window
トップページ > 記事閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
* 『ワクチンラグ』:どこまでも悠長なワクチン後進国・日本

日時: 2011/10/22(土) 08:17:35 メンテ
名前: tsunco

クリックで原寸大表示します

我が国は世界有数の「ワクチン後進国」でございます。
世界ではとっくの昔に「常識」のワクチンが何時まで経っても承認・供給されない。
これを『ワクチンラグ』と言います。
他にも我が国には色々と『ラグ』がございます。
『ドラッグラグ』=新薬の承認に異常に時間が掛かる事。
『デヴァイスラグ』=医療機器の承認に異常に時間が掛かる事。
そして極め付けは『ジェットラグ』??(笑)。
私に言わせれば、将に木っ端役人どもの「究極のサボタージュ」。
今度はポリオワクチンでまたまた大混乱・大バトルの様相です(笑)。


ポリオ不活化ワクチン提供、厚労相「望ましくない」
http://www.asahi.com/national/update/1018/TKY201110180133.html

>ポリオの予防接種で、神奈川県が国内ではまだ承認されていない不活化ワクチンを提供する方針を打ち出したことについて、小宮山洋子厚生労働相は18日の閣議後の会見で「健康被害が生じた際に救済制度がないなど、行政上望ましいことだと思わない」と述べた。
厚労相は「(生ワクチンに対する)国民の不安をあおって、結果として全国的に生ワクチンの接種を控える人が増え、免疫を持たない人が増加する恐れがある」とも指摘した。
厚生労働省は、病原性をなくした不活化ワクチンが導入されるのは早くても来年度末になるとし、それまでは、生ワクチンの接種を受けるよう呼びかけている。


不活化ワクチン有料提供を発表 ポリオで神奈川県
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E3EAE2E6E48DE3EAE3E2E0E2E3E39191E3E2E2E2;at=DGXZZO0195583008122009000000

>神奈川県は18日、乳幼児のポリオ(小児まひ)の予防接種で、未承認の不活化ワクチンを有料提供すると発表した。海外では不活化ワクチンが主流で、副作用がないとされる。県は準備が整い次第、保健福祉事務所で接種を始める。
ポリオワクチンのうち国内で公費負担の定期接種として認められているのは生ワクチンのみ。県は神奈川県立病院機構に協力を求め、医師が海外からワクチンを個人輸入する。料金は5000〜6000円で、健康被害が起きた際の補償はない。
小宮山洋子厚生労働相が「生ワクチンの摂取を控えることで、免疫を持たない人が増える恐れがある」としていることに関し、同日会見した黒岩祐治知事(写真)は「副作用のおそれがある生ワクチンを県民に接種してくださいと言えるのか」としたうえで、「国は不活化ワクチンの導入を前倒しすべきだ」と述べた。


http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/211018038.html


神奈川県vs国(厚労省)
黒岩vs小宮山。
勿論、私は黒岩祐治神奈川県知事(写真)の言い分に一理ありと思います。
小宮山さんには「未承認の不活化ワクチンで何か有った場合、国で面倒見させて貰う」くらい言って欲しかったな。
折角、タバコ税では見識の高いとこを示しただけに残念でございます。
それにしても神奈川県民は幸せです。
見識が高く機動力もあるトップを選べば、県民にも見返りが有るって事でしょうか(笑)。


この件に関連して『ひろばアーカイブ』から4編、再掲致します。


@〜「ワクチン後進国」(2009/10/4)〜
この10/19より、いよいよ、新型インフル・ワクチンの接種が始まります。
しかし、原則的に有料です。しかも、かなりの高額です。
(生活保護世帯や市町村民税非課税世帯は確かに無料ですが)

新型インフル ワクチン接種、費用は1人6150円に
http://www.asahi.com/national/update/1001/TKY200910010295...

我が家の様に、家族4人だと24、600円ナリ。
高過ぎです、幾らなんでも。

今回の場合、一種の「社会防衛」なんですから、公費負担で無料にすべきだと考えます。
予算規模が大き過ぎると言うなら、半額〜1割負担とか。
いずれにしろ、公費を思い切って投入すべきと考えます。

先日触れた、肺炎球菌ワクチンにしたって、日本で全然普及しないのは高額(8000円前後)だから、全額自己負担だから。
先進国では日本位です。
「ワクチン後進国」の面目躍如でございます(笑)。
お隣の中国でさえこんな感じでございます。

新型インフル、北京市でワクチンの無料接種が始まる
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0913&f=nati...

新型インフルエンザの無料予防接種、上海市では9月末から
http://www2.explore.ne.jp/news/articles/13210.html?r=sh

「無料」「無料」。羨ましい限りでございます。

そんなワクチン行政が誠にお粗末な我が国ですが、例外的にこんな立派な自治体もございます。

吉富町 肺炎ワクチン無料化へ 新型インフル対策 70歳以上に
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/123622


実際には他の熱心な一部の自治体(写真上:クリックして拡大)でも公費助成を始めておられます。
そう言うところは、どこも医療費削減したいみたいです。

一部の自治体では予防接種に公費助成を行っている
http://www.asahi.com/health/jhcolumn/041220/

肺炎球菌ワクチン 公費助成で医療費減も
http://sankei.jp.msn.com/life/welfare/090806/wlf090806080...

日頃、余りに売れないから、メーカーの在庫も極端に少ないので、途端にこんな事になっちゃいます。

肺炎球菌ワクチン品切れ インフル重症化に備え注文殺到
http://www.asahi.com/national/update/1003/OSK200910030064...

