window
 
トップページ > 記事閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
* 渡辺信幸先生の「カムカムダイエット」の真実

日時: 2011/09/29(木) 12:23:53 メンテ
名前: tsunco

クリックで原寸大表示します

先日(9/20)、ご紹介したマキノ出版『壮快』2011年9月号を只今読了致しました。
太田成男ミトコンドリア学会理事長や伊藤裕教授のページ(56〜57p)は勿論素晴らしいのですが、他にも注目すべきページを見つけました。
ご紹介します。
それは158〜165pの「カムカムダイエット」です。
沖繩徳洲会こくらクリニックの渡辺信幸先生(写真)が提唱しておられます。
肝は1口につき30回以上噛む。
咀嚼を繰り返す事で脳内にヒスタミンを誘導するのだとか。
先生はヒスタミンは満腹中枢を刺激し食欲を押さえると主張します。

22Kg痩せた。
18Kg落ちた。
20歳若返った。
先生は「素晴らしい結果を叩き出している」と豪語します。
しかし、記事をよく読んでいると結果が出る原因が良く解って参ります。
それは、「最初に卵・チーズ・肉を鱈腹食べて下さい。
野菜・果物・穀類を食べてもかまいませんが、
お腹が一杯になった時は敢えてそれらを食べる必要は有りません。」
という先生の食餌指導にありそうです。
実際、劇的に改善した症例が3例、160〜165pに登場していますが、何れの御仁も「ご飯などの炭水化物は自然と食べなくなった。」
「炭水化物を欲しいと思わなくなった。」と書いておられます。
要するにヒスタミンではなく、何の事はない皆様、糖質制限をしていたワケですな。
だったら痩せる筈でございます(笑)。
先生は地元FMラジオ(FMレキオ)で『沖繩クライシス』に苦しむ肥満県で日々、啓蒙活動を続けておられます。
以下にリンクしておきますので、ご参考にして頂ければ幸いです。

沖縄徳洲会こくらクリニック
http://www.nantoku.org/kokura/

>沖縄徳洲会こくらクリニックは、国道507号の古波蔵交差点に隣接しています。国道507号は日本で一番大きな番号を持つ国道で、糸満市糸満ロータリーから国道331号と重複区間を経て、具志頭交差点から単独国道として古波蔵を通り、那覇市旭橋が終点となっています。途中、那覇自動車道の高架をくぐり抜けますが、新築移転した南部徳洲会病院が見えます。総延長28kmで、現在では那覇マラソンのコースと重複するなど、県道46号の時代から、重要な道路です。平成10年8月に開院して以来、外来透析を中心に地域の皆様に貢献してまいりましたが、透析施設が手狭になり、平成22年、同施設の徳洲会新都心クリニックへの移転とともに「ショートステイこくら」を開所いたしました。外来診察は、日本一の肥満県との汚名を返上すべく、メタボ対策、ダイエットに重点を置き御好評いただいております。より多くの皆様にメタボ対策をしていただくために、FMレキオにてダイエット番組も放送しています。生活指導におきましては、肉を食べたらふとるとか、卵を食べたらコレステロールがあがるなどという、俗説から距離を置き、客観的なデータに基づいた指導で、大変素晴らしい効果が出ています。なお、この指導は、月刊誌「爽快」に2回掲載されています。病児保育から、成人の生活習慣病対策、高齢者の通所リハビリ、ショートステイ等、幅広い世代の皆様にご利用いただけるよう、鋭意努力を続ける所存でございます。皆様方の「かかりつけクリニック」として、御来院をお待ちしています。

沖縄徳州会こくらクリニック院長 渡辺信幸
1991年 名古屋大学医学部卒業
1993年 中部徳洲会病院内科勤務
1994年 沖永良部徳洲会病院内科勤務
1997年 中部徳洲会病院内科勤務
1999年 与論徳洲会病院内科勤務
2000年 徳洲会伊良部島診療所院長
予防医学の見地からダイエット指導に力を入れており、たまご食をダイエットに最適と絶賛。


FMラジオ「なべちゃんのレキオでダイエット」(動画あり)
http://www.nantoku.org/kokura/hon.html

実に素晴らしい。
何という饒舌。
プロのDJも真っ青でございます(笑)。
一昨日(9/24)ご紹介した高脂肪悪玉説に凝り固まった琉球大大学院・益崎裕章教授とはエライ違いでございますな。
メタボの島に突如現れた救世主・渡辺信幸先生の今後の御活躍を御祈り致します。



