原寸大
PR
題名いよいよ追い風が吹き出した。レスベラトロールがヒトでも有効!
コメント 最近、TVでも取り上げられ、我が国でも人気爆発寸前のサプリ:レスベラトロール。
「CRミミックリー」の代表選手ですが、
人気の割りには動物でのデータばかりで、ヒトでのデータが乏しかったのですが、
ここに来て漸く追い風が吹き始めたようです。
有名医学雑誌に先月(11/2)掲載されたばかりの論文をご紹介致します。


肥満者へのレスベラトロール30日間補充によるカロリー制限様効果
Calorie Restriction-like Effects of 30 Days of Resveratrol Supplementation on Energy Metabolism and Metabolic Profile in Obese Humans.
http://syodokukai.exblog.jp/14931633/
Timmers S, Konings E, Bilet L, Houtkooper RH, van de Weijer T, Goossens GH, Hoeks J, van der Krieken S, Ryu D, Kersten S, Moonen-Kornips E, Hesselink MK, Kunz I, Schrauwen-Hinderling VB, Blaak EE, Auwerx J, Schrauwen P.
Cell Metab. 2011 Nov 2;14(5):612-22.
【まとめ】
レスベラトロールは、肥満モデル動物のエネルギー代謝とミトコンドリア機能において、カロリー制限様効果をもたらす天然の化合物である。今回、11人の肥満者に対し、プラセボと150r/日のレスベラトロールを30日間クロスオーバー投与する検討を行った。レスベラトロールは睡眠時および安静時の代謝率を低下させた。また、レスベラトロールは筋肉において、ミトコンドリアの量を変化させることなく、AMPKを活性化し、SIRT1とPGC-1αの蛋白量を増加させ、クエン酸合成酵素の活性を増加させた。また、筋肉の脂肪酸由来基質に対するミトコンドリア呼吸を改善した。さらにレスベラトロールは筋肉細胞内脂質量を増加させ、肝内脂質量、血糖、中性脂肪、ALTと炎症マーカーを減少させた。レスベラトロールにより、収縮期血圧は低下し、HOMA indexは改善した。食後の状態で、脂肪分解(lipolysis)、血漿中の脂肪酸、グリセロールは減少した。結論として、肥満者に対する30日間のレスベラトロール補充は、カロリー制限様の代謝変化をもたらすことが示された。
【論文内容】
試験デザインと血漿生化学値・臨床検査値の変化
11名の肥満男性(肥満以外は健康)に対し、プラセボとレスベラトロール(150r/日、99%のresVida)を投与する無作為、二重盲検、クロスオーバー試験を4週間行った。レスベラトロール投与後は、ALT、レプチン、炎症性マーカー(TNFα、IL-6)が低下、血糖、血漿インスリン値は低下しHOMA indexが改善した。また、レスベラトロール投与後は、24時間エネルギー消費が増加、睡眠時代謝率が上昇した。また、収縮期血圧、平均動脈圧が低下した。
組織での脂肪分解
次に、レスベラトロールが脂肪組織や骨格筋で食後の脂肪酸化を促進するかについて検討した。レスベラトロール投与後は脂肪組織でのグリセロール量が低下、脂肪酸酸化は低下した。
ミトコンドリア活性の増加
プラセボとレスベラトロール投与で、筋生検を行い、469個の遺伝子発現をマイクロアレイを用いて検討したところ、219が増加、250が低下していた。レスベラトロール投与により、ミトコンドリア酸化的リン酸化関連遺伝子は発現が亢進し、炎症に関する遺伝子が発現低下していた。レスベラトロールはAMPKを活性化することが知られており、レスベラトロール投与によりAMPKαサブユニットのThr172のリン酸化レベルが増加していた。AMPKの下流のSIRT1とミトコンドリアの主要な調節因子であるPGC-1αの発現、ミトコンドリア活性のマーカーであるクエン酸合成酵素の活性はレスベラトロール投与により増加した。
肝臓・骨格筋における脂肪蓄積
レスベラトロール投与後は、肝内脂肪量は低下したが、筋肉細胞内脂肪は2倍増加した。これは筋肉の持久的トレーニングの効果と同様のものと考えられる。
【結論】
レスベラトロールの30日間投与は、カロリー制限様の代謝に対する好ましい効果をもたらした。今後、長期的な用量依存的なレスベラトロール補充の効果を確認すべきである。


