日記

 ストロベリームーン
 2019/06/18

こんにちは。

連日、大雨と雷が続きましたが、ようやく晴れてきました。
生徒さんたちは、雨にも負けず元気 一杯でした。

先日の日記の写真のかたつむりは、小牧市から名古屋市ぐらいまで移動できたかもしれません。


9日間、私が日記の更新を懈怠(けたい)している間に。。
懈怠とは、上品に言うと「さぼっている」というところでしょうか。

参考〜 真面目な解説は 「コトバンク」で検索してみて下さい。リンクが貼れないのて、申し訳ありません。


どうか皆さんは、ピアノの練習を懈怠しないように。

私も、日記は懈怠しても、ピアノの練習を懈怠した事はありません。
毎日の習慣になっているので、食事や歯磨きと同じ感覚です。

昨日は、「ストベロベリー ムーン」でした。

アメリカの先住民が、暦替わりにしていた6月の満月で、
苺(いちご)の収穫の時期なので、「ストロベリー」なのだそうです。

ベランダから何枚か写真を撮ってみました。
少し曇っていて、くっきりしていませんが久しぶりに月を眺めて見ました。

作曲家の作品に、月がタイトルになっている曲は沢山ありますが、
私はベートーヴェンの月光ソナタの1楽章がいちばん、しっくりきます。

あえて作った曲というのが感じられず、静けさの中で規則正しく、自然に語りかけているようで、和声の移り変わりも、とても美しいです。

ベートーヴェンは本当に地に足を付け歩いた、力強くも純粋な人だったのだなと、
しみじみ伝わって来る感じです。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

☆「ストロベリー ムーン」をベランダから撮ってみました。

表示されない場合セキュリティソフトの設定を確認して下さい

 お題は「雨」です。
 2019/06/09

こんにちは。
梅雨に入り、朝晩はやはり冷えますね。夜中に寒くて目が覚めました。

いよいよ大阪にて、G20が開催されるようです。
→「G20 サミットとはhttps://g20.org/jp/summit/about/

20ヶ国と、招待国、国連などが参加します。
中高生さんや、センター試験を受ける生徒さんは、ぜひ参考
にしてみて下さいね。

国の名前と国旗が書かれているので、イメージして覚えやすいのではないでしょうか。


教室で行っていた、右脳トレーニングを思い出しました。
速読、カードの記憶や、楽譜を逆さまに読む→弾くところまで進んできました。

勉強とピアノを効率よく楽しく学習するために、全員で集まれなくても、個々のレッスンの3分でも使って、続けて行きたいです。

夏になると、たくさんの舞台があります。真夏の太陽のように熱い心で、一緒に頑張っていきましょう!
何でもそうですが、最後の最後まで諦めないことです。
そういう「癖」をつける事が大切だと思うのです。

成功するまで何度でもやってみる。こだわりを捨てて、謙虚な気持で、淡々と繰り返していく。

そして最後はやはり、音楽に対する愛だと思います。
まだ小さな生徒さんたちの心には、どう映っているのでしょうか?

バッハはニワトリの卵と交換して貰うために曲を書き、また、ショパンは、パリのアパルトマン(アパート)の家賃を払うために、
24のプレリュードを書いたと言われています。

生きるための知恵から生み出された曲には、素晴らしい動機と、エネルギーが入っていることでしょう。

以前、モーツァルトのソナタを弾いていた時、4年生ぐらいの生徒さんがある場所に差しかかった時、
楽譜を指差して、

「先生、ここに天使が住んでいるみたい!」
と言ってくれたのです。

大人だと、「例えようもないほど美しい」などの作ったような言葉で表現するのですが、「ここに天使が住んでいる」
とは、純粋そのものな心から出た言葉なのだなあと、
いたく感動したものです。


ようやく部活動に慣れてきた生徒さんたちも、ピアノ週間、テスト週間と、目にも留まらぬ早業で切り替えて、頑張ってくれています。

楽譜に眠っている事を、演奏することによって、どんどん外に引き出していきましょう。

今年もこの「リズムカード」が登場する季節になりました。
さて何の曲でしょうか?