あちらでは2000万人分も備蓄してると言うのに・・・
桁が二つも違います。
ホントにお粗末な「ワクチン後進国」でございます。トホホ。



A〜本日いよいよ接種開始(2009/10/19)〜
本日から、カテゴリー1(医療従事者)の接種開始でございます。

インフルワクチン、新型・季節性の同時接種OK 
http://www.asahi.com/national/update/1018/TKY200910180231...

・新型・季節性の同時接種OK
・成人の肺炎球菌ワクチンについても、医師の判断のもとで、新型インフルワクチンとの同時接種や、2回目以後の接種ができることを確認
・「添付文書」に「原則、妊婦へは接種しない」とあるため、今後これを削除

漸くと言いますか、日本でもかなり積極的になって来ております。
但し、そうは言っても、世界水準からすると我が国のワクチン行政が飛び抜けて消極的過ぎただけに過ぎないのですが・・・

我が国の厚生官僚の小役人根性、保身・事勿れ主義、即ち
「ワクチンが無くて(遅れて)何千人、何万人死のうが我々には害はない。不作為責任はめったに問われない、少なくともこの国では。但し、ワクチンの副作用でもし一人でも死んだら、われわれは確実に承認責任を問われる。だったら、最後尾を付いて行ったらそれで充分。先頭集団にいる必要は全く無い。」

これって下衆の勘繰り過ぎでしょうか。
もっとも、その姿勢を黙認して来た、不作為には鈍感すぎる我々国民の側や、ワクチンの有害作用例はセンセーショナルに報道するのに、諸外国では常識のワクチンが遅れていることで犠牲になっている何千、何万人と言う国民被害者はスルーするマスコミにも問題がありそうですが・・・。

ワクチン後進国日本の惨状
http://ahoudori0.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-0863...

>いままでワクチンの副作用で国が訴えられると、殆ど国が敗訴してきた。それで担当課長は任期中にリスクを取りたがらない。責任を行政担当課だけに負わせずに、米国の米国予防接種諮問委員会のように行政、医師、研究者、公衆衛生専門家、消費者からなる委員会が承認・普及を促す仕組みを作るべきだ。

残念ながら、国民の健康を守る仕組みが無いのが日本で御座います。
糖質制限とワクチン。
いずれも国民の近未来の健康に直結します。
予防に関する事にはもっと積極的であっても宜しいかと思うのですが。



B〜子宮頸癌ワクチンと坂井 泉水さん(2009/10/19)〜
ZARDの坂井 泉水さんの事を皆様よくご存知の事と思います。(写真)
彼女は子宮頸癌と戦っていました(2007年没、享年40歳)。

子宮頸癌:ZARDの坂井泉水さん雨で転落死
http://oisha.livedoor.biz/archives/50987465.html

当時、日本にも子宮頸癌ワクチンがあったらと、つくづく思ってしまいます。
子宮頸癌は国内では年間約3500人もの女性の死因となっています。

その子宮頸がんワクチンですが、我が国でもようやく先週末(10/16)に承認されました。
何でも年内にも発売予定だとか。
海外よりも大幅に遅れての承認ですが、「一歩前進」と言う所でしょうか。

子宮頸がん抑止に本腰 厚労省、ワクチン承認へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090928-00000050-san-soci

がんはワクチンで予防できる時代へ 
本邦初の子宮頸がん予防ワクチン
「サーバリックス®」、承認取得
http://www.glaxosmithkline.co.jp/press/press/2009_07/P100...

>12歳の女児全員が接種すれば、頸がんにかかる人を73・1%減らせる。死亡者も73・2%減る。
>「若くして子宮頸がんになり、子供を授かる前に子宮を取ったり、幼い子供を残して死んでいく女性が増えている。費用負担の問題は日本が女性と子供を大切にする国であるかどうかの試金石になる」

実に重い御言葉でございます。
予防に勝るもの無し。
糖質制限もワクチンも予防医学の最たるものでございます。

「ワクチン後進国」脱却を
http://mainichi.jp/select/science/news/20090922ddm0130701...

>日本は「がん対策後進国」にとどまらず、「ワクチン後進国」だったといえます。今回の議論を通して、「ワクチン先進国」へ仲間入りしてほしいものです

激しく同意でございます(笑)。
「予防接種諮問委員会」を早急に設置し、「最下位」を脱出する為の仕組みを整備すべきでございます。
坂井 泉水さんの悲劇を繰り返してはなりません。
遅ればせながら、彼女のご冥福を心からお祈り申し上げます。




C〜漸く、重い腰を上げるかも(2010/1/4)〜
我が国が「ワクチン後進国」である事は何度か書いて来ました(10/4、10/19)。
子供たちも、女性も大切にしない、守らない国、それが日本。
しかし、遅蒔きながら、少し動きが見られるようになって来たみたいで御座います。
昨日の朝日から。

水痘・ヒブワクチン・肺炎球菌の定期接種化を検討
http://www.asahi.com/health/news/TKY200912250202.html

>WHOが全地域に勧告しているワクチン8種類のうち、日本は4種類がまだ定期接種化していない。

>接種費用が無料のワクチンが少なく、「ワクチン後進国」と呼ばれる現状を打開するのがねらい。

>ワクチンについては、副作用を懸念する意見も根強く、議論は曲折も予想される。

もし今回の話が実現すれば、漸く、後方集団に付いて行けそうです。
どう見ても、遅過ぎますが・・・。

「ワクチン後進国」ワクチンに対する誤解が日本の医療を貧しくさせる
http://skyteam.iza.ne.jp/blog/entry/1206688/

ヒブワクチンってのは、あんまり知られていないので、リンク張って置きます。

ヒブワクチン
http://himonyadayori.com/medical_2009.02.php
http://www.takedakodomo.com/Hib-vaccine.htm

細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会
http://zuimakuen.net/


 
Page: [1]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須

   クッキー保存