Calorie Restriction-like Effects of 30 Days of Resveratrol Supplementation on Energy Metabolism and Metabolic Profile in Obese Humans
Cell Metabolism, Volume 14, Issue 5, 612-622, 2 November 2011
http://www.cell.com/cell-metabolism/abstract/S1550-4131(11)00386-X?script=true
Silvie Timmers1, 2, 8, Ellen Konings2, 8, Lena Bilet2, Riekelt H. Houtkooper5, Tineke van de Weijer2, Gijs H. Goossens2, Joris Hoeks2, Sophie van der Krieken2, Dongryeol Ryu5, Sander Kersten6, Esther Moonen-Kornips2, Matthijs K.C. Hesselink3, Iris Kunz7, Vera B. Schrauwen-Hinderling4, Ellen E. Blaak2, Johan Auwerx5 and Patrick Schrauwen1, 2, ,
1 Top Institute Food and Nutrition (TIFN), 6700 Wageningen, The Netherlands
2 Department of Human Biology, NUTRIM School for Nutrition, Toxicology and Metabolism, Maastricht University Medical Center, 6200 Maastricht, The Netherlands
3 Department of Human Movement Sciences, NUTRIM School for Nutrition, Toxicology and Metabolism, Maastricht University Medical Center, 6200 Maastricht, The Netherlands
4 Department of Radiology, NUTRIM School for Nutrition, Toxicology and Metabolism, Maastricht University Medical Center, 6200 Maastricht, The Netherlands
5 Laboratory for Integrative and Systems Physiology, Ecole Polytechnique Fédérale de Lausanne (EPFL), 1015 Lausanne, Switzerland
6 Nutrition, Metabolism, and Genomics Group, Division of Human Nutrition, Wageningen University, 6700 Wageningen, The Netherlands
7 DSM Nutritional Products Ltd., 4303 Kaiseraugst, Switzerland
Corresponding author
8 These authors contributed equally to this work
Highlights
► Resveratrol reduced sleeping metabolic rate in human, mimicking calorie restriction ► Resveratrol improved mitochondrial metabolism through the AMPK-SIRT1-PGC-1α axis ► Resveratrol decreased hepatic and increased muscle lipid content ► Resveratrol reduced inflammation markers in plasma and muscle
Summary
Resveratrol is a natural compound that affects energy metabolism and mitochondrial function and serves as a calorie restriction mimetic, at least in animal models of obesity. Here, we treated 11 healthy, obese men with placebo and 150 mg/day resveratrol (resVida) in a randomized double-blind crossover study for 30 days. Resveratrol significantly reduced sleeping and resting metabolic rate. In muscle, resveratrol activated AMPK, increased SIRT1 and PGC-1α protein levels, increased citrate synthase activity without change in mitochondrial content, and improved muscle mitochondrial respiration on a fatty acid-derived substrate. Furthermore, resveratrol elevated intramyocellular lipid levels and decreased intrahepatic lipid content, circulating glucose, triglycerides, alanine-aminotransferase, and inflammation markers. Systolic blood pressure dropped and HOMA index improved after resveratrol. In the postprandial state, adipose tissue lipolysis and plasma fatty acid and glycerol decreased. In conclusion, we demonstrate that 30 days of resveratrol supplementation induces metabolic changes in obese humans, mimicking the effects of calorie restriction.