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

☆ ちょっと ヒントを出して走ってみるね〜♪

表示されない場合セキュリティソフトの設定を確認して下さい 表示されない場合セキュリティソフトの設定を確認して下さい

 発表会で頂いた、お花たち。
 2019/05/29

色鮮やかで、とてもきれいでした。
皆さん、本当にありがとうございました。

表示されない場合セキュリティソフトの設定を確認して下さい 表示されない場合セキュリティソフトの設定を確認して下さい

 ♪ト音記号に変身した輪ゴム?♪
 2019/05/29

今晩は。

先週は、教室のグランドピアノ2台の調律をして頂きました。

調律師の方は4時間ほど、休憩なしで一気に作業をされています。
そのほうが集中できるのだと仰っていました。

私は、キッチンで片付けなどをして待っていました。
古い郵便物で保管の必要のないもの、保管の必要のあるものに分けて、輪ゴムで留めました。

??何だか見たことのある形が!
輪ゴムが偶然、ト音記号の形になっていました!

全くの偶然です。作ろうと思っても作れないのでは?と思いました。

調律中のピアノの音を聴いて、輪ゴムが思わず動き出したのかも知れません。

調律が終わると、すっきりとクリアな音に整えられていました。感激です。

ピアノは、湿気や冷暖房によってすぐに音が鳴らなくなったりするので、部屋は湿度や温度が高くならないように気を使います。

マンションなどで、音が他の部屋に響くのが気になる場合はアップライトピアノの場合、毛布などで蓋をおおって洋服を着せる感じにすると、かなり響きが抑えられます。

また、振動(音)は、壁を伝って響くので、壁から少し離してピアノを置くのも効果的だそうです。

響きの練習ができなくても、譜読みや、指の練習は充分できます。

また、グランドピアノが鎮座していても、誰も弾かなければ、インテリアというかオブジェというのか、何だか寂しいものです。

教室の生徒さんの話を聞いていると、楽器屋さんの店頭や、新幹線の駅などで解放されている場所で、思わずピアノを弾きたくなるそうです。

ステキなことですね!

