window
 
トップページ > 記事閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
* 医食同源〜「食」のセンシングとメタボエイジング

日時: 2011/10/26(水) 06:41:14 メンテ
名前: tsunco

クリックで原寸大表示します

少しばかり気の早い話で御座いますが、
来年の日本抗加齢医学会総会(2012/6/22〜6/24:横浜)のプログラムがHP上で発表されつつあります。
大会会長は斎藤一郎・鶴見大教授(写真)。
ちょっと覗いて見ましょう。


第12回日本抗加齢医学会総会
http://www.mediproduce.jp/12jaam/index.html
http://www.mediproduce.jp/12jaam/program.html

特別講演
日野原重明 (聖路加国際病院 理事長)
招待講演
調整中
教育講演
調整中
特別シンポジウム
医科歯科連携
シンポジウム
1.医食同源〜「食」のセンシングとメタボエイジング
2.腹八分目に医者いらず〜カロリーリストリクション!
3.転ばぬ先の杖〜ロコモーティブ症候群とアンチエイジング
4.悪事千里を走る〜血管老化を知って、アンチエイジングを考える
5.三尺流れれば水清し〜autophagyと老化
6.少年老い易く学成り難し〜テストステロン医学の最先端2012
7.老い木に花咲く〜見た目の老化に対する内的制御
8.早起きは三文の得〜生活リズムを制御する生物時計機構
9.身から出た錆〜ミトコンドリアから長寿を科学する
10.後悔先に立たず〜がん予防
11.頭の天辺から足の爪先まで〜見た目の老化
12.中庸の徳〜インスリンシグナルと寿命・疾患
13.立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花〜運動器における老いを科学する
14.酒は百薬の長 VS 酒池肉林〜NASHとASHは同じか?
15.適材適所〜老化を早期に体感する器官・臓器と抗加齢
16.錦上添花〜改めて女性ホルモン補充療法の功罪を考える - HRTガイドラインの改訂へ向けて
17.ひょうたんから駒〜器官・臓器の再生医療をめざす!
18.口は禍のもと〜口腔から考える全身医療
19.人のふり見て我がふり直せ〜臨床研究の文明の開化
20.光陰矢のごとし〜体内時計からアンチエイジングを考える
21.覆水盆に返らず〜放射能と生きる時代に医師として考える
22.ものは相談〜メディカルコーチング
23.論より証拠〜疫学から見た健康長寿のエビデンス
24.朱に交われば赤くなる〜細胞外環境が引き起こす器官形成と再生機構
25.百聞は一見にしかず〜基礎・臨床領域におけるイメージングの最前線
26.蛍雪の功〜光学医療とアンチエイジング
27.他山の石〜ミネラルが関わる健康と病気:そのメカニズムに迫る


流石に日本抗加齢医学会です。
特別講演に今年10/4に満100歳を迎えた日野原重明先生を招請しています。
実に素晴しい。
そしてシンポも「いの一番」から、
『医食同源〜「食」のセンシングとメタボエイジング』
此のタイトルからして、伊藤裕教授(慶大医)が座長を勤めるに間違い有りませんな(笑)。
彼が今年此の学会の理事に選ばれたからこそだと思います。
健康長寿・ピンコロには、まずは「食」からってことでございますな(笑)。

他にも
2.腹八分目に医者いらず〜カロリーリストリクション!
5.三尺流れれば水清し〜autophagyと老化
8.早起きは三文の得〜生活リズムを制御する生物時計機構
12.中庸の徳〜インスリンシグナルと寿命・疾患
13.立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花〜運動器における老いを科学する
14.酒は百薬の長 VS 酒池肉林〜NASHとASHは同じか?
20.光陰矢のごとし〜体内時計からアンチエイジングを考える
23.論より証拠〜疫学から見た健康長寿のエビデンス

なんかも、ここでしょっちゅう取り上げている非常に興味のあるテーマばかりで御座います。
今から楽しみです。
それにしても格言・諺を頻繁に使うところなんかは、斉藤先生は伊藤によく似ていますな、素晴しい。
皆様、来年6月は横浜で是非お会い致しましょう(笑)。



第12回日本抗加齢医学会総会・会長挨拶
http://www.mediproduce.jp/12jaam/kaicho.html
会長 斎藤 一郎
鶴見大学歯学部病理学講座 教授
鶴見大学歯学部附属病院 病院長

>この度、第12回日本抗加齢医学会総会を2012年6月22日(金)〜24日(日)の3日間、パシフィコ横浜にて開催させていただくこととなりました。
日本抗加齢医学会も12年目を迎え、年々会員数が増加し、今では6,600名を超える会員を擁する学術団体として活動しております。
これまでの会員の皆様のご尽力により、医学としてのアンチエイジングは進歩し、サイエンスとしても認識されつつあり、「アンチエイジング」という言葉は世間でも浸透してまいりました。しかし、このように「医学」としてのアンチエイジングは進歩いたしましたが、その情報が「医療」として十分に一般社会に浸透し、「文化」として根付いたとはまだ言えない状況です。
そこで、今回は主テーマを「アンチエイジング医学の文明開化−Anti-Aging Medicine Civilization −」 といたしました。文明開化の中心ともいえる横浜で、アンチエイジング医学が真に人々の生活を豊かにし、文化レベルまで発展することを目指して開催したいと思います。
第12回総会の特別講演は、2012年11月(2011/10/4の間違い!!)に100歳を迎えられる日野原重昭先生にお願いいたしました。また、招請講演、教育講演、一般口演、ポスター発表に加え、コメディカルのかたがた主導の指導士プログラムを継続して開催いたします。「The 2nd International Conference on Anti-Aging Medicine」も同時開催いたします。
現在の医学・歯学は臓器別や診療科に細分化され、特化することで発展してきましたが、「均質な老化」を目指す新たな領域としてのアンチエイジングでは、体全体を視野に入れ、脳、骨、目、肌、筋肉、血管、口腔などから思考に至るまでの横断的な対応が不可欠です。参加者の皆様とともに、日本抗加齢医学会が、超高齢社会である日本国民の健康増進と生活の質向上に一層貢献するために、最新の医療全般を包括的に取り上げ考えて行きたいと思っております。
学会の合間には、異国情緒あふれる横浜で散策や美味しいお料理も楽しんでいただきたいと思います。皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。



『臓器は若返る メタボリックドミノの真実』 (朝日新書) [新書]
伊藤 裕 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E8%87%93%E5%99%A8%E3%81%AF%E8%8B%A5%E8%BF%94%E3%82%8B-%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%9C%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F-%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E4%BC%8A%E8%97%A4-%E8%A3%95/dp/4022733535/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1313797651&sr=1-1

20 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

5つ星のうち 5.0

釜池豊秋先生とこれからの日本を引っ張って行く人材・伊藤裕教授は「現代のニュートン」である!!, 2010/9/6

By tsunco "CR・IF" (近畿地方・時々首都圏・たまに国外)
(トップ500レビュアー)

レビュー対象商品: 臓器は若返る メタボリックドミノの真実 (朝日新書) (新書)

私が尊敬する伊藤裕教授(慶大医)の一般向けの初めてのご本です。筆者は朝日新聞夕刊(月曜日)の「アンチエイジング:10歳若返る」という連載コーナーにずっとご登場でしたのでご存知の方も多いかと思います。私は日頃、教授の事を「現代のニュートン」とか「途轍もない才能」とか「医学会のイチロー」と呼んでいます。何故なら、これからの日本を引っ張っていく飛び抜けた人材、類い稀な才能だと確信しているからです。各項目の初めや終わりに古今内外の偉人の名言・格言・詩歌を挿入する辺りは教養人の教授らしい。ピピリと山椒が効いて締まっています。

「メタボリック症候群(所謂メタボ)」は既に一般化しており、今や小学生でも知っています。一方、サブタイトルにある「メタボリックドミノ」は残念ながら未だ一般の方には余り知られておりません。「メタボリックドミノ」とはメタボリック症候群に時間軸(縦軸)を持ち込んだ素晴しい概念で、見れば見るほどに良く出来た図(巻頭カラー)であります。「何が上流で、何が下流か」そして、連鎖・相互作用・リズム・メモリーを重要視する教授。現在では才能は、更に進んで「メタボエイジング(133p)」という革命的概念まで至っております。病気や老化をミトコンドリア機能異常から理解する事の重要性について早くから着目しています。

人類が元々は骨髄食していた事(27p)や、脳はケトン体を利用出来る事(54p)、そしてインスリン抵抗性は一種の防衛反応である事(150p)に言及する辺りは流石に伊藤教授。実に素晴らしい。「生命体は生きるために食べると言うよりむしろ、食べるために生きている。」「食べるとは生きる事、そして死に近付く事でもある。」科学者であり同時に哲学者でもある伊藤教授らしい文言の連続です。そして「あらゆる病気の最上流にはミトコンドリア機能異常がある」とは、NHKのサイエンスゼロ・ミトコンドリア特集〜健康のカギをにぎる!?ミトコンドリアの新常識〜(2009.11.)での、教授のコメントでございます。 彼は遙か上流を見据えています。

尚、伊藤裕教授は釜池豊秋先生(=「現代のガリレオ」そして「現代の龍馬」)とも懇意にされており、釜池先生のブログ(アクアクリニック『理事長の食事日誌』)にも2度登場しています。「糖質ゼロ」や「グルコース制限」まできっぱりと踏み込んだ釜池先生の著作に比べると若干オブラートに包み過ぎの感も無いではないが、我が国のトップクラスの医学部(慶応大学)の教授というお立場上、致仕方なし。 老化・寿命・時間医学・食と健康に関心のある全ての方にお勧め致します。是非是非ご一読を。傑作です、本当に。


Nスペ『日野原重明 100歳 いのちのメッセージ』(2011/10/4)
http://bbs11.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=ppkorori&mode=view&no=224

日野原先生は『セミかまいけ式』(2011/7/26)
http://bbs11.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=ppkorori&mode=view&no=170

 
Page: [1]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須

   クッキー保存