でも、肝腎なのは食事・運動・睡眠である事に変わりはありません。
これらを疎かにすると、サプリの効果がキャンセルされると、L.ガレンテ博士(MIT)やD.シンクレア博士(写真)は警鐘を鳴らしておられるとか。
皆様、お気をつけあそばせ(笑)。


レスベラトロール効果研究会
http://resveratrol.livedoor.biz


〜本日の関連記事〜
Nスペ『あなたの寿命は延ばせる。発見!長寿遺伝子』(2011/6/27)
http://bbs11.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=ppkorori&mode=view&no=153

レスベラトロールからSRT-1720、そしてSRT-2104(2011/9/13)
http://bbs11.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=ppkorori&mode=view&no=202

11/5深夜『サイエンスZERO-長寿遺伝子を呼び覚ませ!』(2011/11/3)
http://bbs11.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=ppkorori&mode=view&no=251

AMPK物語:運動と摂食も決して切り離せない!(2011/4/19)
http://bbs11.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=ppkorori&mode=view&no=70


〜本日の参考図書〜
『赤ワインのすごい薬効―赤ワインの特効成分ポリフェノールが動脈硬化を防ぎ健康長寿を約束!』 (マキノ出版ムック) [単行本]
田中 清高 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E8%B5%A4%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%94%E3%81%84%E8%96%AC%E5%8A%B9%E2%80%95%E8%B5%A4%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E7%89%B9%E5%8A%B9%E6%88%90%E5%88%86%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%8C%E5%8B%95%E8%84%88%E7%A1%AC%E5%8C%96%E3%82%92%E9%98%B2%E3%81%8E%E5%81%A5%E5%BA%B7%E9%95%B7%E5%AF%BF%E3%82%92%E7%B4%84%E6%9D%9F-%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%83%8E%E5%87%BA%E7%89%88%E3%83%A0%E3%83%83%E3%82%AF-%E7%94%B0%E4%B8%AD-%E6%B8%85%E9%AB%98/dp/4837660398/ref=cm_rdp_product

2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

「フレンチパラドックス」の真実! レスベラトロールも大切ですが、糖質制限がもっと重要です!!, 2010/10/22

By tsunco "CR・IF" (近畿地方・時々首都圏・たまに国外)
(トップ500レビュアー)

レビュー対象商品: 赤ワインのすごい薬効―赤ワインの特効成分ポリフェノールが動脈硬化を防ぎ健康長寿を約束! (マキノ出版ムック) (単行本)

癌研究会付属病院麻酔科医長・田中先生の作品でございます。
ご本の巻頭(1p)に「酒は百薬の長」、「フレンチパラドックス」って言葉が登場します。
何れもお酒を礼讃する用語でございます。
前者は解説不要として、後者は「フランス人は動物性脂肪の摂取量が多いのに心臓病は少ない」という疫学的事実を指します。
この本ではこれらのメカニズムを医学的に解説してくれます。

薬効の主役はやっぱり抗酸化ポリフェノール。
アントシアニンやフラボノイド、そしてレスベラトロールを明記しいています(11p)。
特に注目は、レスベラトロールです(18p)。
レスベラトロールは長寿遺伝子「サーチュイン(Sirtuin)」を活性化する事でミトコンドリアに保護的に働きます。
当然、寿命が延長し、健康生活をもたらします。
現在ではレスベラトロールの1000倍のSirtuin活性化作用をもつ物質までもが開発されており、
そのパテントを持つベンチャー企業が1昨年GSK社に莫大な金額(700億円)で買収されて業界では話題となりました。
開発創業者のシンクレア博士はSir2(酵母で発見された最初のSirtuin)の発見者として有名なガレンテ教授(米国MIT)の一番弟子でございます。