ペットボトルを握る筋肉トレーニングは、コツコツと続けて下さいね。どこでもできます。
指と指の間を拡げる、ストレッチも同じです。

音楽はスポーツと似ているところがあると思います。
反復練習は、必ず報われます。「継続」できるかどうかの一点にかかっています。

ピアノは、難しい勉強ではないです。音楽はとても自然なものです。

私は疲れた時や、落ち込んだ時にバッハを弾くと、心の穢れ(けがれ)が取り去られたような、スッキリした気分になります。

音楽は、本当に不思議で魅力的です。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

☆ ピアノの調律中に、偶然となりの部屋で見つけたト音記号の形をした輪ゴムです。

表示されない場合セキュリティソフトの設定を確認して下さい

 ~マエストロ F先生の思い出~
 2019/05/19

私が大学に入学する1年ほど前から、声楽のレッスンを中心にお世話になった、マエストロF先生。

天国に還られてから
もう3年になります。確か5月25日だったと思います。

とにかく明るい、お笑いの神様のようで、門下生は3分に一度は大笑いさせられて、酸欠状態になっていました。

でもこれは、F先生の計算済みで「楽しい方が良いに決まってる、何でも話せるから、上手くなるんだ」

「ヒャッヒャッヒャー!」と。

イメージとしては、映画「アマデウス」のモーツァルトの笑い方そのものです。

F先生は、高校を卒業されてから、社会に出て仕事をされて、その後、27歳で東京藝大に入学されたそうです。

授業が終わるとすぐ、新幹線に乗って名古屋に帰って来られて、呼吸をするように自然に単位を取得されたと、同級生の方が仰っていました。

指揮、ピアノ、声楽、なんでも専門のように、ニコニコ楽しく指導をして下さいました。

個人的にとても印象的だったのが、F先生が天国にお還りになり、追悼のメモリアルコンサートを行うことになった時です。

私も、他の門下生の方と一緒に、舞台に参加してほしいと、F先生の奥様に、声を掛けていただきました。

何度か練習に参加して、半年後のコンサートに向けて練習していましたが、私が手術で1週間、入院する事になってしまい、

本番には出られるとは思ったのですが、長時間のリハーサルなどもあるので、
今回は客席から観させてください、と

F先生の奥様にお手紙を添えて、参加費と共にお送りしました。


F先生は「異業種との交流の必要性」を常に強調されていました。

20代にして専務になり、ちょうど私と同年代だった、F先生の次男の方が、
この「音楽の世界の習慣」について

大そう異議をお持ちになり、「 どうして、入院して参加できないという人から、参加費を受け取るんだ!今すぐ、速達で返せ!」(本当に速達で返ってきました)

と、お母様、つまりF先生の奥様に意見をされたそうです。

後日、追悼コンサートには客席から伺うことができました。

考えたら、体調も良くて、充分舞台に立てたけれども、
あの時、苦労人だったF先生の言葉を、そっくりそのまま
次男の方が代弁して下さったのかな、と今でも思います。

私もF先生のような心と、もう、笑いすぎて世の中すべて楽しい、というトークを身につけようと、

日々、他人から、子供たちから、異業種の方からのお話を、どんどん聞いています。
毎日、教えてもらっているんです、、、私のほうが。

今日は、楽譜をたくさん出して、これから夏に向けて生徒さんが弾いたら良いな、と思う曲をいくつか弾いてみて、

名前と共にメモをしました。ひとりひとりに「似合う服」と同じように「似合う曲」があるようです。
また、これが どんどん変化していくのが楽しいです。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 発表会を無事に終える事ができました。
 2019/05/12

こんにちは。

昨日、晴天に恵まれた中、無事に発表会を終えることができました。

本当に、ありがとうございました。

今回は、お手伝いに来てくれる卒業生さんがもう一人増え、
お互いに力を合わせて、舞台を支えてくれました。

皆、この日のために、一生懸命頑張ったこと。
受験生さんや、部活動の忙しい生徒さんも、テストの合間を縫って、一分のスキマ時間で出来る事を知ってくれたようです。

気持ちの切替えの楽しさというか、余裕すら感じられて感動しました。

お客様が喜びを感じて下さるように、心を込めてね。

今年は10年継続表彰の生徒さんが、2名いました。
たくさん、本当にたくさんの曲を弾いて、一緒にここまで来ました。

そして、5年以上継続の生徒さんが2名でした。

来年は、かなりの数の生徒さんが5年継続の対象になる年です。楽しみです。

表彰のメダルボーイを務めてくれた、小さな弟さん、ありがとうございました。

毎年、足を運んで下さるお客様から、「子供たちは、どうしてこんなに上手に弾けるの?」

「 自分はピアノを聴くのが好きで、習ったことはなけれど、去年よりずっと成長しているのがわかる、すごいね。」

と、声をかけて頂きました。聴いてくださる方がいるのは、何よりの勉強になり、楽しかったと言って下さるのは本当に喜びでした。

お客様をお見送りしてから、生徒さんたちは舞台にダッシュで戻り、自分の好きなバルーン選びです(笑)

可愛いリボンのバスケットに、長いひもがついていて、ヘリウムガスで風船が浮き上がるようになっていました。

途中で、偶然バルーンアートの先生がいらして、近くで見たいと、袖からご覧になっていました。

このバルーンアートは、いつも受付をしてくれる卒業生の生徒さんの、
お母様が作って下さったものです。

とてもカラフルで舞台映えがして、「花より風船」に夢中になる、子供らしい姿が見られました。

お手伝いの生徒さんが撮影してくれた写真を、何枚か載せます。

さあ、次の目標に向けて、それぞれ頑張りましょう!

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

表示されない場合セキュリティソフトの設定を確認して下さい 表示されない場合セキュリティソフトの設定を確認して下さい 表示されない場合セキュリティソフトの設定を確認して下さい

 10連休も、あと1日になりました。
 2019/05/05

こんにちは。

元号が変わって、令和になりました。
皆さん、お元気にお過ごしでしたでしょうか?

