window
 
トップページ > 記事閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加
* 日本抗加齢医学会は商売上手

日時: 2011/04/18(月) 20:16:12 メンテ
名前: tsunco

クリックで原寸大表示します

面白いパンフ見つけました。
昨年9/19、9/20両日に行われた東京での会議です。
『第10回抗加齢医学の実際 2010』と言います。
プロデューサーは坪田一男慶大医教授(写真)です。

抗加齢医学の実際 2010
http://www.mediproduce.jp/seminars/pdf/jissai_2010.pdf

今から思えば参加したら良かったかな。
でも知らなかった。
迂闊でした。
残念〜〜〜ん(笑)。
冒頭の注目はこちら・・・

シンポジウム 1
血糖値・免疫力へのアンチエイジングアプローチ
B 低GI食ダイエット
慶應義塾大学医学部内科学教室腎臓・内分泌・代謝内科教授  伊藤  裕

我らが大天才が早くもご登場です(笑)。
続いて、学会理事長が座長をお勤めになる

特別講演1 
座長:京都府立医科大学大学院消化器内科教授 吉川 敏一
人生の最高峰を目指す健康法 プロスキーヤー  三浦 雄一郎

是も聞き逃せませんな。
一方、2日目はこちらが大注目。

ザ・バトル講演!
座長:慶應義塾大学医学部眼科学教室教授  坪田 一男
バトル ラウンド 3
・脳はグルコースしか使えない!
浜松医科大学名誉教授  高田 明和
・脳はグルコース以外も使える!
日本医科大学大学院医学研究科 加齢科学系専攻細胞生物学分野教授  太田 成男

このバトルトークは日本抗加齢医学会雑誌今月号(2011/4)にも出ています。こんな感じです・・・

誌上ディベート
脳はグルコースしか使えないか?
高田明和 /太田成男
http://m-review.co.jp/magazine/mag46/map_46.htm

太田先生、大活躍でございます。
実は2007年11月号の日本抗加齢医学会雑誌にはこう言うディベートが有りました。

誌上ディベート
「砂糖は体に良いか,悪いか?―アンチエイジング医学の視点から」
高田明和/伊藤 裕
http://m-review.co.jp/magazine/mag46/magback46/mag46v03n04.htm

「砂糖を科学する会」代表・高田明和先生らしい。
昔から変わっておりませんな(笑)。
それにしても『ディベートの鬼』伊藤裕教授とディベートするなんて、考えるだけでも恐ろしいです、私(笑)。
しかし、高田先生は昨年末には意外や意外、こんなご本も出しておられます。

『肉を食べると健康になる』 (中経の文庫) [文庫]
高田 明和 (著)
http://books.rakuten.co.jp/rb/%E8%82%89%E3%82%92%E9%A3%9F%E3%81%B9%E3%82%8B%E3%81%A8%E5%81%A5%E5%BA%B7%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B-%E9%AB%98%E7%94%B0%E6%98%8E%E5%92%8C-9784806139324/item/6916720/

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
粗食では元気で長生きできない。若さを保つ肉食健康法。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 肉食は身体にいい─10の視点から考える本当の健康食/第2章 「粗食で健康」は本当か─マクロビオティック、菜食の盲点/第3章 肉は脳を活性化、心も元気に!─うつ病・認知症予防に肉を食べよう/第4章 元気な百歳になる食べ方─「老い」を寄せつけない肉食健康法/第5章 高田流「長寿の作法」─いかにしてピンピンコロリを実現するか/第6章 あの人の若さの秘訣は肉にあり─森光子さんの長寿の食卓より

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
高田明和(タカダアキカズ)
1935年静岡県生まれ。医学博士。専門は生理学。61年慶應義塾大学医学部卒業、66年同大学医学部大学院修了。同年、米国ニューヨーク州立ロズエル・パーク記念研究所に留学。72年ニューヨーク州立大学助教授。75年浜松医科大学第二生理学教授、2001年名誉教授。「砂糖を科学する会」の代表や(財)日本食肉消費総合センター委員会の幹事を務める。テレビやラジオの健康番組に出演するほか、農林水産省の砂糖拡大事業、食肉消費センターの「食肉と健康」のための講演や執筆を積極的に行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

>「砂糖を科学する会」の代表や(財)日本食肉消費総合センター委員会の幹事を務める。
>農林水産省の砂糖拡大事業、食肉消費センターの「食肉と健康」のための講演や執筆を積極的に行なっている

「砂糖も肉も」
一体どっちなんだ、高田先生(笑)??
そして最後の方にはこう言うのもございます。

シンポジウム 4
脳を科学する
座長:東北大学大学院医学系研究科研究科長・医学部長・教授(医化学分野)  山本 雅之
A 鬱病への食事アプローチ 新宿溝口クリニック院長  溝口  徹

う〜〜ん、是は充実の内容です。
それでお値段は如何に?
有りました。
が〜〜ん。
当日申込(会員)で参加費何と50000円也でございます(笑)。

おまけ。
坪田先生のご講演のさわりを少しだけ貼り付けて置きます。
7分程の動画です。途中で切れてますので悪しからず。

第10回抗加齢医学の実際 サンプル動画ダウンロード
http://www.mediproduce.jp/seminars/index.htm

 
Page: [1]
 
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP
題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
添付FILE 文章合計600Kbyteまで
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

※必須

   クッキー保存