.jp/bin/hotelshisetsu?chiku=5663&shisetsu=A01&keyword1=0196R9048

「灰やきもち」はデモで焼いてみせますが、実際は灰で焼くことは保険上認められていません。ほうろくで焼くのでしょう。
子供のころ良く作りました。硬いです。

なお、童謡「里の秋」の作曲は松代の海沼実、作詞は千葉県山武市の斎藤信夫 情景は千葉県いすみ市の海沼実の妻の実家だそうです。

  
 

題名:Re: やきもち家  名前:せつほ 2014/10/31(金) 04:25 No.373  操作

やきもち屋は[roku]のブログで拝見しましたが、??354というのはどこにあるのでしょうか。

里の秋の情景はいすみ市の海沼実の妻の実家だというのははじめて知りました。
この歌は南洋(今は死語かな)に出征した兵士の留守宅の親子が無事に帰還するのを待ちわびる歌だそうですね。



題名:紅葉  名前:ろく 2014/10/27(月) 20:01 No.370  HomePage 操作


370の画像を原寸大表示します 「軽井沢に紅葉を探しに」を読みました。fc2のブログですね。なかなかきちんとした写真が並んでいますね。

高野辰之作詞の唱歌「紅葉」の熊ノ平の紅葉はどうでしたか。
写真は旧豊田村の高野辰之記念館です。

旧中山道は坂本から尾根づたいに小径で子持ち山〜峠なんですね。見晴らし台のほうまで行ったことがあります。

こちらからでは真田街道ー鳥打峠ー大前ー鬼押し出しー白糸の滝ー中軽井澤ー長野へ です。かみさんの軽で何回か行きました。

  
 

題名:Re: 紅葉  名前:せつほ 2014/10/28(火) 05:07 No.371  操作

「紅葉」の歌は熊野平の景色だったのですか、それは知りませんでした。それならなんとかして熊野平まで登りたかったですね。
軟弱な足では2時間のアプトの道はとてもとても。別の道もあったのでしょうか。車ならいろいろなコースがあっても、同伴者の合意が得られません。


高野辰之記念館は以前訪ねました。歌の舞台と言われる周辺も散策しました。これもfc2のアルバムに収めてあります。



題名:回向柱  名前:ろく 2014/10/17(金) 07:58 No.368  HomePage 操作


368の画像を原寸大表示します 回向柱は旧松代領内にある木を見立てて寄進します。
今回は松代町西条の中村神社の木です。

 前回は小川村の神社の木が寄進されました。
あれから7年経ったのですね。

  
 

題名:Re: 回向柱  名前:せつほ 2014/10/18(土) 04:34 No.369  操作

回向柱は杉の大木のようですね。
太くて長い大木を松代領内から探し出すのも大変でしょう。
7年ごとに1本とは、そんなにたくさんの木があるのでもないでしょうに。
きっと、松代の人々の信仰心が見つけだすのでしょう。



題名:回向柱  名前:ろく 2014/10/15(水) 06:57 No.366  HomePage 操作


366の画像を原寸大表示します
特別行事               HPより
善光寺前立本尊御開帳(ぜんこうじまえだちほんぞんごかいちょう)
 数え年で7年に一度(現在は丑と未の年)、秘仏である御本尊様のお身代わりとして、まったく同じお姿の「前立本尊」様を本堂にお遷しして全国の人々にお参りいただく盛儀です。4月から5月にかけて行われ、平成二十一年(2009年)の御開帳には673万人の方が参詣されました。
 現在の本堂建立の際、松代藩が普請奉行にあたったというご縁から、毎回松代町から「回向柱(えこうばしら)」が寄進され、本堂前に立てられます。回向柱には前立御本尊の右の御手に結ばれた金糸が善の綱となって結ばれ、柱に触れる人々にみ仏のお慈悲を伝えてくれます。

 次回の御開帳は、平成二十七年(2015年)4月5日から5月31日までの57日間にわたって行います。

  
 

題名:Re: 回向柱  名前:せつほ 2014/10/16(木) 04:26 No.367  操作

善光寺のご開帳のことは聞き及んでおりましたが、現在の本堂建立の普請奉行が松代藩だった縁で松代から回向柱が寄進されるとは。
その柱によって多くの参詣の人々がご本尊の慈悲にあずかれるのだとは、松代の寄進はとても大事な事なんですね。
今回のご開帳で参詣にゆき回向柱に触れたいものです。