教室では、4月29日と、即位の礼の5月1日以外、いつも通りレッスンでした。

そう、発表会というイベントを控えているのです。

みんな、自分にできる、精一杯の事をやろうとしてくれています。とても立派です。


もうちょっとの練習で、ぐっと上手くなる、と感じた時はお母様がたにお願いして、送り迎えだけしていただき、
生徒さんと1対1で向かい合い、レッスン時間を増やしました。

長時間になるとお互い、汗をかきます。(笑)
生徒さんも腕まくりをしたり、半袖になって部分練習をしました。

常に私が横にいると気になると思い、部分練習などをしてもらうときは、私はお茶を入れに席を外します。

今の時期は、ペットボトルのお茶を冷やしていますが、もうそろそろ麦茶を作っておく時期ですね。

キッチンにいても、生徒さんが何度も試行錯誤しながら「良い音、なめらかなフレーズ」を追求して、繰り返し練習をしている音が聴こえてきます。

保育科に入学するため、大学生になる少し前ににピアノを初めた生徒さんが、メキメキ上達し、ツェルニー30番の1番を少し弾いてみて、「楽しい!」と、3連符の練習をしてくれています。

大人になってきて「これがやりたい」と自分から思う事は、
とても「強み」です。何歳になっても、遅いということはありません。

いつ、何に興味を持ち、生きがいを見出すか、ひとりひとりの才能は、何かしら生まれた時から持っているのだと思います。

あせらずに、こわさないように。あたたかく見守って。
子供の日に、ふと思ったことでした。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

♪連休明けクイズです♪

M→T→◯→H→◯

◯に入るアルファベットは?




簡単なので答えだけ。SとRです。

♪では、テスト勉強でお疲れの生徒さん達向けのクイズをひとつ♪

「雅楽」 は、何と読むのでしょうか?
1 . 「がらく」
2. 「ががく」
3. 「じゃすらっく」


答え 「2」



☆生徒さんが作ってくれました。ありがとうね!音符の型抜きで作ってくれたそうです。
こういうパンチが売っているのだそうです。私も先程、インターネットで見つけました。

☆今年もよろしく宜しくお願い致します。by swallow

表示されない場合セキュリティソフトの設定を確認して下さい 表示されない場合セキュリティソフトの設定を確認して下さい

 〜思い出のアルバム その2 〜
 2019/04/27

発表会まで、あと14日になりました!

テクニック練習、部分練習、正座練習を繰り返し、
音に磨きをかけましょう。

小さな生徒さんも、「ここは繰り返し練習をする場所だわ!10回!」と自主的に楽譜に書き込んでいます。

絵で描いたり、ふせんを貼ったり。自分で作った楽譜は宝物です。

紙鍵盤やテーブルの上で、楽譜を見ながら「音が出ない状態」にして
自分の心の中では、本当にピアノが鳴っているように弾いてみましょう。

ドレスは、ピアノを練習する時、見える場所に飾ってみましょう。


「弾き始める」時は、姿勢、椅子の位置、全ての状態が整い、
「ピアニストに変身」してから弾いていますか?

毎年、この時期になると音が変化して、直前に急にキラキラする生徒さんが多く、楽しみです。


今日の思い出のアルバムは、チャリティーコンサートでの「サウンド オブ ミュージック」のひとコマです。

ピアノだけでなく、初めてのミュージカルに挑戦し、本当によく頑張りました。

送り迎えや応援をして下さった、お家の方々のおかげです。
本当にありがとうございました。

☆写真左 ここは眠る場面なのてすが、「つい気になって目が、、お友達は、、?」私のひざの上の2人は、眠っているようです。(もちろん、起きていますが演技上手ですね)

☆写真右 発表会のプログラムを作って
もらいました。皆さん、是非、聴きにいらして下さいね。

表示されない場合セキュリティソフトの設定を確認して下さい 表示されない場合セキュリティソフトの設定を確認して下さい 表示されない場合セキュリティソフトの設定を確認して下さい

