原寸大
PR
題名「カロリー神話」いつまで?翻訳に恣意的なものを感じます
コメント 昨日(12/5)の糖尿病ネットワークの記事からご紹介。
恣意的なものを感じるのは、恐らく私だけではないでしょう。
兎に角、読んで見て下され、皆様。

高カロリーの飲料の飲みすぎはキケン 女性は特に要注意
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2011/016327.php

>高カロリーの清涼飲料を1日2本以上飲む女性は、体重増加がなくても2型糖尿病と心疾患の発症リスクが高まることが、米国の新しい研究で示された。
清涼飲料1本に角砂糖10個分のカロリー
米国では砂糖入りの炭酸飲料や清涼飲料が、肥満の予防や改善に向けた闘いでしばしば標的とされる。清涼飲料を販売する大手メーカーも自主的に、学校の自動販売機でこうした飲料を販売しないなど、対策を行っている。
今回の研究によると、これら飲料のもたらすリスクは男性よりも女性でより深刻で、体重増加とは独立したものだという。
市販されている清涼飲料は、最近は甘味料を使用し低カロリーに抑えたものが増えているが、原材料として果糖ブドウ糖液糖や砂糖を使用した高カロリーの飲料はまだまだ多い。
例えば、代表的な炭酸飲料であるコーラは100mL当り45kcalで、1本(350mL)は約150kcalになる。これを角砂糖に換算すると、約10個に相当する(1粒の角砂糖は3.7gで約15kcal)。缶コーヒー1本(190mL)のカロリーは50〜80kcal(角砂糖にすると3〜5個分)。
この研究は米オーランドで開催された米国心臓学会(AHA)年次集会で発表された。オクラホマ大学の健康科学センターのChristina Shay博士ら研究チームは、さまざまな民族集団に属する45〜84歳の男女約4166人を対象に、質問表により清涼飲料の摂取習慣について調べた。
高カロリー飲料を飲みすぎると、腹部脂肪、高中性脂肪、2型糖尿病の危険性が高まる
研究では、2002年の研究開始時で心疾患と診断されていなかった男女を対象に、体重増加、ウエスト周囲径、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪(トリグリセリド)、空腹時血糖値、2型糖尿病について、5年間にわたって3回の追跡検査を行った。
その結果、中年女性で1日2本以上の砂糖入り飲料を飲む人は、1本未満の人に比べ、中性脂肪値が高値になるリスクや、空腹時血糖値が高くなる糖尿病前症(prediabetes)になるリスクが4倍であった。また、2本以上飲む女性では腹部脂肪の増加がみられたが、必ずしも体重増加はみられなかった。
腹部に内臓脂肪が蓄積すると、脂肪細胞が肥大・増殖し、脂質代謝や糖代謝に影響を与えるアディポサイトカインの分泌異常が起こる。これが動脈硬化を促進し、糖尿病、高血圧、脂質異常症を発症させ、悪化させる原因となる。
男性ではこうした影響はみられなかった。その理由について「女性は男性に比べ体が小さく、筋肉量も少ない。そのため、女性の食事のエネルギー摂取量は男性より少ない。女性において150kcalの清涼飲料が占める割合は、男性よりも大きい。一方で、女性で高カロリーの清涼飲料による心疾患の発症の危険性は、男性より高くなるともいえる」とShay博士は述べている。
「高カロリーの飲料が高中性脂肪といった心臓血管の危険因子にどのように影響を及ぼすか、正確にはまだ分かっていない」としながらも、「高カロリーの清涼飲料が個人の肥満を増やし、心臓病と2型糖尿病の危険性を高めていると考える人は多い。研究では、女性で体重の増加が伴わない場合でも、心臓病と脳卒中の危険性が高まることが示された」とShay博士は付け加えている。
「生活習慣を改善し食事を見直せば、高カロリーの清涼飲料の摂取を控えるのは難しいことではない。女性は家族全体の食事の選択をしていることが多いので、家族全体ではさらに影響が大きいだろう」と研究者らは指摘している。

続いて原文はこちら、

Sugar-sweetened beverages may increase cardiovascular risk in women
http://newsroom.heart.org/pr/aha/sugar-sweetened-beverages-may-217750.aspx
•Women who drank two or more sugar-sweetened beverages daily experienced increasing waist circumferences, developed high triglycerides, and a high risk for type 2 diabetes.
• Women may have a greater chance for developing cardiovascular disease risk factors from sugar-sweetened drinks because they require fewer calories than men.
ORLANDO, FLA., Nov. 13, 2011 — Drinking two or more sugar-sweetened beverages a day may expand a woman’s waistline and increase her risk of heart disease and diabetes, according to research presented at the American Heart Association’s Scientific Sessions 2011.
In this study, researchers compared middle-aged and older women who drank two or more sugar-sweetened beverages a day, such as carbonated sodas or flavored waters with added sugar, to women who drank one or less daily. Women consuming two or more beverages per day were nearly four times as likely to develop high triglycerides, and were significantly more likely to increase their waist sizes and to develop impaired fasting glucose levels. The same associations were not observed in men.
“Women who drank more than two sugar-sweetened drinks a day had increasing waist sizes, but weren’t necessarily gaining weight,” said Christina Shay, Ph.D., lead author of the study and assistant professor at the University of Oklahoma Health Sciences Center in Oklahoma City. “These women also developed high triglycerides and women with normal blood glucose levels more frequently went from having a low risk to a high risk of developing diabetes over time.”
The Multi-Ethnic Study of Atherosclerosis (MESA) included food frequency surveys in 4,166 African-American, Caucasian, Chinese-Americans and Hispanic adults 45 to 84 years old. At the beginning of the study the participants didn’t have cardiovascular disease.
Researchers assessed risk factors in three follow-up exams spanning five years starting in 2002. Participants were monitored for weight gain, increases in waist circumference, low levels of high density lipoproteins (HDL “good” cholesterol), high levels of low density lipoproteins (LDL “bad” cholesterol), high triglycerides, impaired fasting glucose levels, and type 2 diabetes.
“Most people assume that individuals who consume a lot of sugar-sweetened drinks have an increase in obesity, which in turn, increases their risk for heart disease and diabetes,” said Shay, formerly of Northwestern University’s Department of Preventive Medicine in Chicago, where the study was conducted. “Although this does occur, this study showed that risk factors for heart disease and stroke developed even when the women didn’t gain weight.”
Women may have a greater chance for developing cardiovascular disease risk factors from sugar-sweetened drinks because they require fewer calories than men which makes each calorie count more towards cardiovascular risk in women, Shay said.
Researchers have yet to determine exactly how sugar-sweetened beverages influence cardiovascular risk factors such as high triglycerides in individuals who do not gain weight, Shay said, but further work is planned to try and figure that out.

Co-authors include Jennifer A. Nettleton, Ph.D.; Pamela L. Lutsey, Ph.D., M.P.H.; Tamar S. Polonsky, M.D.; Mercedes R. Carnethon, Ph.D.; Cheeling Chan, M.S.; Linda Van Horn, Ph.D., R.D.; and Gregory Burke, M.D.



皆様、如何でしょうか?
違和感有りません??
違和感を通り越して、憤りを感じざるを得ませんな、わたくし。
”Sugar-sweetened beverages ”を「砂糖入り甘味飲料」とか「高糖質の飲料」と訳すのではなく、
わざわざ『高カロリーの飲料』と訳す辺り、真実を伝えたくないと言う意図がミエミエですな。
どうしても、悪いのは「カロリー」にしたいのですな。
何とかして、「糖質」・「砂糖」の罪をぼやかしたい。
こう言うのを、
・まやかし
・はぐらかし
・誤魔化し
・イカサマ
・インチキ
と言います。



またぞろ イカサマ!(2011/7/6)
http://bbs11.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=ppkorori&mode=view&no=157



『よいカロリー』と『悪いカロリー』
日時: 2010年06月21日 16:12
http://www.suko-clinic.jp/blog/000103.html
食べ物には「良いカロリー」を作る物と「悪いカロリー」を作る物があるのだと、アメリカの有名なサイエンスライターであるギャリー・タウブ氏がベストセラー著書で述べています。
”米・麦”などの穀物や”大豆などの豆類”・”ジャガイモなどのイモ類”の主成分である”糖質”=”デンプン”から出来る”カロリー”は、燃料として使われるよりも”中性脂肪”や”コレステロール”になり易いのです。反対に”脂肪”は身体が要求する量以上は食べられず、カロリーとして使われる以上は溜め込まれないのです。
”牛”・”豚”に脂を乗せる為に、”穀物肥育”するのはその為です。
身体が要求するカロリー量は、”冬眠”して身体の働きを抑えない限り減らす事など出来ません。だから机上でカロリー計算をする事ほど馬鹿げた事はないのです。
何時までも「カロリー神話」に捕らわれている事を止め、身体が要求する量を制限なく”肉類”・”魚類”を食べる様にしましょう。