『タマゴを食べてもっと元気になる!講座―病気を防ぐ“知的食生活”のすすめ』 [単行本]
矢沢 一良(著)
http://books.rakuten.co.jp/rb/%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%82%B4%E3%82%92%E9%A3%9F%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%82%82%E3%81%A3%E3%81%A8%E5%85%83%E6%B0%97%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%EF%BC%81%E8%AC%9B%E5%BA%A7-%E7%97%85%E6%B0%97%E3%82%92%E9%98%B2%E3%81%90%E2%80%9C%E7%9F%A5%E7%9A%84%E9%A3%9F%E7%94%9F%E6%B4%BB%E2%80%9D%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81-%E7%9F%A2%E6%B2%A2%E4%B8%80%E8%89%AF-9784774505534/item/1738882/

3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

5つ星のうち 5.0

タマゴは一日何個食べてもいい!!コレステロールは上がりませんから心配御無用。, 2010/7/20

By tsunco "CR・IF" (近畿地方・時々首都圏・たまに国外)
(トップ500レビュアー)

レビュー対象商品: タマゴを食べてもっと元気になる!講座―病気を防ぐ“知的食生活”のすすめ (単行本)

「コレステロール神話」全盛の今の世の中で、「タマゴをガンガン食べましょう」という勧めで御座います。『タマゴは1日幾つ食べてもいい。食べれるだけ食べていい。』と仰います。
荒木裕先生に嬉しい援軍でございます(笑)。
著者は、矢沢 一良先生。先生は現在、東京海洋大学の教授様でございます。
また、先生はお馴染みの日本脂質栄養学会(浜崎智仁理事長)の「ランズ賞1995」を受賞しておられます。「ランズ」とは米国国立衛生研究所(NIH)のLands博士に因んでいます。Lands博士は脂質栄養学の世界的権威でございます。

「タマゴから完全な一人前の動物が誕生する。即ち、足りないものが無い(筈)のがタマゴである。」
まさに仰るとおり。反論出来ません。
タマゴは「完全」栄養食品なのであります。
また、本著では脂肪酸、アミノ酸、ビタミンの基礎知識もしっかり教えてくれます。

更には、コレステロール神話をばっさり斬り、活性酸素の危険性を鋭く指摘しているところは最高でございます。LDL-Cを酸化するのは活性酸素。酸化LDLは異物と認識されて血管壁に蓄積されます。
LDL-Cは事故にたまたま巻き込まれた「善意の通行人」でございます。悪の元締めは活性酸素でございます。
惜しむらくは、その活性酸素をもたらす原因が化学物質や添加物のほうに行っているの残念至極。
そいつらも確かに悪者ですが、糖質がその原因の一番であるという処まで行ければ最高でしたが。惜しい〜〜っ(笑)。
糖質過剰は過剰酸化ストレスをもたらします。
おおかかさま(ミトコンドリア)は大変です。
糖質を食べれば食べるほど、細胞はドンドン老化します。
「食べるのは生きる為。また同時に、食べるとは死に近付く事である。」

星は間違いなく5つ。
成る程、『ランズ賞』に恥じない出来でございます。
皆様にお勧め出来る良著でございます。

PS 小生は日本養鶏協会と利益相反は一切ございません。回し者でも何でもありませんのでご安心下され(笑)。



『肉食のすすめ―いまの肉なし食生活では早死にする』 (リュウブックス) [新書]
柴田 博 (著)
http://books.rakuten.co.jp/rb/%E8%82%89%E9%A3%9F%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81-%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%AE%E8%82%89%E3%81%AA%E3%81%97%E9%A3%9F%E7%94%9F%E6%B4%BB%E3%81%A7%E3%81%AF%E6%97%A9%E6%AD%BB%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B-%E6%9F%B4%E7%94%B0%E5%8D%9A%EF%BC%88%EF%BC%91%EF%BC%99%EF%BC%93%EF%BC%97-%E5%8C%BB%E5%AD%A6%EF%BC%89-9784766703443/item/1140910/

6 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

5つ星のうち 5.0

「菜食が健康にいい」なんて神話は政治の産物である!, 2010/7/22

By tsunco "CR・IF" (近畿地方・時々首都圏・たまに国外)
(トップ500レビュアー)

レビュー対象商品: 肉食のすすめ―いまの肉なし食生活では早死にする (リュウブックス) (新書)

 著者は柴田博先生。先生は現在、桜美林大学の教授をお勤めでございます。『肉食ダイエット』の荒木裕先生に、又もや嬉しい援軍でございます。更に、先月(2010.6.22)東北大から注目すべき研究論文が発表されました。曰く「菜食偏重の人は骨折が3倍に増える。」そう、人々は真実に気付き始めたのでございます。

 柴田先生が、肉が健康にいいことに気が付いたのは、昭和47年に行った「100歳の調査」がきっかけだったそうです。その調査では、全国の100歳以上の長寿者405人を対象に、その食事内容を詳細に聞き込み分析しました。結果は、長寿者は皆「肉を食べていた」のであります。一方、菜食主義者は只のひとりもいなかったのです。やっぱり、そうでしたか。今から考えれば、当たり前と言えば当たり前。でも昭和47年の時点で気付くとは驚きで御座います。柴田先生素晴らしい!

 先生は「コレステロール神話」を見事なまでに斬りまくり、過剰活性酸素の害を鋭く指摘します。「適度なストレスは生きていく上で必要。」ここんところは、まさに最新のミトホルミーシス理論そのものでございます。実に素晴らしい。

 そして先生は、結局は「サクセスフル・エイジング」だと仰います。
「幸せな人生が目的であって、健康や長寿は目的ではない。」
ここも素晴らしい。一体何が「目的」で、何が「手段」なのか。そこんとこを間違ってはなりません。星は間違いなく5つ。皆様にお勧め出来る良著でございます。

 
Page: [1]
* 渡辺信幸先生がご本を出されたようです ( No.1 )
日時: 2012/07/22(日) 11:31:39 メンテ
名前: tsunco

クリックで原寸大表示します

夏井先生のブログからの情報です。
2012/7/9の発刊です。

『一生太らない体をつくる 噛むだけダイエット』 [単行本]
渡辺信幸 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%80%E7%94%9F%E5%A4%AA%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E4%BD%93%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8B-%E5%99%9B%E3%82%80%E3%81%A0%E3%81%91%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88-%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E4%BF%A1%E5%B9%B8/dp/4885747953/ref=pd_rhf_se_p_t_2

5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

5つ星のうち 5.0

沖縄ローカルから全国区へ, 2012/7/16
By ディアブロス

レビュー対象商品: 一生太らない体をつくる 噛むだけダイエット (単行本)
沖縄出身です。以前、家族や友人も含めて渡辺先生の患者でした。
(この先生は那覇の病院の院長です)

渡辺先生の理論は、誰もが簡単に痩せられる素晴らしい方法で
実際に痩せた人がたくさんいます。それも簡単に、短期間で痩せます。

変な器具を使ったり、すごい努力を強制されたりしないのに
ダイエットだけじゃなく、血糖値や中性脂肪値もよくなります。

女性は、胸は減らないのに下半身から減りますよ!
それに、肌がすべすべになり、髪は艶が出ます。
ウソみたいですが、本当です。

絶食とかリンゴダイエットとかでリバウンドした人には
ぜひともオススメしたい方法です。
我慢せずダイエットできるので、一読をオススメします。

本になって、沖縄のダイエット理論が全国進出です。やったね!


3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

5つ星のうち 5.0

全国の皆さんへおすすめです, 2012/7/16
By カムカムの弟子

Amazon.co.jpで購入済み(詳細)
レビュー対象商品: 一生太らない体をつくる 噛むだけダイエット (単行本)

以前、渡辺先生のクリニックに通っていた患者です。
初診時に72kgあったものが、4カ月で55kgになりました。
それから今まで、ずっと体重をキープしています。
(身長160cm、BMI21.5)

当時は血圧も上が160、HbA1cも7.5ぐらいあって
「完全に糖尿病。治療しなさい」と健診で言われていました。

それ以前にもいろんなダイエットをしましたが
いつもリバウンドして70kg台に戻る繰り返しでした。
40代で糖尿病なんてショックでしたし、薬を飲むのはイヤです。
そこで、別の治療ができる病院をネットで探して
渡辺先生の生活習慣病外来を見つけて通院しました。

そうしたら、大した努力をしたわけでもないのに、
あっという間に17kgも減りました。
(バストは落ちずに下半身から!)
血糖値も血圧も中性脂肪も、全部標準値に入ってます。