 〜思い出のアルバム〜 その1
 2019/04/16

発表会まであと1ヶ月を切りました。

まだまだ時間があります。今から、いくらでも出来ることがありますから、自分が納得できるまで、精一杯やり遂げましょう。

「苦しい」と感じるのは、山のてっぺんに近づいた時です。
多いに頑張ってきた証拠です。

だから苦しい時は、もうあと少しで山のてっぺんに届く時です。

呼吸を楽にして、淡々と登っていきましょう。

今日は、思い出のアルバムです。
ちょうど10年前!の生徒さんたちです。まだ幼児さん、小学1年生の頃です。


まだあどけない、何とも愛くるしいお顔です。
頑張ってみんなで全国大会にも行き、とても良い経験になりました。

表示されない場合セキュリティソフトの設定を確認して下さい 表示されない場合セキュリティソフトの設定を確認して下さい 表示されない場合セキュリティソフトの設定を確認して下さい

 なんくるないさー♪
 2019/04/15

今晩は。

昨日は、文化フォーラム春日井に、「〜歌・舞・奏 〜スーパーセッション 2019 春日井 」
の演奏会に母と足を運んで来ました。

昨年の9月に大ホールで行われる予定だったのですが、台風のために延期になってしまい、
再び、この日にご案内を頂きました。

出演される方も、主催される方も、スケジュール合わせに大変なご苦労をされたと思います。

しかし、小ホールならではの一体感があり、着物を着て舞う人々がすぐ間近に見られて、まるでお雛様の舞の様でした。

写真が撮れないのが残念なぐらい、素敵でした。

葵琵琶による「平家物語」の弾き語り、「島唄」では一瞬にして沖縄に飛んできた気持ちになりました。

和楽器は、素朴で柔らかい響きで、なんとなく人間の声に似ているなと思いました。

空気がゆったりしていて、あたたかい。1週間ぐらい沖縄でバカンス〜と思ったころで現実に戻りました。

また続きを後日、ゆっくり書いてみたいと思います。

文化フォーラム春日井には、いつも車で行くか、バス停から歩いていたのですが、この日は春日井まで母とバスで行き、

春日井駅からタクシーで行きました。「春日井市役所すぐ南の、文化フォーラムまでお願いします」

と運転手さんに告げてたのですが、着いたのは別の場所!

「ここが文化フォーラムですよ〜」
「ありがとうございました!」(すでにタクシーは去っています)

あら、何か景色が違うような、、でも4年ぐらい来ていないし、、。

「市役所系列」というカテゴリーには間違いありませんが、
500メートルほど北の場所でした。

「文化」も、「フォーラム」も全く入ってない建物の名前でした。(笑)

母と歩く、歩く。

市役所の建物がはっきり見え始めたので、確信をもって進んでいきましたが、母は「本当にこの道でいいの?近所の方に聞いた方がいいのじゃない?」

と、ひたすら不安そうです。

交差点を渡ろうとした時に、「春日井公証役場」の看板が見えました。

「ほら、市役所が近づいてきた証拠!公証役場があるから」

さらに近づくと、軒並み司法書士事務所が。
もう、市役所が威風堂々と現れるとしか考えられません。

普段、車やバスでは気がつかない発見でした。

文化フォーラム春日井(視聴覚室)は、よくピティナのステップなどで使われているようです。

たいていは車で行く方が多いと思いますが、(バスは、本数がたいへん少ないです)

最寄りのJR春日井駅から、文化フォーラム春日井までタクシーを利用される場合、「春日井市役所までお願いします」

と告げられることを、強くお勧めします。同じ敷地内で、見渡せる範囲にあります。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

☆ 春日井公証役場を見つけました。日曜日なのでシャッターが下りています。
写真右は、プログラムです。

表示されない場合セキュリティソフトの設定を確認して下さい 表示されない場合セキュリティソフトの設定を確認して下さい

 

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ


- レンタル掲示板 [aimix-BBS] -

Topics Board