題名:回向柱  名前:ろく 2014/10/14(火) 08:07 No.364  HomePage 操作


364の画像を原寸大表示します 12日 松代藩真田十万石行列
今年のテーマは来年の善光寺御開帳に寄進する回向柱
文武学校前で

  
 

題名:Re: 回向柱  名前:せつほ 2014/10/15(水) 04:08 No.365  操作

「回向柱」とは初めて知りました。写真を見るとずいぶん太くて長い真っ直ぐな柱なんですね。
諏訪大社の御柱のように、境内に立てるんでしょうか。立ち上がったらとても高く見えるのでしょう。
真田氏と回向柱とは繋がりがあったのでしょうか。。



題名:blood moon  名前:ろく 2014/10/09(木) 08:23 No.361  操作


361の画像を原寸大表示します 皆既月食 赤い月 blood moon
  
 

題名:Re: blood moon  名前:せつほ 2014/10/10(金) 04:27 No.362  操作

362の画像を原寸大表示します 赤い月なんですね。月食で色が変わって見えるとは初めて知りました。
私も一応コンパクトカメラを向けてみました。生憎雲が厚く時折顔を出すだけでした。やはり無理のようです。



題名:金木犀  名前:ろく 2014/10/06(月) 15:04 No.358  操作


358の画像を原寸大表示します 家内がキンモクセイの匂いがあちことするという。
咲いているあいだじゅう強い香りを放ち、かなり遠くからでも匂ってくる。
どこで咲いているのかを探すのも楽しみのひとつ
ということでキンモクセイを探しに町中を歩いたら2軒にあったけどトイレの近くらしい。
姉のうちへ行ったら大きなキンモクセイの木があったので枝をもっらって来て花瓶に挿しました。
けど、鼻が悪く匂いがあまりわかりません。

  
 

題名:Re: 金木犀  名前:せつほ 2014/10/07(火) 04:22 No.359  操作

こちらでは木犀は既に散ってしまいましたが、街を歩くとあちこちで見掛けます。トイレを家の南面には設けないので、トイレの近くらしいところには見かけません。
木犀の香りがトイレの芳香剤に利用されてから、木犀とトイレが結びつけられてしまったのでしょう。木犀にとってはなはだ迷惑なことでしょうね。わたしも木犀の香りと花の色はだいすきです。



題名:紅葉狩り  名前:ろく 2014/10/02(木) 09:44 No.356  操作


356の画像を原寸大表示します >迚もかなわぬ夢
 迚もという字があるのですね。

 熊ノ平へ紅葉狩り
古河から横川まで108km 2時間48分(一般道で)
中山道を横川から熊ノ平まで8km

せつほさんなら迚も叶うでしょう。(わたしは迚もかないませぬ)


  
 

題名:Re: 紅葉狩り  名前:せつほ 2014/10/06(月) 04:35 No.357  操作

行きたいですね、でもこのところ家に籠もりきりのことが多くて、紅葉のニュースを見るとうずうずするのですが。
車もだんだん怖くなって、長距離はこのごろは乗っていません。近くへ買い物に行く程度です。
鉄道やバスを乗り継いでも無理なようですし、手頃なツアーでも探ししかなさそうです。
信州はちょっと散歩がてらに出掛ければあちこちとスポットがあるのでしょうね。うらやましい限です。



題名:紅葉  名前:ろく 2014/09/28(日) 06:51 No.354  操作


354の画像を原寸大表示します 今年は秋が早く来ましたね。スズムシは早くから鳴いています。

週刊長野新聞コラム
唱歌「紅葉」は高野辰之が信越線・熊の平駅に降りったった時に見た紅葉を詠んだのだそうです。
昭和35年ごろまで蒸気機関車でしたね。電化工事のための航空写真測量で図化しましたね。
熊の平の紅葉は綺麗でしょうね。


  
 

題名:Re: 紅葉  名前:せつほ 2014/09/30(火) 04:47 No.355  操作

【紅葉】の素材が熊の平駅あたりの紅葉でしたか。その紅葉を眺めてみたいものですね。
中山道を辿って峠越えもこの時期さぞかし秋を堪能できるのでしょうが、迚もかなわぬ夢です。


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 2
10/31 (金) 2
10/29 (水) 2
10/28 (火) 3
10/23 (木) 2
10/22 (水) 2
10/21 (火) 1
10/20 (月) 3
合計: 1765

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web