甘い飲み物とアルツハイマー病(痴呆症)
日時: 2010年04月03日 11:05
http://www.suko-clinic.jp/blog/000094.html
“肥満”・“糖尿病”が“アルツハイマー病”発症に関係する事は既に明らかとなっていますが、Ling Liらは食事内容は其の侭にして、高濃度の砂糖を加えた場合、“アルツハイマー病”の状態が悪くなるかどうかを調べたのです。成長すると“アルツハイマー病”様症状を呈する“遺伝的に操作したマウス”を用いて、普通の飼料に10%砂糖水を加えたところ、25週間後“砂糖水”を食えた“マウス”は加えない飼料マウスと比較して、約17%の体重増加、コレステロール増加、“インスリン抵抗性”―前糖尿病―が見られました。学習能力や脳機能テストで、砂糖水を加えたマウスでは“学習能力・記憶保持”が悪化しており、“アルツハイマー病”の脳に特徴的な“アミロイド蛋白”の蓄積が2倍になっていました。
研究者達は、“精神機能障害”の悪化が、“高濃度砂糖”や“高カロリー”の結果か否かは分からないがと述べています。英国清涼飲料水協会のLi Bastoneは、此の結果は以前より云われている“肥満”と“アルツハイマー病”との関連と一致していると述べています。
マウスが“アルツハイマー”様症状になる“砂糖水”の量を人間に換算すると、1日“ソーダー水”5缶になります。最もマウスのカロリー消費量は人間より多いので、もう少し少ない量になるでしょうが。
現在米国及びEU諸国の“アルツハイマー病”患者数は、1,100万人いると言われ、2050年迄にその数は3倍になるであろうと云われています。過去5年間に、“肥満”や“糖尿病”・“高コレステロール血症”など“心臓病”の危険性を増す状態は、“アルツハイマー病”の危険性も増す事になるでしょう。昨年“アルツハイマー病”雑誌に、“肥満”と“アルツハイマー病”との間に強い関連性があると云う研究成果が発表された。“肥満”がひどくなる程また血中の“βアミロイド”濃度が高くなる程、“アルツハイマー”患者の脳に粘性蛋白が蓄積すると云われています。
日本でも若年性アルツハイマー病患者が増加して来ていますが、そうならない為にも甘く品種改良された“野菜や果物”などは食べないようにしましょう。



”カロリー”って一体何なの?
日時: 2008年02月16日 10:46
http://www.suko-clinic.jp/blog/000020.html
『カロリー』って云う言葉は、週刊誌やテレビなどで始終耳にする言葉ですが、この言葉の意味する所については、漠然としか理解出来ていない人が多いのではないでしょうか。
 よく“石油ストーブ”や“エアコン”を購入する際、何キロカロリー/時と表示されていますよね。
これは、灯油や電気を使って作られる「熱」の量を意味しています。さらに云えば、熱を作り出す為の“灯油”や“電気”の量でもあるのです。
 私達の身体で云えば、“石油ストーブ”や“エアコン”の熱は体温に相当します。体温を常に36℃〜37℃に保っておく為には相当の『カロリー』が必要です。この『カロリー』を得る為にも、私達は毎日食事をしなければならないのです。“灯油”や“電気”の様に。ただ、“灯油”や“電気”ならば、自由に調節出来ます。ただ、私達の身体には、調節の目安となる“メーター”が無いので大変難しいでしょう。
 私達の食べ物の中で、“灯油”や“電気”の様な所謂「燃料」となる物は色々有りますが、なかでも一番“燃料”になり易い物は、所謂「糖質」=「でんぷん」=「炭水化物」です。私達の身体には、メーターもなく、また必要な「燃料」の量も時々刻々変化しています。従って、『カロリー』を計算して“燃料”=“食べ物”を取る事は、殆ど無意味な事なのです。そのうえ、「穀物類」などの所謂‘栄養’は、「燃料」以外何の役目も果たすことは出来ないのです。
 それに反して、『たんぱく質』は主として、身体の色々な組織(脳・心臓・肝臓・血液・骨)を構成するのに利用されたり、生理的機能(諸種の酵素、ホルモンなど)を調整したりする働きを持ち、もし「炭水化物」からの「燃料」補給――低炭水化物食――が途絶えれば“燃料”にもなります。その他、『脂質』=『植物油』もいざとなれば「燃料」としても利用されます。『脂質』や『ミネラル』は『蛋白質』と協働して、身体の組織を構成する栄養素として利用され、『ビタミン』・『ミネラル』は『蛋白質』を助けて生理的機能を調節するように働きます。
 『炭水化物』は“燃料”=『カロリー』以外に利用価値がなく、しかも使われずに余れば「体脂肪」として貯められるだけです。私たちが自分自身で、身体を“温めたり”“冷やしたり”する必要性が殆どない現代文明が発達した現代―――“クーラー”・“ヒーター”が発達している―――では、どうしても「燃料」=「炭水化物」は余り気味なります。
 たとえ、机上で『カロリー』計算して、食物を取ったとしても、100%消化吸収出来る事はあり得ないでしょう。消化吸収の悪い人なら、常に『カロリー』不足の状態になり、これを補う為に絶えず何かを“口”に入れていなければなりません(間食と言っていますが)。


埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

掲示板URL http://bbs11.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=ppkorori
スレッドURL http://bbs11.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=ppkorori&mode=view&no=282&list=all

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる