window
トップページ > 記事閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
* アルツハイマー病に抗酸化ビタミンサプリメントは有害かも

日時: 2012/03/29(木) 09:03:27 メンテ
名前: tsunco

クリックで原寸大表示します

何時も御世話になっている『HealthDay News』の一昨日(3/26)の記事から。
抗酸化ビタミンサプリメントの過大評価は危険である事がまた一つ示された様でございます。
ご紹介致します。
尚、本日の写真はニック レーン (著)の『生と死の自然史―進化を統べる酸素』 です。
ミトコンドリアの大切さを物の見事に描き切っている名著でございます。

アルツハイマー病に抗酸化ビタミンサプリメントは無効、有害性も(2012.3.26掲載)
http://www.healthdayjapan.com/index.php?option=com_content&view=article&id=3662:2012326&catid=49&Itemid=98
>抗酸化物質がアルツハイマー病の軽減に有用である可能性がいくつかの研究で示唆されているが、ビタミンE、ビタミンC、α(アルファ)リポ酸の“カクテル(混合物)”は、アルツハイマー病の診断指標(マーカー)に影響を及ぼさないことが、新しい研究によって示された。これらのサプリメント(栄養補助食品)が精神機能低下を早める可能性もあるという。
医学誌「Archives of Neurology(神経学)」オンライン版に3月19日掲載された今回の研究で、米カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)神経科学招聘教授のDouglas Galasko氏らは、米国立加齢研究所(NIA)の資金提供による研究の一端で、アルツハイマー病患者78例を対象に抗酸化物質サプリメントを投与した。
同氏らは被験者を3群に分け、第1群にビタミンEおよびC、αアルファリポ酸を1日1回、第2群にコエンザイムQ(細胞を損傷から保護するために体内で自然に作られる化合物)を1日3回、第3群にプラセボを投与した。16週間後、66例の脳脊髄液を分析した。
その結果、アミロイドβ(ベータ)蛋白、タウ蛋白、リン酸化タウ(P-タウ)など、3群においての脳脊髄液内でのアルツハイマー病関連マーカーに差は認められなかった。マーカーの1つであるF2-イソプロスタンレベルは低く、脳内の酸化ストレスの減少を示している可能性があった。しかし、ビタミンの使用が疾患の進行速度を速め、より急速な精神機能低下につながる可能性があるという。
同氏は「サプリメントの脳内の酸化ストレスに対するベネフィット(便益)は小さく、その意義は不明である。この短期試験で認知能の改善はみられず、実際、抗酸化物質の組み合わせを用いた患者では認知力検査の1つでやや悪化が認められた。アルツハイマー病に対する抗酸化物質の研究を継続するためには、より新たな方法または薬剤が必要と思われる。今回の研究は、抗酸化物質の摂取がアルツハイマー病予防に有用かどうかを示すものではない」と述べている。
米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)デビッド・ゲフェンDavid Geffen医学部アルツハイマー病研究センター副所長のGreg Cole氏は、「認知力低下の増大はランダムな変動(random variation)による可能性がある。無害と見られていた抗酸化物質カクテルに有害性が認められたことは驚きである」と述べている。(HealthDay News 3月19日)


Antioxidants May Not Help Alzheimer's Patients
Vitamin cocktail might even speed up mental decline, researchers say
http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=662900
By Steven Reinberg
HealthDay Reporter
MONDAY, March 19 (HealthDay News) -- Researchers have suggested that antioxidants might help thwart Alzheimer's disease, but a new study finds that a "cocktail" of vitamins E, vitamin C and alpha-lipoic acid has no effect on certain indicators of the brain disorder.
The supplements may even have hastened mental decline, the researchers said.
"The benefit on oxidative stress in the brain was small and is of unclear significance," said lead researcher Dr. Douglas Galasko, a professor in residence in the department of neurosciences at the University of California, San Diego.
"Patients did not show cognitive improvement in this short-term study; in fact, there was a slight worsening on one test of cognition in patients who received the antioxidant combination," Galasko said.
Aging causes oxidative damage in the brain, which is extensive in people with Alzheimer's disease. Clinical trials looking at whether a diet rich in antioxidants could reduce that risk have had mixed results, the researchers said.
This study does not support using any of these antioxidants once a diagnosis is made of established Alzheimer's disease, Galasko said. "If antioxidants continue to be tested against Alzheimer's disease, newer approaches or drugs may be needed," he said.
This study, published in the March 19 online edition of the Archives of Neurology, does not address whether taking antioxidants could help to prevent Alzheimer's disease, he noted. Alzheimer's disease is the most common form of dementia among older people.
For the study, Galasko's team gave antioxidant supplements to 78 patients with Alzheimer's disease who were part of a study funded by the U.S. National Institute on Aging. The patients were placed into three groups. One group received daily doses of vitamin E, vitamin C and alpha-lipoic acid. A second group was given coenzyme Q (a compound made naturally in the body to protect cells from damage) three times a day. The third group received a placebo. After 16 weeks, 66 patients had their cerebrospinal fluid analyzed.
Among the three groups, the researchers found no difference in markers related to Alzheimer's disease in the cerebrospinal fluid. These markers included the amyloid-beta protein and the proteins tau and P-tau.
Galasko's group did see lower levels of one marker called F2-isoprostane, which could indicate a reduction in oxidative stress in the brain. However, the use of vitamins might have increased the pace of the disease, causing faster decline in mental ability, they cautioned.
Greg Cole, associate director of the Alzheimer's Disease Research Center at the University of California, Los Angeles David Geffen School of Medicine, said that vitamin E alone has shown some limited benefits in Alzheimer patients, but with no evidence that it really works to reduce oxidative damage, and that alpha lipoate -- a form of alpha-lipoic acid -- alone has also had some reported benefits, he said.
"Unfortunately, these researchers found no impact on pathological protein levels, and in their small group of patients, their cognitive function actually declined more than in the placebo group," Cole noted.
The increased cognitive decline might be due to random variation, he said, "or it may be a surprising but real adverse effect from something as seemingly innocuous as an antioxidant cocktail."
His research group has seen similar adverse effects from some, but not all, antioxidant mixes, he said.
"This should be a caution to the supplement manufacturers who typically sell products throwing in some mix of what seems like a great group of sensible antioxidants," he added. "Everyone assumes that they will work well together and are good for you, but they don't test them."
More information
For more information on Alzheimer's disease, visit the Alzheimer's Association.
SOURCES: Douglas R. Galasko, M.D., professor in residence, Department of Neurosciences, University of California, San Diego; Greg M. Cole, Ph.D., neuroscientist, Greater Los Angeles VA Healthcare System, and associate director, Alzheimer's Disease Research Center, University of California, Los Angeles, David Geffen School of Medicine; March 19, 2012, Archives of Neurology, online
Last Updated: March 19, 2012
Copyright © 2012 HealthDay. All rights reserved.


〜本日の関連記事〜
ミトホルミーシス仮説ふたたび(2011/4/21)
http://bbs11.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=ppkorori&mode=view&no=69

Mitohormesis概念:英語に自信のある方は是非どうぞ(2011/12/12)
http://bbs11.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=ppkorori&mode=view&no=294

バトルY:サプリメント補給は是か?非か?(2012/1/17)
http://bbs11.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=ppkorori&mode=view&no=319

またも伊藤のメジャー叩き:ビタミンE過剰は骨粗鬆症を促進する(2012/3/14)
http://bbs11.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=ppkorori&mode=view&no=364


Article
Glucose Restriction Extends Caenorhabditiselegans LifeSpan by Inducing Mitochondrial Respiration and Increasing Oxidative Stress
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17908557
Tim J. Schulz,1,2 Kim Zarse,1 Anja Voigt,1,2 Nadine Urban,1 MarcBirringer,1 and Michael Ristow1,2,*1Department of Human Nutrition, Institute of Nutrition, University of Jena, D-07743 Jena, Germany
2German Institute of Human Nutrition Potsdam-Rehbru¨ cke, D-14558 Nuthetal, Germany
*Correspondence: mristow@mristow.org
Cell Metabolism 2007 Oct;6(4):280-93.DOI 10.1016/j.cmet.2007.08.011
SUMMARY
Increasing cellular glucose uptake is a fundamentalconcept in treatment of type 2 diabetes,whereas nutritive calorie restriction increases life expectancy. We show here that increased glucose availability decreases Caenorhabditis elegans life span, while impaired glucose metabolism
extends life expectancy by inducing mitochondrial respiration. The histone deacetylase Sir2.1 is found here to be dispensable for this phenotype, whereas disruption of aak-2, a homolog of AMP-dependent kinase (AMPK), abolishes extension of life span due to impaired glycolysis. Reduced glucose availability promotes formation of reactive oxygen species(ROS), induces catalase activity, and increases oxidative stress resistance and survival rates, altogether providing direct evidence for a hitherto hypothetical concept named mitochondrial hormesis or ‘‘mitohormesis.’’ Accordingly,treatment of nematodes with different antioxidants and vitamins prevents extension of life span. In summary, these data indicate that glucose restriction promotes mitochondrial
metabolism, causing increased ROS formation and cumulating in hormetic extension of life span, questioning current treatments of type 2 diabetes as well as the widespread use of antioxidant supplements.


〜本日の参考図書〜
『メガビタミン・ショック―隠蔽されてきた「病気産業」震撼のビタミンC超健康パワー』 [単行本]
平井 和正 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E2%80%95%E9%9A%A0%E8%94%BD%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%80%8C%E7%97%85%E6%B0%97%E7%94%A3%E6%A5%AD%E3%80%8D%E9%9C%87%E6%92%BC%E3%81%AE%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3C%E8%B6%85%E5%81%A5%E5%BA%B7%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC-%E5%B9%B3%E4%BA%95-%E5%92%8C%E6%AD%A3/dp/4896921968/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1330918066&sr=8-1

3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

5つ星のうち 2.0

抗酸化剤・ビタミン剤などの老化防止のサプリメントは、かえって老化を促進する, 2011/2/21

By tsunco "CR・IF" (近畿地方・時々首都圏・たまに国外)
(トップ500レビュアー)

レビュー対象商品: メガビタミン・ショック―隠蔽されてきた「病気産業」震撼のビタミンC超健康パワー (単行本)

メガビタミン。
普遍の大真理なのか、それとも胡散臭いマルOなのか。
シンパもアンチも両派の方が読むと良い作品である。
筆者は医師でも研究者でもなく、作家(「8マン」の原作者)の平井氏。
前半部分はライナス・ポーリング博士 著の『ポーリング博士のビタミンC健康法』をベースにしたコミック形式なので、あっと言う間に読めてしまう。
そして後半は実践編・対談編。
これも読み易い。

この際、現代サイエンスライター界・最高峰のニック レーン 著の『生と死の自然史―進化を統べる酸素』 [単行本] の第9章
『ある逆説--ビタミンCと抗酸化剤の多彩な顔』251p〜285p

も同時に読まれん事を是非お勧めする。
こちらの作品もライナス・ポーリング博士の生涯から話が始まる。
しかし、こちらは大層小難しく、実に難解なご本である。
読むのに大変時間が掛かるが、内容は実に秀逸。

欧米の医師・研究者は何故かこの手の研究が大好きで、最近いろいろとエビデンスが出て来ている。
英語に自信があり、海外有名医学雑誌にアクセス出来る方はそちらも参考にすると良い。
結局、どちらを信じるかは、読者ご自身が決めればいい事なのである。
因みに、釜池豊秋先生に深く帰依する私は勿論、先生のお教え通り「後者」を信じるのであるが。
ライナス・ポーリング博士と釜池豊秋先生。
高用量抗酸化ビタミンに関して言ってる事は正反対なのだが、あらゆる誹謗中傷の中で生き抜いていく姿はピッたと重なっていて実に興味深い。
星は2つ。
「メガビタミン」に興味のある方は批判的に読まれればと思う。



『生と死の自然史―進化を統べる酸素』 [単行本] (写真)
ニック レーン (著)
http://www.amazon.co.jp/%E7%94%9F%E3%81%A8%E6%AD%BB%E3%81%AE%E8%87%AA%E7%84%B6%E5%8F%B2%E2%80%95%E9%80%B2%E5%8C%96%E3%82%92%E7%B5%B1%E3%81%B9%E3%82%8B%E9%85%B8%E7%B4%A0-%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3/dp/4486016572/ref=cm_cr_pr_product_top

15 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

5つ星のうち 4.0

生命は、酸素を制御する過程で進化した, 2006/8/16

By オカヤドカリ sp.1

対象商品: 生と死の自然史―進化を統べる酸素 (単行本)

「酸素」と聞いて、何を思い浮かべるだろうか。
 生命の源、それとも毒? 
本書は、生物進化に多大な影響を及ぼした酸素の二面性について、
独自の視点からストーリーが展開する。 
放射線が問題なのは、水に作用して活性酸素を作るからだったとは...

前半は、生命の発達史と地球規模での環境の物理的変化について、
酸素がいかに大きく関わってきたのかを多角的に紹介している。 生物進化の概説?
後半は、進化の過程で獲得した生と死について、老化と寿命、
老年病と酸化ストレス、これらの元になる酸素フリー・ラジカルと
その発生源となるミトコンドリアについて、議論が展開される。

そしてついに、フリー・ラジカルはミトコンドリアのDNAを傷つけ、
損傷したミトコンドリアから漏れ出すフリー・ラジカルによる
酸化ストレスは細胞に慢性の炎症を引き起こし、
これがその他の多くの要因と組み合わさった時に起こる
退行性の健康状態が「老化と老年病」だとの結論に至る。

つまり、ビタミンCやコエンザイムQなどの抗酸化物質では
ミトコンドリアを修復できず、老化や老年病の根本的な解決にはならない。
抗酸化サプリが気になる方は、読んでみる価値 大 です。

今後は、慢性の炎症をコントロールする免疫制御医療や、
フリー・ラジカルを多く漏らすミトコンドリアを修復できる
ミトコンドリア医療の発達が必要となるだろうと著者は指摘する。
でもやっぱり、適度な運動と腹八分目が長生きの秘訣らしい。



『人生100年時代の「生き方健康学」―若いまま可能な限り死を遅らせる』 [単行本]
佐藤 富雄 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%BA%E7%94%9F100%E5%B9%B4%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E3%80%8C%E7%94%9F%E3%81%8D%E6%96%B9%E5%81%A5%E5%BA%B7%E5%AD%A6%E3%80%8D%E2%80%95%E8%8B%A5%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%BE%E5%8F%AF%E8%83%BD%E3%81%AA%E9%99%90%E3%82%8A%E6%AD%BB%E3%82%92%E9%81%85%E3%82%89%E3%81%9B%E3%82%8B-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E5%AF%8C%E9%9B%84/dp/4382055423/ref=cm_pdp_rev_itm_title_1

1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

5つ星のうち 4.0

どのレベルを目指すかは貴方次第!但し、CやEを過大評価し過ぎるのは如何なものかと愚考します, 2012/3/22

By tsunco "CR・IF" (近畿地方・時々首都圏・たまに国外)
(トップ500レビュアー)

レビュー対象商品: 人生100年時代の「生き方健康学」―若いまま可能な限り死を遅らせる (単行本)

『人は口ぐせから老化する』で有名な佐藤富雄先生の作品です。
先生は作家にして栄養生化学者、そして「生き方健康学」の提唱者でございます。
「日本スローエイジング協会」なんてのも設立しておられます。
「アンチエイジングではなく、スローエイジング」とは、釜池先生も仰っておられる事で、
一体どちらが先で、どちらがパクリなんでしょうか、興味が御座います(笑)。
更にはものすごい多趣味人間で、全身好奇心の塊みたいなお方でございます。

「どのレベルの健康を望むかはあなた次第」で始まります。
適度な運動(ウォーキングかスキー:第3章)やポジティブ・シンキング(第2章)を勧めるところは素晴しい。
メインの食生活は第4章に詳述されています。
現代病は食べすぎが原因と断言(141p)し、佐藤先生ご自身は1日夕の1食のみ。
特に、間欠的断食(IF)のメリットを詳しく述べているところは圧巻です。(144〜145p)
曰く『人間が食べたいもの食べたいときに食べるようになったのは、少なくともここ100年未満です。100年というのは人類500万年の歴史の中ではほんの「瞬き」の瞬間です。「食べられる時」に食べ、余分な物を蓄えるために脂肪細胞を発展させ、次に食にありつける間は蓄えた脂肪を使い、何日も食べない日が続くという人類500万年の歴史を考える時、間欠断食がよき効果をあげる理由の一つであることがわかります。
もう一つは生化学的面からですが、間欠断食のように食事制限すると、免疫力を高め、DNAの修復に関わっているホルモンDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)の血中濃度が高くなることが認めてられています。』
実に素晴しい。

但し、ビタミンCやEの過大評価は如何なものでしょうか。
抗酸化サプリの過剰はかえってミトホルミーシス効果をキャンセルし寿命を短縮します。
古今東西、芳しいデータが出た試しがありません。
折りしもつい最近、慶応大医からビタミンE過剰が破骨細胞を活性化(癒合促進)し、
かえって骨粗鬆症を惹起するとする研究が報告されたばかりです。
また、パスタにダイエット効果ありとするところ(126p)や
ビールは百薬の長とするところ(133p)にも??でございます。

そんな訳で星は4つに致します。
スローエイジングを目指したい方にお勧め致します。
次著『人は口ぐせから老化する』や釜池先生の作品群を併せて読むのも良いでしょう。

 
Page: [1]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須

   クッキー保存