渡辺先生は沖縄の肥満を減らす努力をされていますが、
この本で全国のおデブさんが救われると思います。
特に女性には絶対オススメの方法です。


糖質制限食の効果・沖縄徳洲会こくらクリニック・渡辺信幸先生 2012年02月02日 (木)
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-1968.html
>こんばんは。
沖縄徳洲会こくらクリニック 渡辺信幸先生から、糖質制限食の効果という、コメントをいただきました。
【糖質制限食の効果。
こんにちは。沖縄の渡辺信幸です。本日外来通院中の患者さんから、先生のブログに私が掲載されていると聞き、喜んでいます。
以前より先生の著作や、ブログを参考にさせていただき、5年ほど前から低炭水化物指導をしています。先生もご指摘の通り、高血圧、高尿酸結晶、脂質異常症、糖尿病、不眠、うつ病の患者さんへの驚くべき効果があります。
炭水化物を減らすと、必然的に、高蛋白、高脂肪食になります。(もちろん両者とも動物性を勧めています)。その時にでてくるのが、「肉を食べる と、癌になったり、血液がドロドロになる」、「卵を食べるとコレステロールが増える」、「玄米菜食の粗食が体にいい」などの、科学的に根拠のない迷信なのです。
特に沖縄県内は、日本一のメタボ島になったせいか、このような間違った迷信による指導が今も続き、「糖尿病の人は、肉や卵を減らして、米と野菜 を食べなさい」といった指導が現在も多くの病院でなされているのが現状です。未だに、肉は週に一回、卵は二日に一回などなど。(そのせいで肥満、糖尿病が 増え続けているのですが)。
私の診療経験では、炭水化物を中心とした粗食が、様々な疾患を引き起こすことは明らかなのですが、まだまだ肉食、食の欧米化に対する偏見が多く、困っている状況です。とくに豚肉食の文化のある沖縄の皆さんに対して、特に肉食を忌避する指導が強いように思われます。
今回は、「チョコさん」の御縁で先生に御連絡できることを感謝します。「チョコさん」ありがとうございます。
江部先生には是非一度沖縄にお呼びして、討論会でも企画させていただきたいと考えています。また日を改めて、ご連絡差し上げます。これからも低炭水化物食の御指導をよろしくお願いします。
  沖縄徳洲会こくらクリニック 渡辺信幸
よろしければ、私は、低炭水化物食の指導をローカルFM局で放送していますので録画ではありますが、是非ご覧になってください。できれば、ご感想、御指導などもお待ちしています。
http://www.nantoku.org/kokura/hon.html
渡辺信幸 先生
拙著のご購入ありがとうございます。
先生のご意見に、私も全く同感です。 (^^)
米国では1970年代から、脂質摂取が良くないというキャンペーンが始まりました。
特に1977年、米国初の公的食生活ガイドライン(DGAC)が発表されて、
「炭水化物の摂取比率を増やし、脂質摂取比率を減らせ。」 「飽和脂肪酸、コレステロール、塩分の摂取を減らせ。」
という方針が明示されました。
その結果、     1971年    2000年
脂質摂取比率 36.9%    32.8%
糖質摂取比率 42.4%    49.0%
と30年かけて、見事に目標は達成されたのです。
しかし、肝腎の病気の方は、脂質が減少して糖質が増加したのに、肥満倍増、糖尿病も激増という悲惨な結果となったのです。米国では、その悲惨な状況は2000年以降もそのまま続いています。
日本でも、「戦後糖質摂取が減り続け、脂質摂取が増え続けた」というのが従来の説ですが、実際には、1965年から1980年までだけがその通りなのです。
1945年から1965年までは、終戦後で貧乏だったので、安価な炭水化物中心の食生活が続いていました。炭水化物の摂取比率は80%くらいでした。
いわゆる高度経済成長が始まってしばらくして、経済的に豊かになった1965年から1980年まで約15年間
「戦後糖質摂取が減り続け、脂質摂取が増え続けた」わけです。
1980年からの10数年間は、脂質・糖質・タンパク質の摂取比率はあまり変化がありません。
そして、1997年からは、脂質摂取比率は減少しはじめ、糖質摂取比率は増加してきました。
脂質は減少し、糖質は増加してこの間、糖尿病・肥満は激増しています。
結局、日本も米国と一緒ですね。
【江部先生には是非一度沖縄にお呼び して、討論会でも企画させていただきたいと考えています。また日を改めて、ご連絡差し上げます。】
とても嬉しいご提案です。(⌒o⌒)v
是非、沖縄で糖質制限食のシンポジウムなどご企画いただけば、喜んで参上致します。
渡辺先生、宜しくお願い申し上げます。 m(_ _)m
江部康二


>沖縄で糖質制限食のシンポジウム

もしこの会が実現出来た際には、益崎琉球大教授も是非呼んで欲しい物でございます(笑)。

* Re: 渡辺信幸先生の「カムカムダイエット」の真実 ( No.2 )
日時: 2013/06/07(金) 18:00:44 メンテ
名前: りゅうが

カムカムダイエットをやっています。
一口30回以上噛んでいますし、毎日体重計にも乗っているのに ちっとも痩せません。
Page: [1]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須

   クッキー保存