「フレンチパラドックス」
私も赤ワインが大好きで、酒呑みには実に都合の良い概念なんですが、ちょっと待って下さい。
確かにポリフェノールの効果もあるでしょうが、もっと大切な事を忘れてはなりません。
私がこの言葉を聴いて何時も思うのは、「そもそも、動物性脂肪が心血管に悪いという発想自体が間違っている」って事でございます。
動物脂肪悪玉説がもはや崩壊している以上、「パラドックス(逆説)」って言い方がそもそも可笑しいのでございます。
極北の先住民・イヌイットは、フランス人どころではない高動物性脂肪食を何千年も続けてきた訳ですが、心血管疾患は極めて少ないという事実がございます。
中にはイヌイットに心血管疾患が少ないのはEPAが原因だ、なんていうヒトもおります。
確かにEPAもあるでしょうが、イヌイットの圧倒的に糖質制限的な食生活がそれに貢献しているのであります。
炭水化物が少ないから太らない、グルコーススパイクも小さい、酸化ストレスも少ない、だから心血管疾患も少ない。
その証拠に、彼らが伝統的な食事を放棄し、ピッザやポテト、ハンバーガーなど炭水化物まみれの食事を食べ始めた途端に心血管疾患が急増し始めたのでございます。
脇役(ポリフェノールやEPA)ばかりに眼が行くのではなく、主役・本質(糖質制限)に迫ることが大切でございます。

本の後半ではワインの基礎知識や選び方、ワインに合う料理まで綺麗な写真付きで解説してくれます。
ワイン好きの方にお勧め出来る良作でございます。



『長寿遺伝子を鍛える―カロリーリストリクションのすすめ』 [単行本]
坪田 一男 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E9%95%B7%E5%AF%BF%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90%E3%82%92%E9%8D%9B%E3%81%88%E3%82%8B%E2%80%95%E3%82%AB%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81-%E5%9D%AA%E7%94%B0-%E4%B8%80%E7%94%B7/dp/4103110619

16 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

5つ星のうち 5.0

本質は「カボリス」(炭水化物制限)である!!, 2010/8/10

By tsunco "CR・IF" (近畿地方・時々首都圏・たまに国外)
(トップ500レビュアー)

レビュー対象商品: 長寿遺伝子を鍛える―カロリーリストリクションのすすめ (単行本)

「カロリス」。本書ではカロリーリストリクションの最新の実践方法が学習出来ます。
CRは今のところ「カロリー・リストリクション」の略って事になっています、一般的には。
しかし、本当は「カーボハイドレイト・リストリクション」のことでございます。炭水化物制限のことなんですよ、大切なのは。

著者は眼科医であります。慶応大医学部の教授でございます。現在、日本抗加齢医学会の副理事長もお勤めでございます。先生は抗加齢医学のエキスパートらしく、とても53歳には見えない「若さ」を保っておられます。最近はトレードマークの眼鏡さえ取っちゃいました。坪田先生は無類のサプリ好きでもあります。一体何種類飲まれているのか判らない位でございます(笑)。そしていつもゴキゲンな坪田先生。とても若々しくてご尊顔を拝しているとこちらまで元気が出てきます。

坪田先生は昨年10月「カロリスジャパン」という組織を立ち上げ、そのチーフメディカルアドバイザーに就任されています。伊藤裕教授もそのアドバイザリーボードのメンバーに名を連ねていますが、「自分が知らない内にそうなっていた」と伊藤教授は後日告白しておられます(笑)。

長寿遺伝子サーチュインや転写因子FOXOの重要性に言及しているところはあっぱれ〜。ミトコンドリアを大切に、も素晴しい。ただ「蛋白質、脂肪、炭水化物やビタミン、ミネラルをバランスよく70%に制限」というところは?。蛋白質、脂肪、ビタミン、ミネラルを削ってはいけません。削るべきは炭水化物だけでございます。
繰り返します。CR「カロリス」とはヒトではその本質は炭水化物制限「カボリス」であります。大切なのは「カロリス」ではなく「カボリス」。
星はおまけして5つ。健康、長寿、若返り、美容に関心の有る方にお勧めです。




埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

掲示板URL http://bbs11.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=ppkorori
スレッドURL http://bbs11.aimix-z.com/mtpt.cgi?room=ppkorori&mode=view&no=291&list=all

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる